2019年11月30日Sat

11/17 地中海3カ国周遊クルーズ(バルセロナ編)

2019地中海クルーズ飛行航路.jpg 2019地中海クルーズ航路.jpg
地中海
クルーズ
(クルーズ編)
乗船手続き〜救助訓練〜ディナー・朝食・昼食・夜食〜ショー観劇〜船内探索〜プール・ジャグジー〜カジノ〜ウインドーショッピング〜下船手続き
地中海
クルーズ
(マルセイユ編)
プチトラン(観光用ミニバストレイン)〜ノートルダム・ド・ラ・ギャルド・バジリカ聖堂〜旧港散策〜マルセイユ石鹸 72%直営店〜シーフードレストラン Toinou(トワヌー)
観光ルートをGoogle Mapsでみる
地中海
クルーズ
(ジェノバ編)
車窓観光〜ガリバルディ通り(世界遺産)〜ポデスタ宮殿〜トゥルシ宮殿(現市庁舎)〜赤の宮殿〜白の宮殿〜フェラーリ広場〜ドゥカーレ宮殿〜サン・ロレンツォ教会〜ジェノベーゼ土産物店
観光ルートをGoogle Mapsでみる
地中海
クルーズ
(バルセロナ編)
モンジュイックの丘〜グラシア通り〜カサ・ミラ(世界遺産)〜カサ・バトリョ(世界遺産)〜カサ・アマトリェール〜サグラダ・ファミリア教会(世界遺産)
グエル公園(世界遺産)〜サン・パウ病院(世界遺産)〜ボンプレウ(スーパー)
観光ルートをGoogle Mapsでみる


【5日目 11/17日(日)】バルセロナ入港・下船〜バルセロナ半日観光

綺麗な朝焼けを見ながらブレックファースト、まだまだ洋上です。
ゆっくり楽しんだ後は午前10までにチェックアウト、船はまだバルセロナに向けて進んでいますが港に着くのは13時ごろ。

2019地中海クルーズ65.jpg
バルセロナの朝焼け
2019地中海クルーズ23.jpg
バイキング形式の朝食
2019地中海クルーズ25.jpg
好きな物を好きなだけ
2019地中海クルーズ26.jpg
オムレツはオーダーです

プールでゆっくりと思いましたが、海水から上がった後が寒くなるでしょう??

のんびりとお茶を頂きながらちょっと書類の整理、マルセーユとジェノバでも探したが見つからなかった製品をバルセロナのどこで買えるかチェックしたり、逢っても好みが違うとがっかりです、
その時間があるかどうか調べたり、時間は驚くほど早く進み残り時間が愛おしい。

2019地中海クルーズ39.jpg
ビュッフェ インカ&マヤ
2019地中海クルーズ40.jpg
ブログ原稿をメモ中

ランチは最後の晩餐??早めにテーブルに着いたので混みませんでした、12時ごろには大変、3,500人からの乗船客の食事、ビュッフェスタイルは世界中から集まるお客様のために
ありとあらゆる食が並んでいる。ピザなどは10種類は下らないが、アットの間に無くなります。時間をずらせば気にならないけど集中するのねえ。

2019地中海クルーズ41.jpg
ピザで昼食
2019地中海クルーズ42.jpg
クッキーとフルーツ

お皿を持って待っている人も沢山です、フルーツの西瓜など、あの大きな西瓜がチャンバーの上にゴロッと置かれていて、大きなナタ包丁でバンバン切っていきます。それがまたすぐ無くなる。
流れ作業をみているようで食の凄さは驚きです。

もう食べ残すことは無いかな??等、飽くなき食に対する思いは如何にもオバタりあん??
テイクアウト用のバーグやリンゴ、オレンジを詰めてお持ち帰り。

下船前にレセプションに行き、クルーズカードで使ったお金を精算します。
定刻通りにバルセロナ港へ接岸、下船後は戻ることが無いのでどこもスル―簡単に下船。バスは待ってくれているのでそのまま観光に,
これは脱兎のごとく皆早い

