2016年04月29日Fri

04/29 ルノワール展 in 国立新美術館

印象派の巨匠、ルノワールの絵画展に六本木「国立新美術館」まで。

テレビや新聞でかなり宣伝していたオルセー美術館、オランジュリー美術館所有の100点以上にも及ぶ絵画、楽しみにしていたので初日にいそいそと。
初日にしては意外とゆっくり鑑賞できました。

オルセー美術館は駅舎を改造して作られているだけに初めて訪れた時は余りの大きさにビックリポンでした。
国立新美術館もガラス張りで開放感もあり、大きな広々とした美術館で気分もゆったりできます。

IMニュース 「ルノワール展」内覧会ビデオ
2016ルノワール展1.jpg
国立新美術館
2016ルノワール展2.jpg
ルノワール展
2016ルノワール展3.jpg
ロビーホール
2016ルノワール展4.jpg
開場を待つ人々の列

ヤッパリ優しくて余り主張しない画題が良いですねえ、息子さん達のピエール、ジャン、クロードや奥様の肖像画、身近にある生活。
今回は田舎のダンス、都会のダンスが45年ぶりに同時に鑑賞でき、出来たら3部作も見たいのは贅沢でしょうか??
もう一つの「ブージヴァルのダンス」 はボストン美術館所有です。

でもね、我家の階段には 20年以上前にフランスで買って頂いたブージヴァルのダンスがほぼ同じサイズで有ります・・・・ 勿論本物ではありませ^^^^^ん。

《田舎のダンス》《ブージヴァルのダンス》《舟遊びをする人々の昼食》の子犬を抱えた乙女は、のちにルノワールの妻となるアリーヌ・シャリゴです。

2016ルノワール展9.jpg
ブージヴァルのダンス》と《ルグラン嬢の肖像
2016ルノワール展10.jpg
舟遊びをする人々の昼食》の絵柄の傘

長さのある絵を何処に掛けると一番良いかな^^って思って下さったのかしら?? いろいろ考えると想像が膨らみ楽しいです。
玄関にはウインザー城の春の風景画、やっと咲き始めた野花が如何にもいじらしく可愛らしい草原の花畑だったそうです。
この絵も頂いたのですがロシア系の若い画家さんがウインザー城の近くで描いている場所で一時間じっくり鑑賞し、描き方が気に入りすぐ買ったそうです。
両方とも大好きな絵で、何時までも見飽きることなく、場所を変える事等は考えられない位ピッタリの場所で楽しませてくれている。
プレゼントして下さった40年来の仲良し奥様はルノワールや風景画が大好きで、ご自宅にも相当数の絵があり、お邪魔??する時は絵の鑑賞や講釈も。

《都会のダンス》で楽しそうに踊っている乙女シュザンヌは後に画家になり、ユトリロの母と成った人です。
世間では画家の家には画家が育ち、音楽家の家には音楽家が育つって聞きますが本当なのですねえ。
ユトリロの絵も好きです。

2016ルノワール展5.jpg
日本初公開、印象派時代の最高傑作《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》(写真:公式HPより)
2016ルノワール展6.jpg
45年ぶりに揃って来日《田舎のダンス》&《都会のダンス》
2016ルノワール展8.jpg
オランジュリー美術館《ピアノの前のイヴォンヌとクリスティーヌ・ルロル》(右)の夢の競演
2016ルノワール展7.jpg
オルセー美術館のルノワール円熟期の代表作《ピアノを弾く少女たち》(左)と

初来日の 「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」 大きな絵でその当時のカフェや庶民が楽しそうにダンスに講じる姿が生き生きと描かれている。
19世紀にはこんな服装だったのですねえ、映画制作の時代考証にも役立ちますね。
都会のダンスの夜会服の白、タックやひだまでが 「どうしてこんなに描けるの??」 どの絵も白がとても綺麗ですねえ。
私は、絵を鑑賞するのは大好きですが、情けないぐらい絵心はまったくありません。

ルノワールのアトリエ等も写真で有りました。
キャンバスや画材等も、以外に小さいパレットや細い筆、だって、晩年はリュウマチに侵され、体中に痛みが有ったのでしょう。 お気の毒です。

出口にはありとあらゆるルノワールに関する製品が所狭しと並んでいますが、100年以上たっても色が変わらないって超有名な絵のコピーのフレスコ画が有りました。
優しく、癒される絵に囲まれて生活したいで^^^^す。 え、え!! それでは食べていけないよって??確かに・・・・・・ごもっともです。
posted by ほがらかさん at 10:18 | Comment(0) | .レジャー 敬老パスの旅

