2018年10月23日Tue

10/23 股関節痛を引き起こす主な病気と治療

稲葉先生寄稿記事.jpg10月16日発売の、ベースボール・マガジン社から出版されている 「健康一番」VOL.17 に、市大の整形外科として稲葉教授の記事が掲載されています。

64〜69頁まで 6頁に及び記載されており、内容は下記の通りです。
これから人工股関節に置き換えられる方は一読されることをお奨め致します。

手術に対する不安も、またどのような手術なのか文字もかなり大きく、読みやすくて理解しやすいように書いてあります。
私は、13年経過してどんな手術だったか忘れるところでした、だってもう稲葉教授におんぶにだっこ、何とか早く痛みを治して^^^^ってすがっていましたから。

掲載されている人工股関節置き換え写真を見て、股関節にはこのような器具が取り付けられて現在健康に歩くことが出来るのだわ、と感無量です。
今さらながらですが、手術の有難さを再認識しております。

寄稿文はここからです。

【横浜市立大学附属病院整形外科教授・稲葉裕】

進行すると日常生活に支障が生じる股関節痛を引き起こす主な病気と治療
  • ボール&ソケットの球関節で可動域が大きく荷重もかかる
  • 変形性股関節症は、関節が破壊され、脚の付け根が傷み、歩くと強く痛い
  • 大腿骨頭壊死症は、壊死した部分が潰れて痛む
  • 関節リウマチは膠原病の1つであり、体の多くの関節に炎症が起きる病。
手術を成功に導く股関節手術のコンピュータナビゲーションシステム
  • 20世紀を代表する手術として認められた人工股関節置換術
  • コンピュータナビゲーションシステムを用いた人工股関節全置換術の実際
  • コンピュータナビゲーションシステムを用いた寛骨臼回転骨切り術の実際
  • 大腿骨寛骨臼インピンジメントの内視鏡手術とナビゲーション

今、手術を迷っていらっしゃる患者さんには良きお手本となるでしょう。
私もこのような記事があれば絶対に読んだと思うのですが・・・・・・13年前にはありませんでした。

如何でしょうか?
posted by ほがらかさん at 06:33 | Comment(4) | .術後観察 術後12年(2018年)

この記事へのコメント
ほがらかさんへ

本の情報、ありがとうございます。買いたいです。
お仲間の体験談を読ませてもらってます。でも、家事は、なかなか大変です。7年半パートに行ってたので、自分の家が汚いです。食事支度や汚しの磨きのせいで、ふくらはぎが痛くてシップ貼ってます。後、椅子に座ってばっかりが、良くないかもしれませんね。まっすぐ横になったほうが、いいかもね。
Posted by 夏みかん at 2018年10月23日 22:15
夏みかん様

是非お買いになって研究されるのはいかがでしょうか?

椅子で運動ができる体操をNHKがやっていました。
ふくらはぎの痛みはきっと自分でマッサージです、試してみましょう。



Posted by ほがらか at 2018年10月27日 17:28
ほがらかさん

本の紹介ありがとうございました。
さっそく本を買いました。
私にとって良いタイミングになりました。
Posted by アップル at 2018年10月27日 22:11
アップルさん

ページをめくるとちょっと骨骨ロック、あまり気持ちの良い写真ではありませんがとても重要、人体の中はこのようになっているのねって再確認いたしました。

このように手術して頂いたおかげで私たちは元気に歩くことが出来るのですね。
感謝感謝のみです。

お時間があれば温泉会でお目に掛かりましょう。
Posted by ほがらか at 2018年10月28日 07:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。