2019年02月20日Wed

02/19 スーパームーンと近頃のニュース

今年はもう期待できないらしい 「スーパームーン」 昨夜は雨で鑑賞できず、しかし早朝4時過ぎの西の空にぽっかりと浮かぶ月は周りを明るく照らし、ほれぼれと見とれました。

2019スーパームーン1.jpg 2019スーパームーン2.jpg

カメラを出すうちに雲がかかり、薄い雲のベールに包まれた月をパチリ。 雲がファンタステックで^^^^^す。 写真のセンスはゼロに等しいほがらかさんです。

さて、近頃のニュースは嫌な事が多く子供に関しては信じがたい虐待。
昔であれば、公平な大岡裁きでも、大岡様は必ずや 「市中引きずり回し、獄門打ち首の刑」 を言い渡したでしょう。
事件を見たり、聞いたりしていると疑問を覚えるよりも恐怖を感じます。
信じがたい事が起きているのですねえ、本当に惨い事で人間がそこまでするのかしら?? あ^^^^嘆かわしい。

2019日経春秋.jpgでも、今日の日本経済新聞の一面の記事 「春秋」 に、お酒飲みさんには吉報が乗っていました。
戦前の首相で最後の海軍大臣だった米内光正氏が、食欲不振に悩んでいた時に主治医の武見太郎さん(私達もテレビではおなじみなお方です)は、お酒を飲みなさいと奨め左党の患者さんを喜ばせていたそうです。 百薬の長とは良く言ったものですね。

また、働き方進化論、「公私融合」 に道あり。
会社に子連れ出勤し、机の側で遊ばせながら仕事をする、子供が泣いたりすれば近くにいる社員が誰でもあやしている、親は安心して働けるよねえ、
こんな会社がだんだんと増えてくると待機児童の数も減り、仕事もはかどり、利益向上に繋がりますよねえ。
何よりも子供が持つ不思議な連帯感 「癒される豊かな心」 が生まれてくるでしょう。

そしてコミュニケーションも密に取れ、ぎくしゃくした空気もきっと和らげられる事に。  一石二鳥じゃな^^^い??

少子高齢化社会の今こそ、子育てや介護を自宅でのホームワーク、オフィス、どちらでも自由に選択出来るよう、そのためには自己管理がしっかりできる事が要求されます。
柔軟な考えを持ち、雇用者、雇用主も直ぐ始めないと本当に 1000年後は日本人ゼロの時代が来るかもしれません。
ある生命保険会社が、どんな試算方法を用いて計算をされたのか知りませんが本当???  教えて下さ^^^^い。
posted by ほがらかさん at 15:24 | Comment(0) | .術後観察 術後13年(2019年)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。