2016年04月23日Sat

04/23 若冲展・黄金のアフガニスタン展と上野動物園

生誕300年記念 若冲展」(東京都美術館)に興奮冷めやらぬ思い、気持ちがぱ^^^^^と明るくなってルンルンでした。
散策ルートをグーグルマップでご覧になれます

2016若冲展1.jpgテレビや写真などでは良く見る伊藤若冲、実物を見るのは初めてですが生涯独身を貫き、菜食で僧侶のような暮らしぶりだったという若冲。

何処かの文献に最近は若冲の事を 「わ・か・お・き」って、呼ぶ人が少なくなったと書いてありました。

生誕300年を記念して初期から晩年までの代表作、若冲が京都・相国寺に寄進した「釈迦三尊像」 や 「動植綵絵」 が東京で一堂に会すのは初めてとか。

IMニュース 「生誕300年記念 若冲展」内覧会ビデオ
2016若冲展2.jpg
東京都美術館
2016若冲展3.jpg
入場に長蛇の列
2016若冲展4.jpg
釈迦三尊像
(写真:以下公式HPより)
2016若冲展8.jpg
83年振りに発見 孔雀鳳凰図

近年、多くの人に愛される若冲、テレビでは嵐の大野君が実物を目の前にゆっくり見ながら解説までするなんて・・・・羨ましい限りでした。
何で彼が??と思ったのですが大野君は絵画に精通し、ご自分でも絵を描くのだそうです。 そんな才能に恵まれているなんて知りませんでした。

当日の朝の日経新聞はそれに関する記事や広告も沢山ありましたねえ、 驚きながら早朝にワクワクしながら上野まで。

9時半オープンすごい人混み、40分後に入場できましたが前に進みません、展示場から進み始めでもイヤーホーンをしている見学者は全然動きません、説明と絵を交互にじっくりと鑑賞されているのでしょう。

でもねえ、館員が他の方にお譲りして前の方は後退してくださいってマイクで放送しても動かない、空いているところから観ていくのが上手な方法ですわ。

2016若冲展7.jpg
虎図と百犬図
2016若冲展5.jpg
動植綵絵
2016若冲展6.jpg
鳥獣花木図屏風

アメリカの、若冲収集家プライス夫妻の秘蔵品も展示されていました。 3.11の後に被災された方達に是非見てもらいたい、これが日本での最後の展示と考えたそうです。
とにかく日本の被災地で美しい絵、楽しい絵を観て元気になって貰いたい一心で最後の展示を考えたそうです。

見事でした、私の前を歩いていた方が 「福島と仙台に新幹線で見に行ったわ」 等と話されているのを聞きましたが、相当の若冲ファンなのですねえ、アメリカの収集家プライス氏の好意でプライス夫妻によって若冲が甦らされたと言っても過言では無いと文章で読み、納得。
  • 晩年世話になった京都相国寺に残された墨絵、や《釈迦三尊像》
  • 鹿苑寺(金閣寺)や 慈照寺(銀閣寺) の襖画
  • 宮内庁所有の 動植綵絵 《老松白鳳図》、 《南天雄鶏図》、 《群鶏図》 など30幅
  • 岡田美術館 83年振りに発見 《孔雀鳳凰図》
  • MIHO MUSEUM所有 《象と鯨図屏風》
  • プライス夫妻コレクション 《鳥獣花木図屏風》
5月10日には展覧絵の入れ替えが有るそうです、どんな絵??かしら、どきどきで、その日は早朝から上野に馳せ参じましょう。



2016上野動物園1.jpgお昼の定番お結びランチを食べながら上野動物園も散策、広い園内をぐるっと一回り、最後はパンダ舎で出口でしたが、運よくパンダは美味しそうに竹のこ、食べ終わったら若竹を美味しそうに皮をむいて食べていましたわ。

動作が可愛く本当に人間が座って美味しそうに食べる仕草と同じです。  やっぱり癒されますわ、

東園 ジャイアントパンダ舎
2016上野動物園6.jpg
上野動物園臨時門(旧正門)
2016上野動物園7.jpg
園内は幼稚園児で一杯
2016上野動物園4.jpg
食事中のパンダ
2016上野動物園3.jpg
筍が美味しそう

メインの「東園」には、「ジャイアントパンダ舎」をはじめ「ゴリラ・トラの住む森」「ゾウのすむ森」「クマたちの丘」「ホッキョクグマとアザラシの海」を展示。スマトラトラやニシローランドゴリラといった希少動物の飼育でも有名です。