2019地中海クルーズ67.jpg
下船手続きと精算
2019地中海クルーズ68.jpg
セキュリティを通り下船
2019地中海クルーズ69.jpg
バルセロナ港ターミナル
2019地中海クルーズ70.jpg
バスで半日市内観光へ

港を出ると、バルセロナのシンボル、高さ60mのコロンブスの塔が天高くそびえ立っています。塔の上には、新大陸アメリカを指しているコロンブスの像があります。

途中、1992年に行われたバルセロナオリンピックのメインスタジアムと、そのシンボルタワー「モンジュイックタワー」を見ながらモンジュイックの丘へ向かいます。

2019地中海クルーズ191.jpg
バルセロナ観光地図
2019地中海クルーズ192.jpg
コロンブスの塔
2019地中海クルーズ193.jpg
オリンピックスタジアム
2019地中海クルーズ194.jpg
モンジュイックタワー

一人二席位利用できる大きな観光バスで、先ずは一番見晴らしの良いモンジュイックの丘で、見渡す限り目の前は180度、もっと視野の広がる??人はパノラマです。

丘までの登り、下り、きょろきょろしながら建物の美しさに驚きです、モニュメントやスペイン広場も観ましたわ。
スペインに限らず、ヨーロッパのゴシック建築等、とにかく建築物が目を奪います。地震が無いことは今でも鑑賞できることが素晴らしい。
ローマ時代からの古い歴史と独自の文化を持つ魅力溢れる町、バルセロナです。

2019地中海クルーズ197.jpg
バルセロナ市街を一望
2019地中海クルーズ196.jpg
モンジュイックの丘
2019地中海クルーズ195.jpg
カタルーニャ美術館

観光客も多いく、スリも多いらしい。 スペインに移民して入国して言葉の壁、日常の生活相違も職が無いのでスリは、「職業」 沢山ある人からもらって何が悪い!!と言うのが彼らの理屈だそうです。
ま^^^おおらかな懐の太^^い人から泥棒は??生きることは食べなくてはいけない、だからって良いわけでは無いですよね。
スリ団が居るから気を付けてください、ガイドさんも必至です。 

2019地中海クルーズ204.jpg
南西方向
2019地中海クルーズ205.jpg
北東方向
2019地中海クルーズ198.jpg
噴水、ベネチアの塔とその先スペイン広場
2019地中海クルーズ199.jpg
遠くサグラダ・ファミリア教会が見える(北東方向)

2年前に目の前で、同じグループのご夫婦がお財布、パスポートをわずかな間に盗まれ大変な思いをされました。
直ぐ近くのゴミ箱でお財布らしいものを全員で探しましたが見つからない。

直ぐ日本に連絡、ご子息から必要書類を取り寄せて、日本大使館で再発行されるまで、途中から別行動、自力でマドリッドへ。
空港のエミレーツのカウンターで合流予定なので、空港で合流出来た時は涙でした。
現地スペイン人のガイドさんが素早く行動し、付添ってました。 
そうですよねえ、全ての勝手がわかりませんもの、観光もできなくてホテルに足止め、パスポートが出来上がるまで本当に不安だったと思います。
クレジットカードは別の場所にしまっていたので、キャッシングは出来て現金には不自由が無かったようです。グループ全員で拍手。
その時のガイドさんの気転が素晴らしく、今でもお付き合い願っている。

バルセロナの中心地へと入る西の玄関口「スペイン広場」に面して立つ2つの大きな柱は「ベネチアの塔」で、バルセロナ万博の際の入場門になった柱です。その先に宮殿風に見えるのが「カタルーニャ美術館」、
反対側に、元闘牛場だった円形の建物「ラス・アレナス」ショッピングモールが見えます。

2019地中海クルーズ200.jpg
2019地中海クルーズ201.jpg
ラス・アレナス(元闘牛場)
2019地中海クルーズ202.jpg
スペイン広場から見るカタルーニャ美術館
2019地中海クルーズ203.jpg
グラシア通りに入ります

