2015年05月11日Mon

05/11 日経アジア賞、AYOパンチャス氏に

5月8日に日経の記事に・・・・・

第20回 日経アジア賞 永年社会に貢献してきた2氏と一団体に。

この一団体が 私財を投げ打ち、25年間若い音楽家の登竜門をして、香港を基盤に年に 6週間だけ活躍し、リチャードパンチャス氏率いる 「アジアユースオーケストラ」 に与えられた。

2015日経アジア賞1.jpg 2015日経アジア賞2.jpg

一昨年3人の若い音楽家がわが家にもホームステイし、演奏会では若々しいサウンドに魅了されました。

28歳までの音楽家の卵さんは厳しいオーデイションを勝ち抜き、世界に散らばる著名な演奏家から、超厳しい3週間の特訓を受け、其の後アジアの国々に演奏旅行をするのです。
協賛する企業も多く、アルコールを扱う企業は参加きないと聞きました。
オーデイションンに受かるとすべての経費は財団から支給され、音楽に対する素晴らしい経験が出来ます。 此処から巣立った著名な音楽家は後を絶たず、国際的なチェロリストの
ヨウ・ヨウ・マ氏もこの演奏会を経験されたそうです。 最後の演奏会は東京です。


昨年はご招待を受け最後の東京講演を聞き、また指揮者のパンチャス氏ともお話しも出来ちょっと、追っかけみたいでしたが、各国の団員のご両親は東京まで聞きに来られていました。
舞台で最後の演奏が終わった後、翌日は其々の国に帰るための抱き合って別れを惜しんでいた若い音楽家のみなさん、トテモ印象的でした。

今年もご招待状届きます様に・・・・
posted by ほがらかさん at 05:40 | Comment(0) | .暮らし ホストファミリー

2014年11月11日Tue

8年242日 ミャンマー大学生ホームステイ

2日間、ミャンマーから大学生がホームステイに。

2014ミャンマーホームスティ.jpg鎌倉、長谷観音、大仏と江ノ電を乗り継ぎ、観光を、小雨模様なのに何と言っても驚くほどの人出、JR鎌倉の駅で降りる事さえ困難状態、 二人は余りの人手にびっくりしていました。
外務省の国際交流の一環なのでしょう、依頼でボランテアのガイドさんを予約してあったようです。 各家庭から長谷駅での待ち合わせ、案内と説明はすべて英語なので安心???
何日か前に、この見学には外務省が掛けて下さる事故の為の保険、つまり自宅を出て自宅に帰るまで、観光の目的で掛ける必要があるとの事、多分ミャンマーは仏教と聞いていたので迷わず参加希望し、子供たちを見守るだけで良かったが一緒に回ったので二人は安心だったのでしょう大喜びでした。

鎌倉・・・・・何故に外国の方が??これほど多く、熱心に観音様や、大仏に興味を抱き、日本の歴史やカルチャーに見分を広げていらっしゃるのか??

今回は大学一年生から29歳までのグループ、我家には18歳の男子二人、英語の発音も素晴らしく何も不便を感じなかった。
トテモ礼儀正しく、敬虔な仏教徒で長谷観音、大仏共にじっくり観光し移動もあるが3時間たっぷり観てきました。

特に彼らの仏様への御祈りの仕方などは見習わないと・・・と思いました。 私のように、にわか信者では無く、仏様が心の中に住んでいるのでしょう。  
二人はまだ18歳にも関わらず、ふかふかとお辞儀をし、先ずお寺の境内の入口にあるお水で手を洗うこと、ガイドさんが今日は人が多いので省きましょうと言われましたが熱心に先ず、
敬意を表して手を洗浄することから始めるのです。

長谷の観音様は隅から隅までお地蔵さんにも薬師像にも、唱えていましたわ。 小さい時からの習わしなのでしょう、身に付いています。 本当に感心しました。
大仏にもどうして??質問も多く、ガイドさんも写真集を取り出し説明、ヤッパリ3時間は必要でした。 
水かけ地蔵には無心にお地蔵さんをきれいに洗うつもりなのか、20回以上もかけていたので、 もう寒いよって風邪をひくからそろそろ次のお地蔵さんにって声を掛けてしまった。
大仏さんの出口にはヤッパリ日本の古来の土産物店、この方達の観光客の心をつかむのもまた上手。仏様にまつわる物、どの国でも同じですが。

二人はお土産に金色に塗ってある、大仏さんを20個、しおりを10枚、どなたに差し上げるのかな??