ジャイアントパンダ、オカピ、コビトカバと世界三大珍獣が飼育されています。

ゾウのすむ森・クマたちの丘・ホッキョクグマの海
2016上野動物園9.jpg
訓練中のインドゾウ
2016上野動物園10.jpg
サルのいない?サル山
2016上野動物園11.jpg
ツキノワグマ
2016上野動物園12.jpg
ホッキョクグマ

外国人も溢れていましたが何とも子供たちの多いこと、幼稚園の遠足、東北地方の中学の修学旅行、瞬発力がある子供達には驚かされ、あれ??って思っているともう柵に登ったり、身軽ですわ。

ゴリラ・トラのすむ森
2016上野動物園13.jpg
昼寝中のインドライオン
2016上野動物園14.jpg
スマトラトラ
2016上野動物園15.jpg
ニシローランドゴリラ
2016上野動物園16.jpg
シロテテナガザル

何十年前に子連れで見物に行ったときにはもっとたくさん動物もいたようですがねえ・・・・・ 広いのでもう少し動物がいてもおじゃまではないかも。

猛禽舎
2016上野動物園17.jpg
お昼のお弁当
2016上野動物園18.jpg
ダルマワシ
2016上野動物園19.jpg
フクロウ
2016上野動物園20.jpg
シロフクロウ

不忍池北側にある「西園」では、小型の動物を展示する「小獣館」、両生爬虫類館、国内唯一の「アイアイのすむ森」、「キリン・カバエリア」が見られます。

東園と西園の300mを約1分半で結ぶ日本初のモノレールが走り、動物が描かれた可愛らしい外観が人気です。
西園で今一番注目を集めているのが、ハシビロコウです。パンダと同じぐらいの人気があるのだとか!

西園 アフリカの動物
2016上野動物園8.jpg
日本初のモノレール
2016上野動物園21.jpg
フラミンゴ
2016上野動物園2.jpg
ハシビロコウ
2016上野動物園5.jpg
鋭い目つき

ハシビロコウは大きな体、大きなくちばしが特徴です。ずっとじっとしていることがほとんどのため、「動かない鳥」としてテレビで話題になりました。、

2016上野動物園22.jpg
コビトカバ
2016上野動物園23.jpg
クロサイ
2016上野動物園24.jpg
オカピ
2016上野動物園25.jpg
レッサーパンダの餌やり

アイアイのすむ森
アイアイは、「おさ〜るさ〜んだよ〜」の歌で名前は知っている、という人がほとんどではないでしょうか。日本では上野動物園でしか見れません。

2016上野動物園27.jpg
アイアイのすむ森
2016上野動物園26.jpg
暗闇の中動き回るアイアイ

夜行性のアイアイは、昼間は寝ていますが、昼間は室内を真っ暗にして動物たちに「夜」だと思わせ、夕方になるとライトをつけて「昼」にする、昼夜逆転展示を行っています。暗闇の中動き回るアイアイを見学できます。



最後に東京国立博物館(表慶館)での 黄金のアフガニスタン−守りぬかれたシルクロードの秘宝−展を。
命がけで守られた秘宝 アフガニスタン紀元前2千年の歴史を垣間見た。  

2016黄金のアフガニスタン展1.jpg
東京国立博物館(表慶館)
2016黄金のアフガニスタン展2.jpg
黄金のアフガニスタン展

神話の中に出てくる黄金伝説、タリバンなどに貴重な歴史的遺産は崩壊され、爆破されるシーンは私達にもまだ目新しい。 何で??と思いますが他国の思考など分かるはずが有りません、
ただ、もったい無い事と、取り返しがつかない貴重な歴史的遺産が無くなる事に言葉が無かったのは事実。

説明書に寄れば、
これらの名宝は、首都カブールにあるアフガニスタン国立博物館に所蔵されていました。

2016黄金のアフガニスタン展3.jpg
王妃のしるし黄金の冠とドラゴンをあやつる王の飾り
2016黄金のアフガニスタン展4.jpg
生きているような牡羊と翼をもつアフロディーテ
(写真:九州国立博物館HPより

1979年のソ連の軍事介入とそれに続く内戦などにより、博物館は甚大な被害を受け、その収蔵品の多くは永遠に失われてしまったと考えられてきました。
しかし、国の宝を守ろうとした勇気ある博物館員は、とりわけ貴重な文化財を秘密裏に運び出していたのです。

