2020年02月12日Wed

02/12 お見舞い

痛い思いをしているほがらかさんに大好きな先輩お姉さまがお見舞いに来て下さった。

沢山の美味しいスイーツ、これ全部私が食べていいのかしら?? いやはやこれをたべるともっとお腹ポンポコリン!! どうしたものか。

夜中に痛くて泣いたわ、なんて愚痴を申していたら「かわいそうねえ、何とかならないかしら??」 
次回の検診は13日以上あり先生は学会等でお留守です。

そのため痛くても診てもらう事が不可能。容体を説明するにも同じことを言わなくては駄目ですものね。
ただ、薬は頂いています。

ご子息は、17年前に初めて我らの 「ゴッドハンド」 稲葉教授を紹介してくれたのは彼でした。
当時、彼は大学院博士コースを目指している若き医師で、今は医学博士、および整形外科に関して邁進されている。立派なクリニックもオープン、患者さんもとても多い。

ほがらかさんに取って幸せなことに10分以内で行くことが出来る日帰り温泉の直ぐ近く、隣には大きな運輸会社、大勢の人達の健康に一役買っているらしい。

たまたま日帰り温泉のサウナの中で、まだオープンしない整形外科クリニックの様子を話しているグループ、勿論、元お姉様方です。

お母様のおかげで明日、診てもらえることになり、この痛みも少しは和らぐだろうと期待している。
あ^^^^、早く痛みとも早くお別れがしたい。神様何とかしてくださ^^^^^い。
posted by ほがらかさん at 18:03 | Comment(0) | .術後観察 術後14年(2020年)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。