世界遺産にブランドショップ、ショッピングと観光が一度にできるバルセロナの目抜き通り「グラシア通り」。

「カサ・ミラ」は、ユネスコの世界遺産に登録されているアントニ・ガウディの建築物のひとつ。波打つような外壁と兵士の兜のような煙突や換気口がインパクトのある集合住宅です。

バルコニーなどは波のような感じで同じサイズの窓は無いそうです、本当に可愛いマンションです。
110年前に実業家、ペレ・ミラ氏が奥様のルゼー・セギモンサントの邸宅として、ガウディが5年かけて造り、出来上がった姿は 「石切り場」の様だった。

見た目の評判の悪さから、なかなか借り手が見つからなかった。そのため、「3世代に渡って値上げなし」という契約条件があるため、ほとんど値上げされていないため、現在でも家賃は約15万円となっている。

2019地中海クルーズ206.jpg
グラシア通り
2019地中海クルーズ207.jpg
カサ・ミラ(世界遺産)
2019地中海クルーズ208.jpg
鉄くずを再利用した手すり
2019地中海クルーズ209.jpg
エントランスの装飾

広さは約302mで全8室あり、現在でも1世帯が居住しているとガイドさんの楽しい説明。
これだけの広さのあるマンションって東京にあるかしら??
ならば私達だって借りられるわね?しばし滞在してみたいとおもいますが・・・・悲しいかな、エレベーターはありません。毎日考えるとトテモ住めません。

このグラシア通りは東京の銀座みたいな通りで、歩きながらあちこちと見学できるのですが信号、足元を気を付けながら立ち止まって鑑賞、いつも最後です。

2019地中海クルーズ210.jpg
スイーツアベニューホテル
2019地中海クルーズ211.jpg
カルティエ
2019地中海クルーズ212.jpg
ルイ・ヴィトン
2019地中海クルーズ213.jpg
クリスチャン・ディオール

カサ・ミラの対面にある外観が特徴的なビル「スイーツアベニューホテル」、日本人の伊東豊雄氏の作品だそう。ホテル1階は、イタリアを代表するファッションブランド「フェンディ」が入ってます。

観光途中に軽く食べるのに非常に使い勝手が良いバルやレストランも沢山あります。
通りの歩道を埋める六角形の敷石はガウディのデザインだそうです。

2019地中海クルーズ216.jpg
ピンチョス・バルTxapela
2019地中海クルーズ217.jpg
軽く食べるのにぴったり
2019地中海クルーズ215.jpg
ガウディデザインの敷石
2019地中海クルーズ214.jpg
ワインバー&地中海料理

グッチ、シャネル、ルイ・ヴィトンなどの高級ブティックが連なる中、さらに下って通りを渡ると、さらなる世界遺産が。
アントニ・ガウディの「カサ・バトリョ」です。大窓と手すりの形から骨の家とも呼ばれています。破砕タイルやガラスが張り付けられたかわいらしい外観です。

一瞬見た感じは 「え、骨ロック??バルコニーは骸骨の目?」 って思うほどなんかおかしいです。

2019地中海クルーズ218.jpg
カサ・バトリョ(世界遺産)
2019地中海クルーズ219.jpg
カラフルな屋根
2019地中海クルーズ220.jpg
大窓と手すりの形から骨の家とも呼ばれる
2019地中海クルーズ221.jpg
外観を飾る破砕タイルやガラス

この邸宅の造形には様々な説があるようで第一に、屋根の一部が丸く盛り上がり、まるでドラゴンの背中のように見えることから、骨の家と言うあだ名もあるってガイドさんの楽しそうな案内。

そのカサ・バトリョの隣にある三角屋根の、モデルニスモ建築「カサ・アマトリェール」、
さらにその先の、王冠を乗せたような屋上が印象的なエレガントな建築「カサ・リェオモレラ」、ここの1階にはスペインブランドのロエベが入っています。