2016黄金のアフガニスタン展5.jpg
若き男女を描いたガラス杯、脚付彩絵杯(1世紀)
2016黄金のアフガニスタン展6.jpg
流出文化財、博物館が誇る仏教美術の名品(2-3世紀)

そして内戦終結後、2004年4月、秘宝を大切に保管していた金庫の扉が再び開かれ館員たちは、国を存続させるために命がけで自分たちの文化財を守りぬいたのです。

アフガニスタンの至宝231件に加え、日本で「文化財難民」として保護されてきた流出文化財15件を含むアフガニスタンからの流出文化財102件は、この展覧会終了後、アフガニスタンに返還されるそうです。

正に黄金伝説、 悠久に光輝き続ける文化財に感激した一日でした!!!
posted by ほがらかさん at 22:38 | Comment(0) | .レジャー 敬老パスの旅

2016年04月12日Tue

04/12 横浜山手西洋館巡り

横浜市緑の協会のガイドブック「山手西洋館マップ」を見ながら、横浜山手西洋館巡りをしてきました。
散策ルートをグーグルマップでご覧になれます

山手西洋館は「JR石川町駅」と「みなとみらい線 元町中華街駅」に挟まれた小高い丘に位置し、その両駅はバス通り「山手大通り」で繋がっています。

ガイドブックに沿って「山手イタリア山庭園」→「山手公園」→「元町公園」→「港の見える丘公園」エリアと巡りましたが、逆巡りコースのほうが下り坂なので楽だったかも。
西洋館巡りのスタンプラリーも楽しみました。

2016山手西洋館1.jpg
横浜山手西洋館マップ
2016山手西洋館2.jpg
西洋館巡りスタンプラリー



まず最初に向かったのが山手イタリア山庭園にある国の重要文化財「外交官の家」、明治時代にトルコ全権大使、ニュ−ヨーク総領事を務めた内田氏の邸宅だったのを横浜市が寄贈を受け、約20年前にイタリア山庭園地区に移築されました。

八角形の塔屋つきの2階建て素敵な建築ですねえ、どの部屋も洋式、和室も別棟に有ったらしいが洋館のみ公開されています。
イタリア山庭園も素晴らしく、外側の垣根に守られ中に咲く花は茎もまっすぐのび、規則正しく並んでいる様子は可愛いものです。

外交官の家(旧内田家邸宅:重文)(山手イタリア山庭園)
イタリア山庭園から眺める八角形の塔屋と、今なお残るガスストーブ・ステンドグラス・サイドボードなどの家具類が創建当時を物語っています。

2016山手西洋館3.jpg
ゲート奧の端正な芝生の庭
2016山手西洋館55.jpg
1階大客間
2016山手西洋館4.jpg
1階食堂
2016山手西洋館6.jpg
サンルームから見る庭園

整然と幾何学的にデザインされた植栽は、左右対称になっていて、庭園から見る洋館の姿は特に美しく、その佇まいはイタリア式庭園によく似合います。

2016山手西洋館56.jpg
2階書斎
2016山手西洋館5.jpg
2階寝室
2016山手西洋館57.jpg
大客間の暖炉はラジエーター式ガスストーブ
2016山手西洋館58.jpg
ホールのバラと玄関内扉のステンドグラス

山手イタリア山庭園
「山手イタリア山庭園」は、開放感溢れる「公園」というよりは、丘の上に立つ広いお屋敷の敷地のような佇まいを見せます。

「外交官の家」と「ブラフ18番館」の間を南北に抜けるメタセコイア並木のプロムナードの佇まいも魅力的で、メタセコイアの間に見える「外交官の家」の姿にも良い風情があります。

2016山手西洋館61.jpg
外交官の家、八角形の塔屋
2016山手西洋館62.jpg
庭園とみなとみらい
2016山手西洋館63.jpg
メタセコイアの並木
2016山手西洋館64.jpg
庭園から見るブラフ18番館

そして、お隣にある「ブラフ18番館」
ブラフ18番館は山手に建築されていた外国人の家、カトリック山手教会の司祭館として平成3年まで使用され、横浜市に寄贈されたものです。

何とも優しいグリーンと白のコントラストが美しく、次回我家の塗装をするチャンスがあればこの色を真似たいわ。

ブラフ18番館(山手イタリア山庭園)
白い壁に緑の窓枠がアクセント。ベイウィンドウ(出窓)・上げ下げ窓・鎧戸・サンルームなど震災前の外国人住宅の特徴が見られます。

