2018年09月18日Tue

08/30 北関東北信の温泉三昧の旅(2)

2018那須万座1.jpg今回の旅は、前半と後半に2泊3日ずつホテルを利用、あとは綺麗な温泉付きの道の駅を利用しながら、のんびり好きな旅を予定しています。

旅行ルート1578kmをグーグルマップでご覧になるにはこちらをクリック

温泉三昧の旅(1)前橋〜足利〜栃木市〜奥那須〜那須〜那須塩原〜川治〜鬼怒川
温泉三昧の旅(2)日光〜中禅寺湖〜沼田〜川場〜みなかみ町〜湯沢〜南魚沼〜野沢〜信濃町
温泉三昧の旅(3)黒部ダム〜黒部平〜大観峰〜小布施〜万座
温泉三昧の旅(4)志賀高原〜須坂〜信州高山〜小諸〜東御〜軽井沢〜妙義〜富岡〜藤岡〜八王子


8月30日(6日目)日光〜中禅寺湖〜沼田
6時から日光を目指す。
日光杉並木は木漏れ日の中、400年以上の高い杉で太陽は遮られ涼しくてとても気持ちが良い。

2018那須万座139.jpg
日光杉並木街道
2018那須万座140.jpg
いろは坂 那智平
2018那須万座141.jpg
明智平ロープウェイ
2018那須万座142.jpg
展望台からはこんな風景が見えるらしい

英国・イタリア大使館別荘記念公園に行く湖畔の道は、自然環境保全のため車は通れません。歌ヶ浜駐車場から湖畔の風景を楽しみながら、約10分(歌ヶ浜おもいやり駐車場からは5分)歩いて行きます。

中禅寺湖立木観音、中禅寺湖の水は透明感が高い、冬に凍る湖は翌年の夏に使われる天然氷として美味しいカキ氷が出来ます。

2018那須万座143.jpg
歌ヶ浜エリア案内マップ
2018那須万座144.jpg
中禅寺立木観音堂
2018那須万座145.jpg
遊覧船乗り場のある歌ヶ浜駐車場からみる中禅寺湖と男体山
2018那須万座146.jpg
歌ヶ浜駐車場からの遊歩道
2018那須万座147.jpg
歌ヶ浜おもいやり駐車場

英国大使館別荘記念公園、
英国の外交官 アーネスト・サトウの別荘として明治29年に建てられ、その後英国大使館別荘として使われていました。
漆黒の外観の建物はシンプルながら眺めは最高、この景色!!・・・・ゆったりとした時間を過ごしたい時には、良さそう。

2018那須万座148.jpg
英国大使館別荘記念公園
2018那須万座149.jpg
避暑地の歴史や当時の英国文化について展示
2018那須万座150.jpg
1階のテラス
2018那須万座151.jpg
1階テラスからの眺め

ここはJR東日本の吉永小百合さんのコマーシャルで使用された場所らしい。
目の前に広がる中禅寺湖、遊覧船の行きかう景色ものんびりとしています。

2018那須万座152.jpg
2階階段
2018那須万座153.jpg
2階テラス
2018那須万座154.jpg
2階テラスからの眺め

JR東日本コマーシャル:
大人の休日倶楽部「奥日光のリゾート篇」(30秒)

2階にはカフェがあり、中禅寺湖を眺めながら英国式の紅茶とスコーンが楽しめる

2018那須万座155.jpg
Tea Room 南4番Classic
2018那須万座156.jpg
英国式の紅茶とスコーン
2018那須万座157.jpg
落ち着いた英国調の家具
2018那須万座158.jpg
石積み三段テラス

イタリア大使館別荘記念公園
英国大使館別荘が、中禅寺湖が一望できる開放的な雰囲気なら、こちらは森に囲まれた静かな雰囲気です。

今は改装中で足場やテントが掛かり、見学には今一ですが、その案内は入口近くまで行かなくては解らなかった。

2018那須万座159.jpg
伊國大使館別荘記念公園
2018那須万座160.jpg
足場がなければこんな感じ
2018那須万座161.jpg
玄関エントランス
2018那須万座162.jpg
間取り図