2019地中海クルーズ222.jpg
三角屋根がユニークなカサ・アマトリェール
2019地中海クルーズ223.jpg
王冠の屋上が印象的なカサ・リェオモレラ

グラシア通りの世界遺産観光を終え、バスでサグラダ・ファミリア教会へ向かいます。

サグラダ・ファミリア教会には、“ファサード”と呼ばれる建物の正面が、生誕のファザード、受難のファザード、栄光のファザードの3つあります。
各ファサードには各々4つの塔があり、合計で12本の塔(12使徒を象徴)が立つ予定です。

現在、生誕・受難の2つのファサードについては完成しつつありますが、栄光のファサードは殆ど手が付けられておらず、塔も全く建設されていませんでした。

2019地中海クルーズ224.jpg
バスを降りて教会へ
2019地中海クルーズ225.jpg
教会案内図
2019地中海クルーズ226.jpg
北東側にある「ガウディ公園」から眺む
2019地中海クルーズ227.jpg
生誕のファザードのベスト撮影スポットで
  • 生誕のファザード(日が昇る東側)
    ガウディが手掛けたファサードで、キリストの生誕や聖家族の様子などが門全体に繊細な彫刻で表現されています。
    ガウディの生前、唯一仕上がっていた部分で、地下聖堂と共に世界遺産に登録されてます。

    日本の彫刻家、外尾悦郎氏が作った「3つの門の扉」と「奏楽の天使たちの彫刻」があります。

  • 受難のファザード(日が沈む西側)
    生誕の門とは対照的にシンプルな門で、直線的なシンボルチックな彫刻が飾られ、最期の晩餐以降のキリストの受難が表現されています。

    下から上に向かってゴルゴダの丘までの道を表すS字型の順番に、物語は進んで行きます。

  • 栄光のファザード(太陽が輝く南側)
    未完成
ファサードの前に立つと、細かく空間を埋め尽くしている彫刻に圧倒されます。

【生誕のファザード】
2019地中海クルーズ234.jpg
@エジプトへの逃避行
A幼児虐殺
B聖母マリアの載冠
Cラッパを吹く天使
D受胎告知
E奏楽の天使たち
Fキリスト生誕
G羊飼いの礼拝
H聖母マリアの訪問
I働くキリスト


《写真&データ出典:
バルセロナウォーカー

【受難のファザード】
2019地中海クルーズ235.jpg
@最後の晩餐
A16数字の板
K鞭打ちのキリスト
Bペテロの否定
Cこの人を見よ
Dイエスの裁判
G3人のマリアとキレネ人シモン
Fネガのレリーフ
E脇腹に槍を突きさしたロンギネス
Hサイコロ遊びにふける兵士達
Iキリストの磔
Jキリストの埋葬
生誕のファザードは、
  • 父ヨセフを象徴する、力強さを象徴する葦とアヤメの希望の門(左)
  • イエスを象徴する、かぼちゃの葉で愛情を表す慈悲の門(中央)
  • 母マリアを象徴する、野バラの花が与える安らぎの信仰の門(右)
の3つの入口を持ちます。

2019地中海クルーズ228.jpg
生誕のファザード(日が昇る東側)
2019地中海クルーズ231.jpg
生命の木糸杉とそれに群がる白いハト

ファサード中央、慈悲の門の上部にある塔と塔を結ぶ渡り廊下の前にそびえる「生命の木」には、糸杉とそれに群がる白いハトが。

糸杉は永遠の命の象徴であり、ハトは神のもとに集まる信者たちを、その下の白いペリカンは、神の愛の強さ、母の愛を象徴している。

2019地中海クルーズ229.jpg
聖堂の真上に建設中の170mの「イエスの塔」
2019地中海クルーズ230.jpg
公園から望む東面脇のファサード
2019地中海クルーズ313.jpg
色鮮やかなタイルを精密に貼り付けたピナクル
2019地中海クルーズ314.jpg
フルーツのオブジェが飾られた東面脇のファサード