2016山手西洋館7.jpg
緑の窓枠がアクセント
2016山手西洋館8.jpg
ベイウィンドウの食堂
2016山手西洋館9.jpg
緑に統一されたサンルーム
2016山手西洋館10.jpg
資料室で休憩

そして、次の場所、山手公園へ移動。途中山手カトリック教会、フェリス女学院大学の前を通りました。

山手公園
山手公園は、1870年(明治3年)に造られた外国人向けの日本初の西洋式公園です。
生麦事件の影響で、居留地から出ることにためらいがあった外国人たちの間では、安心してピクニックやスポーツなどを楽しめる場所が待望され、整備されたそうです。

2016山手西洋館41.jpg
カトリック山手教会
2016山手西洋館42.jpg
美しいステンドグラス
2016山手西洋館59.jpg
フェリス女学院大学
2016山手西洋館60.jpg
テニス発祥地碑とコート

高くそびえる薄グリーンの屋根ととんがり頭の尖塔があるネオ・ゴシック調が特徴的です。聖堂内部には繊細なステンドグラスもあってとても綺麗で、荘厳な雰囲気でいっぱいです。

テニス発祥記念館(山手公園)
日本のテニス発祥120周年を記念してこの「テニス発祥記念館」が設立されました。当時のテニスウェアや道具が展示されています。

2016山手西洋館11.jpg
バンガロー風の記念館
2016山手西洋館12.jpg
女性のテニスウェア
2016山手西洋館13.jpg
初期のテニスで使用された古いラケットや写真展示
2016山手西洋館14.jpg
錦絵のテニスに興じる婦人達を描いたステンドグラス

今は横浜市民であれば誰でも会員になれて、テニスを楽しめる、大勢の人達がテニスに興じていたが結構激しい動きですねえ。
瞬発的にウエストをひねるのは我々人工股関節組には危険ですねえ。 やっぱり運動はやめておこっと。

山手68番館(山手公園)
現在はテニスコートと公園の管理施設・クラブハウスとして使われています。

2016山手西洋館15.jpg
外装工事中の山手68番館
2016山手西洋館16.jpg
西洋館らしく洋風の暖炉が

山手公園〜元町公園は、少し距離があるので路線バスで移動。
ベーリックホールは、2000年に廃校になったセント・ジョセフの寄宿舎だったそうです、音楽ホールも素敵です。
明るい日差しが燦々と入る大きな格子窓、どの家もバスルームは映画に出てきそうな真っ白なバスタブ、洗面、お手洗いはすべて水洗、とても清潔でした。

ベーリック・ホール(元町公園)
玄関の3連アーチ、ガーゴイル(魔除け)のある壁泉、軒周り幾何学模様の色タイル、クワットレ・フォイル(四つ葉形)の窓、階段手摺のアイアンワークなどの装飾や、山手本通り沿いのブラフ積みが特徴です。

2016山手西洋館17.jpg
西洋館中 最大規模の建物
2016山手西洋館18.jpg
居間
2016山手西洋館19.jpg
食堂
2016山手西洋館20.jpg
子息寝室

ご子息の部屋のある西洋館は、殆んどの壁は漆喰ですが、このご子息の部屋はフレスコ壁だそうで、如何にお子様に気を使われたことか・・・・・フレスコ画って絵画がありますものね。

2016山手西洋館21.jpg
夫人寝室とサンポーチ
2016山手西洋館22.jpg
バスルーム
2016山手西洋館23.jpg
玄関扉・階段手摺のアイアンワーク
2016山手西洋館24.jpg
ガーゴイルの壁泉、軒周りの色タイルと四つ葉形の窓

べーリックホールの隣にある「エリスマン邸」。一度お仲間さんと見学に来たことが有り、何となく懐かしい。

でもね、レストランではアフタヌーンテイだけではなく本格的なフランス料理も出しています。
ランチ時は予約が必要らしいわね。 玄関に入った途端に美味しそうな匂い、バターを焦がした良いソースの匂いに 「「お腹すいたー」」

エリスマン邸(元町公園)
レーモンドが、終生、建築の原点とした「シンプル」「ナチュラル」「ダイレクト」「エコノミカル」「オネスト」という五つの建築姿勢を随所に見ることができます。

2016山手西洋館25.jpg
木漏れ日のふりそそぐ建物
2016山手西洋館26.jpg
居間兼食堂とサンルーム
2016山手西洋館27.jpg
暖炉のある応接室
2016山手西洋館28.jpg
しょうゆ・きゃふぇ

