2021年09月01日Wed

09/01 残り120日??裏庭の果実たち

今日から9月・・・・・今年も残り120日ね!!
コロナに始まり、コロナに終わる2021のようで、緊急事態もまだまだ解除にはならないわね。12日を過ぎてもまた継続するのではと思います。
感染者が半端な人数ではありませんもの、恐怖を感じています。

我が家は昨日を持って夏野菜すべて完了、かなりの量は採れたけど半分以上は動物のお腹に。
最後まで残っていた 「ほろにがごうや」 は弦も枯れ、わずか一個が 「お仲間欲しいよ」 って顔して、よれよれで付いていたが、ほがらかさんの胃の中にしっかり収納。

サラダ感覚で食すると新鮮で本当に美味しい、食べ方はきゅうり揉み位の薄さの薄切りで塩もみ、そのあと熱湯を掛けると真っ青、三杯酢と鰹節で食べると、身体の芯からクリーンになります。

残されて収穫出来るのは、パッションフルーツ2個、ネーブル5個、温州ミカン2個、シークワーサー2個、傾いて変形したデコポン、大実金柑はかなり採れそう。

2021裏庭の果実1.jpg
パッションフルーツ
2021裏庭の果実2.jpg
ネーブル
2021裏庭の果実3.jpg
デコポン
2021裏庭の果実4.jpg
大実金柑

毎年大人の頭ほどに大きくなる柑橘類の女王様 「晩白柚」 14個、今年の成りは最高です。
7年前の春過ぎ、ひいきにしている園芸屋さんが、 「もう最後だから、1000円でいいよ!!」 迷うことなくゲット。
二代目が可愛い葉っぱを出して上手く育ってくれる事を楽しみにしている。

師匠殿に植えて頂き、それが2メートルを超す大木??我が家で一番大きな樹木に成りました。
枯れても良いわと思っていたにも関わらず意に反して、あれよ、あれよってどんどん大きくなり、高ばさみで枝を落としこの大きさを保っている。

2021裏庭の果実5.jpg
晩白柚
2021裏庭の果実6.jpg
大きく実った果実

もう少し切っても良いのではないかと言われたりすると何もわからず考えもしないでチョッキ、チョッキどんどん丸裸になりそうでした。
いけない、いけないと思いつつ、枝を切り形よくするのが大好きですが、剪定など全く解りませんが今では一番大事にしている果物の木です。

2019台風15号の爪痕4.jpg
台風15号の爪痕
2年前(2019年)の台風15号で、横浜気象観測以来初めての風速42メートルを越えた時、
この大きな実が畑にゴムボールの様に8個全て転がっていた時には余りのショックで涙が止まらずに放心状態でした。

天候が左右される事で生産者さんの気持ちも一喜一憂される事が良く解りました。

収穫まで、もう落ちる事が無いだろうと安心しています、葉っぱも良く繁り、枝の三つ叉に、で〜んと晩白柚が乗っかったりしている。

なので今年は ♪♪ 涙君・さ・よ・な・ら^^^さ・よ・な・ら・涙君 ♪♪ と思っています。
posted by ほがらかさん at 07:04 | Comment(0) | .園芸 家庭菜園

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。