キリストが聖母マリアに冠を授ける「聖母マリアの載冠」、大天使ガブリエルが、神の子の母マリアに選ばれた事を告げる「受胎告知」など数々のオブジェや彫刻が刻まれています。

2019地中海クルーズ236.jpg
聖母マリアの載冠
2019地中海クルーズ237.jpg
受胎告知(右)とラッパを吹く天使(左)
2019地中海クルーズ232.jpg
外尾悦郎氏制作の15体の奏楽の天使たち
2019地中海クルーズ233.jpg
キリスト生誕(中央)と慈悲の門のかぼちゃの葉の彫刻

受難のファサードは、

キリストの苦悩や悲しみを表現しており、直線的なデザインをしているのが特徴。現在も工事中で完成は2026年を予定しているそうです。

ガウディが亡くなってからカタルーニャ出身の彫刻家スビラックスによって施された装飾が見どころです。

2019地中海クルーズ242.jpg
受難のファザード(日が沈む西側)
2019地中海クルーズ243.jpg
西南方向から見た受難のファザード
2019地中海クルーズ244.jpg
塔の上のピナクル(小尖塔)
2019地中海クルーズ245.jpg
塔にも彫刻がありました

ネガのレリーフは、十字架を背負わされて自ら歩くキリストに、汗を拭うよう布を差し出したヴェロニカ。
その布にはなんとキリストの顔の跡が残ったという場面。

ここでスビラックスは、ガウディへのオマージュとして、ローマ兵の仮面にはカサ・ミラの煙突を模した仮面をかぶせ、
兵の左に立つ福音者はガウ ディその人を表しています。

2019地中海クルーズ238.jpg
ペテロの否定
2019地中海クルーズ239.jpg
ネガのレリーフ
2019地中海クルーズ240.jpg
3人のマリアとシモン
2019地中海クルーズ241.jpg
キリストの磔

「生誕のファザード」「受難のファザード」の二つは、実はサグラダ・ファミリア教会の右端と左端に過ぎません。

最終的には正面に、より大きな「栄光のファザード」が建ち、さらには、聖堂の真上に170mの「イエスの塔」を建設中です、がこれは現在、まだ土台だけ。

2019地中海クルーズ247.jpg
出口&当日券売り場
2019地中海クルーズ246.jpg
最終的な正面となる南面の「栄光のファザード」(太陽が輝く南側)
2019地中海クルーズ315.jpg
鉄筋は錆び野ざらし状態

今建築しつつある場所は白くて綺麗です、でもこれからって塔はある程度出来上がっているが野ざらし、すでに鉄筋などはさびて周りは黒い。
でもねえ、圧倒されます、塔の高さ、周り、近辺の公園、本当に広いです。

教会内に入って見る事は無理でした、それにガイドさんの話ではこの時間ではチケットが買えないとの事です。 
この教会が全て出来上がるのは2026年と聞きました、その時また訪れようと思っています。

休憩があり、ガイドさん推薦のお店でとっても美味しいチョコレート見つけ購入。
このチョコレート、実に美味でした。もっと買ってくれば良かった、残念。

2019地中海クルーズ247.jpg
土産品店
2019地中海クルーズ248.jpg
店内の様子
2019地中海クルーズ249.jpg
美味しいチョコレートbubo
2019地中海クルーズ250.jpg
完成予想模型

私が買った時はかなり棚に並べてありましたが、もう一度買おうと見たら棚には何も無い??どんなお土産のチョコレートも無し。 全部売れきれ。
あ^^^驚きました。名前は 「bubo」 190g入り約13€、スペインのチョコレートとしてはちっと高いかしら。
本当に美味しい、おおきなまん丸いマカデミアナッツ一個を、ホワイトチョコ、バニラビーンズ、一粒の塩、最後にブラックチョコレートで包んであります。
何とも最後の口どけにまろやかな塩味、初めての経験です。 これはワインでも一緒に食べれそう。