元町公園
エリスマン邸の並び奥には関東大震災で倒壊した山手80番館の廃墟跡(ブラフ80メモリアルテラス)や、山手234番館の隣に、一階とテラスがカフェになった西洋館「えの木てい」があります。
横浜山手聖公会は、今工事の為入館は出来ませんが正面玄関の彫刻が何ともレトロ、公開されるのが楽しみです。

日当たりの良い場所で定番の 「おにぎりランチ」 デザートは今日はラスベガス土産の チョコ、これは硬いドライフルーツコーティングで珍しく美味しかった。

2016山手西洋館43.jpg
山手80番館跡
2016山手西洋館44.jpg
カフェ えの木てい
2016山手西洋館46.jpg
横浜山手聖公会
2016山手西洋館45.jpg
青空の下のランチも格別

山手234番館は、こじんまりしている建物なので展示会などが催されます。数年前は友人の漆器の展示会で行きましたが、今日も誰かの展示会が開かれていました。
パステル画だったかしら??

山手234番館(元町公園)
当時を再現した居間や、明り取りの中庭、玄関の4枚扉など。常設展示室では「まち歩きのヒント」のパネル展などもおこなっています。

2016山手西洋館29.jpg
外国人向けの共同住宅
2016山手西洋館30.jpg
リビングダイニングルーム
2016山手西洋館31.jpg
常設展示室
2016山手西洋館32.jpg
パステル画の展示会

最後に、港の見える丘公園にバス移動。
横浜市イギリス館はちょこちょこコンサートなど聴きに行きます、ウン十年前には子供たちのバイオリンの集まりで一日お借りし、キッチンまで使用させてもらい、30人位のパーテイまで出来ました。

だって、音楽も、食事もでき、お茶まで自分たちでオーガナイズできるなんて無理なく利用できるのは公共の建物だからこそですよねえ。 有難いわ。

横浜市イギリス館(港の見える丘公園)
明るく開放的な設計と、高い天井や重厚なドア、美しい寄せ木の床面、ジョージ6世の王冠の紋章など、当時の王室の威厳を感じることができます。

2016山手西洋館33.jpg
旧英国総領事公邸
2016山手西洋館34.jpg
食堂
2016山手西洋館35.jpg
寝室
2016山手西洋館36.jpg
サンルーム

最後の山手111番館は素敵なコーヒーショップ、屋内に入らなくても外からも入れます。 協定でしょうか??お茶とケーキは、どの館もすべて同じ料金です。

驚いたのはシャンデリア、20年以上前にワシントンで見つけた我家の天井に収まっているのと同じものがありました(写真○印)。 え、??どこかで見たわね^^??とても身近に感じました。

山手111番館(港の見える丘公園)
シャンデリアのある吹き抜けの空間と、ダイニングルームの大きな1枚ガラスの窓から見える港や庭園の景色が魅力的です。

2016山手西洋館37.jpg
赤瓦と白壁が美しい洋館
2016山手西洋館38.jpg
食堂
2016山手西洋館39.jpg
1階ホールと2階の回廊
2016山手西洋館40.jpg
カフェ ザ ローズ

公園には多くの外国の観光客、それにちょうど、赤い靴バス(横浜観光名所を走るバス)の折り返し地点、目の前に望むベイブリッジ等、新しい発見でした。
大佛次郎記念館もあります、ここだけは入館料が要りますが建物はすべて無料で見学できます。

港の見える丘公園
平成28年4月1日より緑化工事が終わりリニューアルオープンしました。
今までバラ園であったエリアは「イングリッシュローズガーデン」として緑化がされ、イングリッシュローズをテーマに一年草と宿根草との混植のガーデンとなり、四季を通していろいろなバラや草花が咲き競います。

2016山手西洋館47.jpg
イギリス館ローズガーデン
2016山手西洋館48.jpg
沈床花壇
2016山手西洋館49.jpg
噴水広場と大佛次郎記念館
2016山手西洋館50.jpg
噴水広場を周る赤い靴号

花壇に囲まれたこの公園からは、横浜港やベイブリッジが一望できます。展望台から眼下に広がる港や横浜ベイブリッジの風景は最高です。

2016山手西洋館51.jpg
展望台
2016山手西洋館52.jpg
ベイブリッジ
2016山手西洋館53.jpg
氷川丸と大桟橋
2016山手西洋館54.jpg
ランドマークタワー