食事は、”牛は家族の一員”なので牛肉は食べません、 我家にステイした子供たちは、魚も、エビも カニ、貝類も食べません。 おまけに味噌が嫌いで驚きました。
豚肉、鶏肉、豆腐、豆料理、野菜、我家でも久しぶりに 良い食事に。

一番おいしく食べてくれたのは稲荷ずし、沢山作ったけど最後のひとつは二人が箸で抑え、どっちが食べる?? 甘いものは焼いたパウンドケーキは何枚も御代わりでした。
そうそう、バナナは大好きだそうです、ヤッパリ年中暑い国ですから。  30本ぐらいなっている大きな房を買うそうですわ。
会話も、国の発展から、今後の政治の見直し、経済の話、真面目な態度でとても良く、話題も豊富で安部総理が行っていたようにアジアの経済に加勢をし、共存共栄を計る。 その言葉を思い出し、是非そうなって欲しいし、ミャンマーの若い力として活躍してほしい。 二人とも今後を期待される若者に成るでしょう。

帰る時は、私達を上座に座らせ、儀式がありました。
二人が感謝の気持ちを込めての御祈りをしてくれ、最後には僕たちが何か失礼な事をしたことがあればどうぞお許しくださいと深々と頭を下げ、 若いのに何てお行儀が良いの??
仏教の教えや家庭の躾けが行き届いているのでしょう。 また何時の日か遊びに来てくれるらしい。
posted by ほがらかさん at 11:37 | Comment(0) | .暮らし ホストファミリー

2014年07月14日Mon

8年122日 JOCAホストファミリー

先週は青年海外協力協会(JOCA)のタイ、ベトナムの二人の女子大生がわが家に。

2014ホームステイ1.jpg平均年齢28歳のベトナムからは、大学でも観光を専攻し特に日本を専門に卒業後は、日本とベトナム間を行き来し、日本語を駆使し、ガイドするのが夢とか・・・・・日本語も大変綺麗です。が、本で習った日本語、漢字も読めるがヤッパリ会話を主体にした日本語はいまいち、でもお互いに言葉のニュアンスが理解出来た時はとても楽しい。

タイからは日本語科で9月には卒業、やはり専門だけに日本語の理解は早いし、難しい漢字の意味も理解が早い。 難し^^^^い敬語も使います。 近頃、言葉の乱れを自覚しているほがらかは、何て綺麗な言葉を使うのでしょうとあわてましたわ。 
だって、特に運転中に無理な進入や危険な運転をされ、わが身に危険を帯びた時、咄嗟に出る言葉は 「こいつっ」 勿論窓などは絶対に開けませんが。
おとなしい彼女は、将来は通訳か、秘書になりますって・・・・きっと就職は決まっているのでしょう。

嬉しいことに二人の会話は何と日本語です、お互い英語でも会話できるが難しいようで、日本語での会話が理解が早い、面白い光景を見ました。  二人で何を話して楽しそうにしているのかな^^^と時々見ていると日本語で日本の習慣、観光した街、食べ物の話も日本の女の子と同じです。

2014ホームステイ2.jpg
ショッピングモール
2014ホームステイ3.jpg
買物を愉しむ二人
2014ホームステイ4.jpg
回転寿司で夕食
2014ホームステイ5.jpg
日本の温泉を初体験

回転寿司、どちらの国にもあるけど、まずいそうで、本当に良く食べました、温泉も経験したことがないので行きたい・・・ほがらかさんも温泉は好きだからすぐOK,露天風呂、一番お気に入りは寝湯だったそうで、真っ黒い温泉にも驚いていましたが良い経験が出来たと喜んでました。

うーーんって唸りながら日本語の説明、話し方から意味など、メモを取ったり、スマホで調べたり、トテモ熱心、意味を理解してくれるとと我々もホッと安心、外国の方に日本語を教える難しさを知る。
同じ言葉や意味でも、多分何か教え方の基本が有るのでしょう。