ホテルにチェックインは夜です、歩く、歩く、本当に歩くツアーです、世界遺産の街のために一方通行が多く、大きな観光バスも入れる道が少なく、そのためには歩くしか方法が無い。

泊まったホテルはとても古い建物ですが、世界遺産サン・パウ病院のお隣で環境はすこぶる良い。
サグラダ・ファミリア教会も徒歩約15分と、観光には抜群のアクセスです。

2019地中海クルーズ251.jpg
アムレイ・サンパウホテル
2019地中海クルーズ252.jpg
フロントとロビー
2019地中海クルーズ253.jpg
清潔で広々とした部屋
2019地中海クルーズ254.jpg
ビールで乾杯

部屋の中は清潔で爽やかです、贅沢を言えばきりがない、
24時間フロントでチェック、大玄関は鍵が掛かりお願いして開けてもらいます。出かける時は必ず鍵を預けます。

スーパーは閉まっているので近くのコンビニへ、アルコールは20時までしか売っていません。
慌てて、ビール、お茶を仕入れ、のんびりホテルでくつろぐ。

他のお仲間さんは夜のオプションツワーに。
明日は、グエル公園を散策しようと思っています。

【6日目 11/18日(月)】バルセロナ半日観光(自由)〜バルセロナ空港

朝食はビュッフェ式で、スペイン名物の生ハムやチーズ、さまざまな種類のパンや生絞りジュースが楽しめます。

朝食を済ませ、夜にフロントで情報を入れたので意外と簡単に移動できた。
急いでタクシーを呼んでもらい、楽しいグルエ公園に。

2019地中海クルーズ258.jpg
朝食は1階のレストラン
2019地中海クルーズ255.jpg
ビュッフェ式の朝食
2019地中海クルーズ256.jpg
パンの種類が豊富
2019地中海クルーズ257.jpg
ハムやジュースが美味しい

行先を継げると猛スピード?? アットの間に公園近く、でも時間的に侵入できない道です、坂の下で降り、周りの邸宅を眺めながら驚きも嬉しさもありました。
だって、バルセロナは寒いのに、とてもきれいな 「ブーゲンビリア」 の花が真っ赤に咲いているではありませんか。
門や屋根瓦はシエスタがぴったりな地中海色です。 パテイオもその色です。
坂の一番上に広がるグルエ公園はとっても広いです。

2019地中海クルーズ265.jpg
タクシー乗降場
2019地中海クルーズ266.jpg
ブーゲンビリアの家
2019地中海クルーズ269.jpg
鉄の門前の道 右手奥が入口
2019地中海クルーズ268.jpg
公園案内マップ

グエル公園はガウディの大スポンサーでもあり、理解者でもあったグエル伯爵が計画した庭園式住宅地です。

しかし、斬新な価値観は、当時理解されなかったようで、60軒が計画されていましたが、買い手がつかず、結局売れたのは3軒で、買い手はガウディ本人の家(今はガウディ博物館)とグエル伯爵の家(今は小学校)の他は1軒しか売れなかったといいます。

正面ゲートにあるガウディの主要な作品の一つ、アールヌーボーの草木がデザインされた鉄製の門扉のある「鉄の門」を入るとすぐに、モニュメント階段が現れます。

2019地中海クルーズ267.jpg
正面ゲート(出口専用)
2019地中海クルーズ271.jpg
ガウディ デザインの鉄の門
2019地中海クルーズ270.jpg
モニュメント階段
2019地中海クルーズ278.jpg
階段からゲート方向を見る

そうそう、本来はこの公園には入場料が必要ですが、私達は開園の8時半前に入ったので、鉄の門が開放されていて無料でした。ラッキーです。

正面ゲートにある建物2軒がとても目立ちます。曲線が多い建物で、屋根がカラフルなタイルで飾られています。
お菓子の家です!門番の家と公園の管理局になる予定でした。
サルバドール・ダリは 「砂糖をまぶしたタルト菓子のよう」と言ってます。
現在、門番の家はバルセロナ市歴史博物館に、管理局はギフトショップになっています。