西洋人が、日本で暮らすために如何に知恵を絞り、豪華絢爛では無く、快適な住まいを建築されたか??今でも立派に住まえる佇まい、でもこれだけの家屋を維持するのは大変、ヤッパリ資産家でなければ無理ですわ、素敵な家々でした。

どの建物の前にも必ず、デッサンをしたり、絵画を楽しむ人たちが絵筆にいそしんでいました。  どなたも本当にお上手で見せて貰うだけでも楽しい。

【敬老パスルート】
蒔田駅→(神11)→イタリア山庭園前→山手町→(神11)→元町公園前→(神11)→港の見える丘公園前→(横20)→桜木町駅
posted by ほがらかさん at 23:28 | Comment(0) | .レジャー 敬老パスの旅

2016年04月06日Wed

04/06 上野公園のお花見&美術館巡りと目黒川の夜桜

最高の花見日和、上野のお山全体を散策、夜には今一番トレンディな目黒川、夜桜見物に・・・・
散策ルートをグーグルマップでご覧になれます

今年は、3/23の開花宣言を受け、桜を極めようと計画を立てあちこち出没、満足です。

早咲き桜を求めて満開の桜を求めて
天候にも恵まれ、上野でも珍しかったのではないでしょうか?? 寒かったり、雨だったりで、なかなか思うようには行かないものです。
2016上野花見1.jpg
東京のお花見のメッカ上野公園(不忍池と上野ビル群)
2016上野花見2.jpg
清水堂の八重紅枝垂
2016上野花見3.jpg
お花見マップ

公園口を出てすぐまあ^^^こんなにも人なの??と驚愕でした、すべて同じに方向に向かっているのですねえ、

場所取りも大変、暫くは全部埋まっていました、勿論、人が留守番をしているところもあれば荷物だけ?? でも、立て看板には 「人がいない場合の場所取りはすべて撤去します」って。

2016上野花見4.jpg
桜通り(中央園路)の桜並木
2016上野花見7.jpg
満開のソメイヨシノ
2016上野花見6.jpg
桜並木のぼんぼり
2016上野花見5.jpg
満開の桜の下でお弁当

かなり図々しい人もいます、私達が腰掛けているのにその前にちゃっかり大きなシートを敷き、子供3人に留守番をさせ、親は何処かへ・・・・ちょっと一言位 「良いですか?」って聞かないの? 心は寂しいですわ。

そんなことを思っていたら上野ではお花見何てできませんね。 規則には一区画10人って書かれてありました。

2016上野花見8.jpg
清水堂の舞台と月の松
2016上野花見9.jpg
清水堂参道の八重紅枝垂
2016上野花見10.jpg
大勢のお花見客
2016上野花見11.jpg
清水堂裏のお花見スポット

20人位で狭いビールシートに座り、一生懸命神妙な顔、リーダーらしき一人の男性は訓示しているのかな?? 可哀想にって思っていたらちょうど講義も終わり、飲み会が始まりました。
「かんぱ^^^い」  たぶん新入社員の教育の一環かも知れません。 美味しそうに宴会でした。

個人的な見解は、そこで上司は消えてほしいわね、乾杯迄したら後は、 「君たちで自由に楽しみなさい」 って消えてほしいわ。 そんな上司なら部下はきっと良い成績を上げるでしょう。

2016上野花見12.jpg
舞台から不忍池方向を望む
2016上野花見13.jpg
舞台で尺八を奏でる虚無僧
2016上野花見14.jpg
月の松の輪に弁天堂
2016上野花見15.jpg
グラデーションが美しい

清水堂では、虚無僧や、仕掛け獅子舞でおみくじを引く事もでき、いろんな角度から獲物??つまり200円入れておみくじを引いてれる人をあたかも探しているようなしぐさで、本当にリアルなの。 夕方見たら怖いわね。

2016上野花見16.jpg
西郷さんの周りに桜がない
2016上野花見17.jpg
彰義隊の墓の一本桜
2016上野花見18.jpg
不忍池にある弁天堂へ
2016上野花見19.jpg
屋台が並び賑やか

西郷さんにもご挨拶。
上野の山には神社やお寺、いろいろあるのですねえ、徳川さまの寛永寺位は知っていましたが東照宮もあり、清水堂もあり、大仏様もお地蔵さんんも。

2016上野花見20.jpg
弁天堂
2016上野花見21.jpg
弁天堂境内
2016上野花見22.jpg
稚児祭り
2016上野花見23.jpg
弁天堂から不忍池をみる