木立に囲まれた中に、杉板で貼られた外観の佇まいが本当に素敵です。
中に入ると様々な模様の杉皮が張りめぐらされ素晴らしい

2018那須万座163.jpg
書斎
2018那須万座164.jpg
居間・食堂
2018那須万座165.jpg
広縁
2018那須万座166.jpg
2階ホール

家具などもイギリス大使館の別荘よりは好きです、 すっきりしているし猫足で無いのが特にお気に入りでした。

2階の部屋は寝室で、杉の皮の意匠が見事、木の壁材、天井材、とても落ち着きます

2018那須万座167.jpg
2階寝室
2018那須万座168.jpg
歴代大使の写真が飾られた居室
2018那須万座169.jpg
国際避暑地歴史館
2018那須万座170.jpg
湖畔のテラスで休憩

中禅寺湖畔から半月山に向かう中禅寺湖スカイラインを登って行くと、途中に中禅寺湖と男体山を見下ろせる、中禅寺湖展望台があります。

2018那須万座171.jpg
半月山 中禅寺湖展望台からの眺め

日光二荒山神社中宮祠は、中禅寺湖の北岸、男体山山麓に鎮座する神社、男体山の山頂にある二荒山神社奥宮と、日光市内にある二荒山本社の中間にあるので中宮祠と呼ばれています。

2018那須万座172.jpg
東鳥居
2018那須万座173.jpg
中門(重文)後背に男体山
2018那須万座174.jpg
拝殿(重文)
2018那須万座175.jpg
本殿(重文)

男体山山頂への唯一の登山口で、拝殿横の登拝口から男体山頂奥宮を目指して登拝します。登拝門には、男体山大蛇御神像が祀られています。

2018那須万座176.jpg
登拝口鳥居(重文)と登拝門
2018那須万座178.jpg
御神木 中宮祠いちい(推定樹齢1,100年)
2018那須万座177.jpg
男体山大蛇御神像

中禅寺湖金谷ホテルは、素敵なホテルで山の中に建つ大きな暖炉が特徴でした。シックで素敵なロビーです。

ランチを予定していたが団体客で満席、またの機会です。
金額的には私達でも充分利用できそうです。しかし冬はどうかしら??

2018那須万座179.jpg
中禅寺湖金谷ホテル
2018那須万座180.jpg
ロビー
2018那須万座181.jpg
ラウンジ
2018那須万座182.jpg
ギフトショップ

戦場ヶ原展望台に寄ってみましたが、ススキには早かったようです。

2018那須万座183.jpg
戦場ヶ原展望台
2018那須万座184.jpg
木道の遊歩道
2018那須万座185.jpg
展望台からの眺め

吹割の滝は、群馬県沼田市にある滝で、日本のナイアガラと言われています。高さ7メートル、幅30メートル。奇岩が1.5キロメートルに渡って続きます。

河床を割くように流れ、そこから水しぶきが吹き上げる様子からこの名が付けられたそうです。

2018那須万座186.jpg
吹割の滝案内図 市営駐車場→吹割大橋→@→A鱒飛の滝→BC→D吹割の滝
2018那須万座187.jpg
吹割大橋からみる吹割渓谷
前方に架かる橋は千歳橋
2018那須万座188.jpg
吹割渓谷遊歩道入口
2018那須万座189.jpg
滝に向かう遊歩道

滝に降りてまた登る、それをしなければ全体が見渡せず中途半端で吹割りの滝とは言えない。で、かなりの高さまで登りました。

2018那須万座193.jpg
遊歩道を渓谷に降りる
2018那須万座190.jpg
鱒飛の滝
2018那須万座196.jpg
般若岩周辺の奇岩群
2018那須万座191.jpg
般若岩