2019地中海クルーズ279.jpg
門番の家(歴史博物館)
2019地中海クルーズ280.jpg
管理局(ギフトショップ)
2019地中海クルーズ272.jpg
お菓子のような家
2019地中海クルーズ277.jpg
メルヘンチックな屋根

屋根はホイップクリーム、壁はクッキー、窓枠はマーブルチョコに見えるかも。

大階段に鎮座する人気のトカゲ?ドラゴン?、トカゲの口から、貯水タンクからのお水が出ています。

トカゲの噴水では撮影のために順番取りです。でもねえ、ココにもいるのですよ、皆良いポジションを探してスマホを片手に待っているのに、なかなか順番を譲らない、ちょっと腹立たしく怒ってしまった。

2019地中海クルーズ275.jpg
モニュメント階段のトカゲ
2019地中海クルーズ274.jpg
細かいタイルの装飾が綺麗
2019地中海クルーズ273.jpg
有名なトカゲちゃん
2019地中海クルーズ276.jpg
左右で微妙に色合いが違う

モニュメント階段を上がると多柱室です。ギリシャ風の86本の柱が上の広場を支えています。
天井を見上げると細かな装飾がびっしりと、デコボコした形の天井と円形モザイクが目を引きます。

ここは当初市場になる予定でした。ただし今は工事のため入れない場所もかなりあり、出来上がった時はまた来てみたい。

2019地中海クルーズ281.jpg
補修工事中の多柱室
2019地中海クルーズ282.jpg
ギリシャ風の86本の柱
2019地中海クルーズ283.jpg
太陽と月を表す飾り
2019地中海クルーズ284.jpg
修復中の飾り

多柱室の左奥の階段を上ると、グエル邸(今は小学校)、ブガデラ(洗濯女)の回廊があります。
回廊は、上が車道、下が歩道になっています。よく見ると二つの柱で上の道路を支えているのがわかります。

2019地中海クルーズ285.jpg
ブガデラ(洗濯女)の回廊
2019地中海クルーズ287.jpg
左にグエル邸(今は小学校)
2019地中海クルーズ286.jpg
名前の由来となった洗濯女
2019地中海クルーズ288.jpg
ラ・ナトゥーラ広場へ

回廊の柱の中に1本だけ他とは違う形のものがあります。一番手前の柱の洗濯籠を頭にのせている女性像こそが、回廊の名前の由来となった像です。

2019地中海クルーズ290.jpg
朝焼けのグエル公園
2019地中海クルーズ291.jpg
逆光も美しい
2019地中海クルーズ292.jpg
波打つベンチが有名なラ・ナトゥーラ広場

広大なテラスになっているラ・ナトゥーラ広場、破砕タイルやガラスで飾られた110mの波打ったベンチで縁取られています。
テラスからはバルセロナの街が一望でき、地中海から昇る太陽がとてもきれいです。
波打つベンチがあるラ・ナトゥーラ広場の背後には、石造りのヤシの木が並んでいます。

2019地中海クルーズ293.jpg
破砕タイルやガラスの装飾の波打つベンチ
2019地中海クルーズ294.jpg
タイルには陶器や瓶などの廃材が使われてる
2019地中海クルーズ295.jpg
雨水を集めるための丸い穴が空いたタイル
2019地中海クルーズ296.jpg
列柱室の上に造られたラ・ナトゥーラ広場

所々に丸い穴が空いたタイルが、これは、ベンチに降った雨水を外側に流して雨水を集め、広場の下にある列柱を通して床下の貯水タンクに溜め、
モニュメント階段のトカゲの噴水に流しているそうです。デザインと実用性を考えた設計が素晴らしい。

ラ・ナトゥーラ広場から遊歩道を下って多柱室を通り、トカゲちゃんのモニュメント階段に戻ってくると、左側に見えるのが、
もともとは馬小屋だった洞窟です。洞窟の中から外を見てみると、いい感じに門番の家が見えてます。