今後の為に、日本語の教え方の基本をひも解いて見ましょう。
posted by ほがらかさん at 07:10 | Comment(2) | .暮らし ホストファミリー

2013年08月28日Wed

7年167日 若い芸術家のお嬢さん

昨日から アジアユースオーケストラ(AYO:Asian Youth Orchestra) の若い芸術家のお嬢さん、3人がわが家にホームステイです。

※AYO鎌倉公演の様子はこちら

※今夜の テレビ神奈川「tvkニュース930α」でコンサートの様子が紹介されました

鎌倉芸術館 ホストファミリーとの顔合わせ
ホームステイの若い芸術家のお嬢さん ホームステイ中の3人と楽しいディナー

お仲間さんからの依頼でホストファミリーに・・・・・・
嬉しい新しい生命の誕生でお世話が出来ないのでとの理由、ピンチヒッターですが快くお引き受けしました。
間もなく誕生との事らしいが嬉しいですねえ、子供が少ないこの時勢にどんどん産んでほしいわ。

やっぱり21歳のお嬢様方は、色んな冗句にも反応が早く打てば響くようで気持ちが良いですね。

中国語、広東語、日本語、英語、どれでも皆理解できるように心優しく、言葉のあやを噛み砕いて理解する、これぞまさしく国際交流でしょうか?

とても歴史が好きな子供達で中国4000年の話??または5000年の話をしているとランランと瞳が輝いてきましたねえ。
食べ物は何でも美味しい、美味しいと食べてくれるので助かります。

アフターヌーンテイーにパウンドケーキを焼いてラムレーズンのたっぷり入ったアイスクリームを乗せたらまあ、パテスリーも真っ青な位美味しいケーキが出来上がりました。
写真を撮り忘れちょっと残念。
posted by ほがらかさん at 07:36 | Comment(4) | .暮らし ホストファミリー

2012年08月20日Mon

6年159日 オランダ君引越し

居候のオランダ君、今日は次なる一か月間の住居場所、新宿にお引っ越しです。
わが家で家族同様に過ごしたこの一か月を基準に有意義な日本の生活を送って欲しいわねえ。
暑いだけに栄養にも気を付けて好きな和食も楽しんでほしい。

4日後にはガールフレンドも来日し、自転車であちこちと楽しむことでしょうがお願いだから事故にだけは気をつけてね。
ガールフレンドの自転車も 「売ります、買います」 のサイトでスマートに手に入れ、ピカピカに磨き上げていました。
自転車の事は知り尽くしているようで大したものです。 

雨に濡らしたくない為にわが家にはなかったお荷物が玄関でしっかりと場所取り??していました。が、なくなると少し寂しいですねえ。 

いつの日かどこかで会えれば嬉しいですね。
posted by ほがらかさん at 18:31 | Comment(0) | .暮らし ホストファミリー

2012年08月12日Sun

6年151日 オランダ君と自転車

オランダ君は日本のインターンシップを本当に楽しんでいるようです。

中古の自転車(街乗りを楽しむためのMTB風クロスバイク、ルイガノ LGS-FIVE)を買ってからさて何処へ行ったと思います??
何と長女の元仕事場、六本木ヒルズ迄自転車で2時間半かけて行きました、ほがらかおばさんは事故なく到着したかしら??とか熱射病にならない様に水分を取っているかしら??と気をもんでいましたがちゃんと間違えずに待ち合わせ場所に来たと連絡アリ。 ほっと一息です。
夜遅くまで長女がインストラクターよろしく2台のパソコンを並べ、地図を説明しながらナビを作っていましたっけ。

気が付くと、テーブルの上には彼のお財布が鎮座ましましているじゃな^^^い??
驚いて携帯に連絡を・・気が付かなかったのでしょうか連絡は無し、でも少しは小銭を持っていたのでしょう、目的地で長女が待っているからお金はなくても安心。

六本木界隈を一回りして、今度は恵比寿ガーデンプレイスで待ち合わせ、そこもちゃんとクリアーしたようです。
映画を見たり楽しく過ごし、帰りは遅くなり、長女の友人宅にお泊り。