フーフーハーハ―、山に落ちていた枝木を杖代わりです、大いに私の足の友となってくれました。

2018那須万座195.jpg
吹割の滝周辺
2018那須万座194.jpg
吹割の滝

吹割の滝ビデオ
(34秒、サイズ10.4MB)
右拡大ボタンで全画面表示
2018那須万座192.jpg
吹割の滝の前で

沼田市の日本ロマンチック街道(国道120号)沿いにある温泉付きの道の駅 白沢で車中泊、

2018那須万座197.jpg
道の駅 白沢(沼田市)
2018那須万座198.jpg
白沢高原温泉 望郷の湯
2018那須万座199.jpg
ジャグジー
2018那須万座200.jpg
車中泊中の様子


8月31日(7日目)沼田〜川場〜みなかみ町〜湯沢〜南魚沼
迦葉山弥勒寺(かしょうざんみろくじ)は、天狗の寺として知られ、鞍馬寺、高尾山薬王院と共に「日本三大天狗」の一つに数えられます。

2018那須万座201.jpg
迦葉山弥勒寺 階段参道
2018那須万座202.jpg
境内図
2018那須万座203.jpg
中峰閣 左)小天狗 右)大天狗
2018那須万座207.jpg
中峰閣拝殿

日本一大きな天狗のお面のある霊峰で、修行僧のお掃除も終わっていない早朝、ゆっくりとお詣りです。 で広い境内、深い森の下からお詣りする昔の山道は獣道のようです。 とても一人では居られません怖^^^^い。

2018那須万座204.jpg
大天狗の眼力、すごい
2018那須万座208.jpg
こちらにも
2018那須万座205.jpg
お返し面
2018那須万座206.jpg
お借り面

参拝の際には、天狗の面をお堂から借りて帰り、願いが成就したら、その面ともう一つ新しい天狗の面を奉納し、また別の面を借りるというならわしがあるそうです。

2018那須万座209.jpg
本堂
2018那須万座210.jpg
坐禅堂にも大天狗
2018那須万座211.jpg
坐禅堂から鐘楼、中峰閣をみる
2018那須万座212.jpg
中雀門、この先に迦葉堂への登山道

川場田園プラザ・・・いろんな名前の道の駅があります、ココは関東一入場者が多いそうです、その訳は分かりました、とにかく品種が多く、新鮮で安い、訪れる人のお財布にも協力的です。

2018那須万座213.jpg
道の駅 川場田園プラザ
2018那須万座214.jpg
プラザ内マップ

これも買いたい、あれも買いたい、購買欲をそそります。 ほがらかさんも新鮮野菜を買ってすぐ食べました。レタスなどそのままです、ただ、量が多く毎回の食事に食べなくては無くなりません。勿体ないねえ。

2018那須万座215.jpg
芝が敷き詰められた広場
2018那須万座216.jpg
ファーマーズマーケット
2018那須万座237.jpg
ビール工房・パン工房
2018那須万座238.jpg
地ビール(ヴァイツェン、カワバエール)

月夜野びーどろパーク
みなかみ町の上越クリスタル硝子が運営するガラスのテーマパーク、
ガラス工場見学(無料)、ガラス体験工房、ガラスショップ、グラスアート美術館、地ビールレストランなどを楽しめます。

2018那須万座217.jpg
月夜野びーどろパーク
2018那須万座218.jpg
案内マップ
2018那須万座219.jpg
工場見学入口
2018那須万座225.jpg
ガラス工場

ガラス職人の技が間近で見学でき、ガラスの美しさと職人の細かい仕事ぶり、窯の熱さも伝わって思わず見入ってしまいます。

2018那須万座222.jpg
ルツボ式連帯窯宙吹き成型
2018那須万座223.jpg
空気を吹き込み成型します
2018那須万座224.jpg
ダルマ炉(細工炉)
2018那須万座220.jpg
ガラスを再加熱し柔らかくし細工しやすくする

高熱で吹き上げるガラス製品、見ているだけで体が熱くなり、制作者は汗だく見ているだけでお気の毒です。

掘り出し物市場で、気になったお皿を2個(1500円/510円)求める。

2018那須万座221.jpg
熱心に見学中
2018那須万座226.jpg
吹きガラス体験
2018那須万座227.jpg
掘り出し物市場
2018那須万座228.jpg
買い求めたお皿