2019地中海クルーズ297.jpg
遊歩道を下り多柱室へ戻る
2019地中海クルーズ298.jpg
もとは馬小屋だった洞窟
2019地中海クルーズ299.jpg
洞窟から管理局を覗く
2019地中海クルーズ300.jpg
洞窟から門番の家を覗く

タクシーでホテルに戻る途中、1997年にカタルーニャ音楽堂と共に世界遺産登録された、「サン・パウ病院」を散策、驚きの大きさと素晴らしい病院になっています。
サン・パウ病院 の正門前に着くと、教会みたいな建物が見えます。

患者さんでしょうか??入口からゾクゾク車が入ってきていました。病院は洋を問わず、日本も駐車場、患者さんは一杯ですものね。

2019地中海クルーズ301.jpg
世界遺産サン・パウ病院
2019地中海クルーズ302.jpg
2019地中海クルーズ303.jpg
2019地中海クルーズ304.jpg

サン・パウ病院からホテルへの帰り道、昨日仕入れた情報で近くの大きなスーパーBonpreu (ボンプレウ)に寄る。

バルセロナのスーパーマーケットには、Carrefour(カルフール)、Mercadona(メルカドーナ)、Bonpreu(ボンプレウ)などがあります。
旅行者にとってもお土産を買う場所として最適!普段日本には置いてない製品がたくさんあります。

2019地中海クルーズ305.jpg
スーパー ボンプレウ
2019地中海クルーズ306.jpg
ワイン売り場
2019地中海クルーズ307.jpg
果物・野菜売り場
2019地中海クルーズ308.jpg
魚介類・肉類売り場

美味しそうなスペインワイン、ペコリーノチーズ、これはイタリアからの輸入ですが周りを切り落とし、中は芳香な美味しい味です。
羊のミルクなのですが気にならないですね。

2019地中海クルーズ309.jpg
チーズ売り場
2019地中海クルーズ310.jpg
ペコリーノチーズ
2019地中海クルーズ311.jpg
レジで精算中
2019地中海クルーズ312.jpg
買い求めた土産品

テクテク坂を下りながらホテルに戻る前、交通の事情とタクシーがすぐ捕まるかどうかで行動範囲は決まるのですが全く読めない、
それに帰国の飛行機の時間も決められているので先ずは安全策を取り早めにホテルに戻り、12時のチェックアウトの準備、それからすぐ空港直行です。

今回の旅はまず観光地を知ることで、いつかまた来たいなーとおもった時、迷わず遊べる下準備に考えても良い旅でした。

帰りもエミレーツ航空にて成田まで、ドバイ経由です、
バルセロナ空港からはA380、チェックイン時にバシネットシートを依頼、ゆったりと自由に座れました。

2019地中海クルーズ259.jpg
バルセロナ空港出発ロビー
2019地中海クルーズ260.jpg
Duty Free Shop
2019地中海クルーズ261.jpg
お土産を探して
2019地中海クルーズ262.jpg
EK186の機内食(夕食)

【7日目 11/19日(火)】ドバイ経由〜成田着

最後はドバイ〜成田、
この世界一大きなドバイ空港は今回で6回利用していますが一度も観光はしたことがありません、

2019地中海クルーズ263.jpg
ドバイ空港の出発ロビー
2019地中海クルーズ264.jpg
EK318の機内食(夕食)

来年は国際見本市ドバイ 2020年10月20日〜2021年4月10日まであります、ドバイの観光とサファリの探検が出来れば本当に嬉しい。

皆さまお疲れ様でした、そして何よりお二人の日本からのツアーコンダクターの方、本当にお世話になりありがとうございました。
またツアーでお目に掛かれれば嬉しいです。

あ^^^^元気に出発、無事帰国でした。
我が家に着いた途端、忙しかったはずなのに・・・・・・あ^^^^早くまた出て行きた^^^^^い。
posted by ほがらかさん at 18:28 | Comment(0) | 海外旅行 地中海クルーズ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。