恵比寿は場所柄プチセレブな若者が住んでいるようで小じゃれたリサイクルショップがたくさんあるそうです、泊まるための着替えの用意をしていなかったがガーデンプレイスの近所を自転車で巡り、センス良く洋服を仕入れてきた。
だってまったく日本語が通じないのよ・・・・きっとお店の方に親切にして頂いたのでしょう。

ラコステの白いズックや上下のトレーナーいやあ^^考えれば賢い。 その後品川までも自転車で移動これもクリアー。
留学の為に用意したお金もきちんと金銭帳も付けているし、買ったものが解らなければ 「これ何だっけ??」 と聞きます。

自転車もお箸も結構自在に操れるには理由がありました。
いろいろ話していると仰天しますがとても賢く、生きる術を知っています、それに郷に入れば郷に従え…これができる子です。

彼の話では昨年、ベトナムとラオス、カンボジヤ等を旅行した際にベトナムからラオスまで自転車で国境を越えた猛者でした。  ベトナム戦争で一番の激戦区だったフエを振り出しに、北ベトナムは山が多く大変だった、南のホーチミンは比較的平地が多く楽だったそうですが、一週間以上もかかったそうです。 流石!!!若い子は違うわねえ。

オランダ君はドイツ語もイタリア語もフランス語も多少は話せるそうで、ベトナムは元フランス植民地でしたものねえ、ベトナムの人達が英語が出来なくてもフランス語で足りるものねえ、街中も結構フランス語が書いてありましたよ。

昨日は割と早く帰宅、疲れていたのでしょう、夕飯を済ませさっさと自室にこもりそのままばたんキュー。 
翌朝気が付いたら自転車が無い!!えっえ^^??捕られたのかしら??驚いたのですが起きてから 「自転車が無いけど??」 聞いたら 「言い忘れてごめんなさい、疲れたので品川駅に置いてきました」 「ええっ??駅の何処に置いたの?日本はとても警察署がうるさいのよ!!」 大丈夫かしらと帰るまで心配しましたが 夜中にちゃ^^^んと持って帰りました。

ハラハラドキドキ、子供が一人増えたようで古い頭を活性化させてくれます。
帰国の際には、相棒の自転車を売却するので錆びない様に気を付けなくっちゃ??とか。 イヤハヤどうも。

最近は体重が増え始めたのか左足股関節から大腿骨にかけ、最初に着く時が 「痛たたあ^^」 となります、2,3歩足が出ると少し楽になり歩けるのですが・・・警告を鳴らされています。 ご用心 「体重」 にです。
posted by ほがらかさん at 08:57 | Comment(0) | .暮らし ホストファミリー

2012年08月05日Sun

6年144日 居候のオランダくん

居候のオランダくん、

とてもスマートです(頭)、長女とネットで中古の自転車を一日かけて探していましたが昨日の夜は小田急鶴間駅近くで、それを買ってなんとわが家まで自転車で夜中に帰宅です。

ま^^^驚き、桃の木、山椒の木、きっとオランダで自転車の探し方、または通勤道路を検索してきたのでしょう
自転車に必要な部品は持参していたし、これから少し通勤時間が早まるかも・・・・
でもねえ、ほがらかさんとしてはお預かりしているお子さんの命ですから願わくば乗ってもらいたくない、でも今の若者は自転車は自由自在に乗りこなすものねえ。
にわか信者で申し訳ないけど絶対に事故が起こらない様に神様にお祈りしましょう。

オランダでは20km〜30km、何処に行くにも自転車だそうです。 日本と交通事情も違うし、法規も違うし、何しろ日本語はまったくわかりません。 教師陣は全員が外国人らしく問題ないのですが街中ではどれぐらい理解できるか心配です。

会社でもいろんな日本の文化や歴史、ことわざを習っているようですが昨日は 「本音と建前」 の文化を勉強したとかで晩御飯の時はその意味を深く掘り下げてデイスカション、良く理解しているようで さっそく私に 本音と建前の実践、年齢を取り上げ建前で解答・・・・でも本音だと言ってくれましたが理解が早い??