クリスタル製品は作っていない、でもクリスタルギャラリーには、佐々木硝子のクリスタル 「江戸切子」 が燦然と輝き、一口ビールグラス一個 20,000円 如何でしょうか??
それは綺麗なカットで眩しすぎましたねえ、手が出ない。ウインドウショッピングだけです。

2018那須万座229.jpg
ギャラリー/美術館へ
2018那須万座230.jpg
連絡通路のグラスアート
2018那須万座231.jpg
クリスタルギャラリー
2018那須万座232.jpg
グラスアート美術館

秘境温泉と言われるみなかみ町の猿ヶ京温泉は、やっぱり熱い、お水をかぶって入る、
でも地元のお母さん達は平気ですねえ、

お水は入れないでくださいだって。火傷しそうな熱さなのに、お水を入れ無いなんてどんな皮膚をしているの??

2018那須万座233.jpg
猿ヶ京温泉 いこいの湯
2018那須万座234.jpg
券売機と浴室入口
2018那須万座235.jpg
内湯
2018那須万座236.jpg
休憩処

群馬と新潟を結ぶ三国街道(国道17号線)にある、旅籠の雰囲気の杉皮ぶき、足元自然湧出の法師温泉 長寿館、
湯沢町営外湯のなかで唯一、露天風呂がある三俣温泉 街道の湯を訪問、

2018那須万座239.jpg
法師温泉 長寿館
2018那須万座240.jpg
混浴大浴場 法師乃湯
2018那須万座241.jpg
三俣温泉 街道の湯
2018那須万座242.jpg
露天風呂

今日のお泊まりの関越道 塩沢石打IC近くの南魚沼の道の駅、南魚沼市は、八海山(1,778m)越後駒ケ岳(2,003m)中ノ岳(2,085m)の越後三山に囲まれた魚沼盆地に位置します。

そろそろ全国から南魚沼産のコシヒカリを買いに来るそうです、お店の店員さんも作っているが家族用ですって。

朝夕の寒暖がきびしいので甘くておいしいのだそうです。 専業のコメ農家さんがあるのですねえ。

良く見ると稲穂の高さが低い、聞けば災害に強く風にも負けない背の低い品種に改良してあるのだそうです。
知らぬことを知る、知識の増える旅です。

2018那須万座243.jpg
道の駅 南魚沼雪あかり
2018那須万座244.jpg
隣接する今泉記念館
2018那須万座245.jpg
農産物直売所
2018那須万座246.jpg
屋外の休憩所には彫刻が


9月1日(8日目)野沢〜信濃町
野沢温泉 共同温泉巡り
楽しみにしていた源泉かけ流し、一か所大体40分位で4か所の共同温泉に入る。
とてもきれいにお掃除も行き届き感謝、感謝です。登山客など山女が多かったがどの山に登られたのかしら?

横落の湯(よこちのゆ)すぐ近くにある「横落駐車場」に駐車、スキーシーズン以外は無料です。

2018那須万座247.jpg
野沢温泉のシンボル 麻釜(おがま)
2018那須万座248.jpg
野沢温泉外湯マップ
2018那須万座249.jpg
横落駐車場
2018那須万座250.jpg
温泉街の中心 大湯通り

入湯料は決められておらず、外湯の入り口にある賽銭箱にお賽銭を入れます。 どの温泉も100円で入れます。
泉質は、横落の湯が含硫黄-ナトリウム・カルシウム硫酸塩温泉、大湯・湯河原・熊の手荒い湯は単純硫黄泉です。

大湯・・・野沢温泉の中心にありシンボル的存在、熱過ぎてとてもじゃないけど入れない足を入れただけで火傷しそうでした。

2018那須万座251.jpg
大湯
2018那須万座252.jpg
賽銭箱に寸志を入れる
2018那須万座253.jpg
浴室
2018那須万座255.jpg
あつ湯とぬる湯