大学の専攻は演劇関係ですがインターンシップに日本を選ぶだけに、きっと何事にも興味津々なのでしょう。 毎日4,5時間はレポートを書いているし、いろいろ質問しますが25歳の理解力は素晴らしい。

卒業後の方針を聞くと教師をしながら音楽関係や演劇関係、いわゆる芸術方面に進みたいらしい。
posted by ほがらかさん at 10:58 | Comment(2) | .暮らし ホストファミリー

2012年07月31日Tue

6年139日 初めての回転ずし

オランダからのお客様に初めての回転ずしを・・・・

オランダでも食べたこと無いと言うお寿司、 近くの回転ずし・・お子ちゃまの大好きな 「かっぱ寿司」 へ家族で。
実はおどろきました、 ここのメニューはタッチパネルなのですが なんと!!4か国語で寿司が掲示されているのねえ。

勝手にオーダーできるように英語で書いてある。種類が解らないと安心して食べないかしら??と心配したのですがもう驚きです。 説明の必要もなく絵で解釈、味は長男が説明、面白そうにおっかなそうにゆっくりと上手に箸を使うことには驚きです。
オランダで随分練習したそうですが箸で食べ物を小さくすることは苦手なようです。

イカや、タコ チュウインガムのようだとか、ハマチやサケは好きなようで、特に茶碗蒸しがお気に入りのようでした。
早速私に作り方を知っているか??と聞くのでもちろん!!お母さんだもの・・作ってあげなくっちゃ。
納豆も食べたので、あららと思いましたが半分でギヴです、やっぱり食べるのは大変、典型的な日本の食べ物と思いましたが今や世界中で売られているし、発酵食品も各国にあるし外国人だから等と侮れないわねえ。

お稲荷さんを中身を確認しながら食べていたら孫娘が大丈夫よって、日本語が解らないはずなのにうんうんとうなずいて食べました。 甘いのもお気に入りです。 
お稲荷さんの原料は何か??と尋ねられ今回はすべて長男が仕切り??うまく説明、支払はすべてこちらで^^^^す。
posted by ほがらかさん at 20:46 | Comment(0) | .暮らし ホストファミリー

2012年07月29日Sun

6年137日 オランダからのお客様

最近のわが家にも小さな異変が・・・・

長女の友人がオランダで芸術家として活躍、そのクラスの生徒さんの友人のご子息を何故かわが家でお世話をお願いされ、わが家に下宿??大学生ですが、インターンシップで横浜の会社に勤務し、大学の単位が取得できる。

地域の盆踊り大会 マイクの前でインタビュー

昨日は地域の盆踊り大会、夕方早く帰ることを約束して出て行ったのですが・・・・・案の定少しだけ道に迷い、ほがらかおじさんが助け舟です。
でも何とか盆踊りの公園に皆と出かけ、さっそくビールで乾杯!! ウインナーやトウモロコシ、焼きそば、綿菓子を上手にまとめていましたねえ、近所の人たちがあちこちから声をかけてくれ、 焼きそばもビールもおかわりは「ただ」つまり無料でもらっちゃいました。

あれれ!!気が付いたら何時の間にやらわが家のお客様はマイクの前に立っている、ど、ど、どうしたの??

どうやら彼が珍しい客人とあって質問されて自己紹介しているじゃない???解らない日本語にとまどい、 「ほがらかさ^^^ん、どうしたらいいの??」 SOSが来ましたねえ。いま日本の文化に触れていることを話すと何処からともなく 「英語話した^^^い」 双子の音大生や14歳の中学生に周りを囲まれちょっとしたヒーローでした。
此処でもやっぱり叔母様族は強いわ^^^、質問の中身は 「結婚しているの??」「どこから来たの??」 「なにしているの??」 「なんで来たの??」 「何でお宅にいるの??」 いやああ、こちらも答えるのに必死。

でも彼は独身ですが恋人はいますよ^^^の私の一言に 「なあ^^んだ、つまらない!!」 ですって。

二人の師匠達も身振り手振りで彼とコミュニケーションを取り、いつの間にやらわが家の庭でバーベキューをすることになっていました。 近所付き合いも良いものですねえ、みなさん親切です。


今はお客様扱いですが来週からは一人住まいをしていると思って日本の暮らしをエンジョイしてくれればいいなあと思っています。
posted by ほがらかさん at 16:01 | Comment(0) | .暮らし ホストファミリー
関連コンテンツ