そこで山水の冷たい水を頭からかぶり、気合を入れて 「えいや!!」湯船に入ると同時に直ぐに飛び上がりましたわ。 無理、無理。

2018那須万座256.jpg
浴室一体の脱衣箱
2018那須万座257.jpg
洗い場
2018那須万座258.jpg
源泉口
2018那須万座254.jpg
天井の湯気抜き

湯河原・・・大湯から坂を下った所にある外湯、母子連れ赤ちゃんが入っていたので、とても温るくのんびり入ることが出来た、温泉の色がエメラルドグリーンです。 つるつるで気持ち良い。

2018那須万座259.jpg
大湯から坂を下る
2018那須万座260.jpg
河原湯
2018那須万座261.jpg
浴室
2018那須万座262.jpg
源泉口

熊の手荒い湯・・・外湯の中では一番温度が低いので入りやすい、すぐ近くに洗濯場が、前には温泉玉子蒸し場があります。

2018那須万座263.jpg
熊の手洗湯温泉街
2018那須万座264.jpg
近くにある洗濯場
2018那須万座265.jpg
洗濯場内部
2018那須万座266.jpg
温泉玉子蒸し場

何とか水をかぶり入る事に・・・・意外と入れば後は首までつかることが出来る。

2018那須万座267.jpg
熊の手洗湯
2018那須万座269.jpg
湯屋入口
2018那須万座270.jpg
浴室一体の脱衣箱
2018那須万座268.jpg
浴室、あつ湯とぬる湯

横落(よこち)の湯・・・バスターミナル前の特徴的な石張りの建物の半地下にある外湯、

2018那須万座271.jpg
横落信号下の地下にある
2018那須万座272.jpg
横落(よこち)の湯

一番温泉街の中の温泉って感じで、ゆったり、のんびり入れました。

2018那須万座273.jpg
半地下の入口
2018那須万座274.jpg
脱衣所
2018那須万座275.jpg
脱衣所から浴室をみる
2018那須万座276.jpg
浴室

温泉満喫の後にはお勉強、野尻湖ナウマンゾウ博物館でレクチャーを受ける。
小さい博物館ですが、町おこしには絶対的に必要なのでしょう。 ナウマン象って??由来は最初に発見したナウマン博士の名前をつけ、ナウマン象となっています、マンモスとは違い小型です。

今年3月にリニューアルオープンしました、野尻湖底にはナウマン象の化石や実際の牙が発見されています。 象好きな方は是非ご来館下さ^^^^い。

2018那須万座277.jpg
野尻湖ナウマンゾウ博物館
2018那須万座278.jpg
ナウマンゾウの実物大像
2018那須万座279.jpg
発掘現場の復元
2018那須万座280.jpg
化石発見第一号

ナウマンゾウのキバとオオツノジカのツノが並んで出土し、キバを三日月、ツノを星に見たてて、「月と星」という愛称で呼んでいます。

2018那須万座281.jpg
博物館のロゴマークにもなった「月と星」
2018那須万座282.jpg
ナウマンゾウの奥歯、でっかい!
2018那須万座283.jpg
ナウマンゾウの頭
2018那須万座284.jpg
ナウマンゾウの肩甲骨

野尻湖のもう1つの特徴は、ナウマンゾウの化石とともに野尻湖人と呼んでいる旧石器人類の石器や骨器などがたくさん見つかることです。

2018那須万座285.jpg
ナウマンゾウの牙
2018那須万座286.jpg
ナウマンゾウの骨格
2018那須万座287.jpg
野尻湖人の生活
2018那須万座288.jpg
野尻湖人の石器や骨器

野尻湖ナウマンゾウ博物館近くの道の駅 しなの で車中泊、

2018那須万座289.jpg
道の駅 しなの(信濃町)
2018那須万座290.jpg
車中泊中の様子

posted by ほがらかさん at 02:16 | Comment(0) | 国内旅行 北関東北信温泉三昧の旅

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。