不忍池も、また池を挟んで見える高いビル群、また屋台では外国の人達もずいぶん楽しんでいました。 「郷に入れば郷に従え」ってことかしら。
お稚児さんのお出ましがありました、親御さんに連れられて可愛いこと、でもね、誰かが、一万円のお布施が必要ですって。

2016上野花見24.jpg
ボート乗り場の桜
2016上野花見25.jpg
不忍池(蓮池)の桜並木
2016上野花見26.jpg
不忍池(ボート池)の桜並木
2016上野花見27.jpg
不忍池(ボート池対岸)の桜



桜を堪能した後は、美術館めぐり開始。
東京国立博物館の「国宝土偶 縄文の女神展」(本館)と「湖畔」で広く知られ、日本美術の近代化のために力を尽くした「黒田清輝展」(平成館)も鑑賞。

遺言によって黒田記念館が建てられていますが6月13日まではお休み、ここでしか鑑賞できない。
生誕150年を記念した大回顧展です。

この展覧会は、師コランやミレーなど、黒田がフランスで出会い導かれた作品をあわせて展示しながら、留学時代の「読書」「婦人像(厨房)」や、帰国後の「舞妓」「智・感・情」などの代表作によって、黒田清輝の画業全体を振り返ろうとするものです。

2016東京国立博物館2.jpg
東京国立博物館
2016東京国立博物館1.jpg
縄文の女神展と黒田清輝展
2016東京国立博物館3.jpg
国宝土偶 縄文の女神、写真:山形県立博物館HPより
2016東京国立博物館4.jpg
ほがらかさん in「湖畔」

国宝土偶「縄文の女神」など、ゆったりと鑑賞でき、4〜5000年も前からこのような土偶や生活用具があったんですねえ。 人間の知恵は素晴らしい、学習能力よりも考える頭脳がある。

縄文の女神は一点だけの展示なので、常設展(考古展示室)にも足をのばし、国宝埴輪「挂甲の武人」を見に。

常設展をしっかり見て驚いたのは、国宝なのに写真撮影OKでした。  何と太っ腹でしょう、プライベート用コレクションが出来そうですわ。

2016東京国立博物館5.jpg
袈裟襷文銅鐸(国宝 弥生)
2016東京国立博物館6.jpg
埴輪 挂甲の武人(国宝 古墳)
2016東京国立博物館7.jpg
片輪車螺鈿手箱(国宝 鎌倉)
2016東京国立博物館8.jpg
名物観世正宗(国宝 鎌倉)

同時開催の「博物館でお花見を」は、春の庭園開放の時期に合わせた恒例企画です。
桜にちなんだ数々の名品を展示し、桜の季節と紅葉の季節だけ年に二度、日本庭園を特別公開しています。

2016東京国立博物館9.jpg
江戸紅彼岸と大島桜(白)
2016東京国立博物館10.jpg
東京国立博物館さくらMAP
2016東京国立博物館11.jpg
山桜(白)と茶室春草廬
2016東京国立博物館12.jpg
八重紅彼岸と茶室転合庵

池を取り囲む散策路を歩けば、路傍に咲く数種類の桜をいちどきに観賞でき、桜並木の絢爛さとはまた違う美しさです。

ま^^^いたせり、つくせりの国立博物館を後にし、最後は国立西洋美術館へ急ぎ足。

2014年、長いこと行方不明とされていたカラヴァッジョの作品が発見されました。
「 法悦のマグダラのマリア 」  世界初公開ってありました。

2016カラヴァッジョ展1.jpg
国立西洋美術館
2016カラヴァッジョ展2.jpg
カラヴァッジョ展

説明では、"この作品はカラヴァッジョが殺人を犯してローマを逃亡し、近郊の町で身を隠していた1606年の夏に描かれたもので、その4年後の1610年、彼がイタリアのポルト・エルコレで不慮の死を遂げた時、2016カラヴァッジョ展3.jpg彼の荷物に含まれていた「1枚のマグダラのマリアの絵」がこれであると考えられています。
科学調査を受け、カラヴァッジョ研究の世界的権威であるミーナ・グレゴーリ氏が本作を"カラヴァッジョ真筆"と認定。
世界で初めて、本作品が公開されることとなりました。"
(写真&説明:カラヴァッジョ展公式HPより)

さすがでした、鑑賞するにも少々力が必要でした。
すべて観終わった後、日本ではこの時期何があったのかな^^^と思いだし、天下分け目の関ヶ原合戦が1600年10月21日火蓋が切って落とされ、家康さんの安定した江戸時代に入った頃だな^^と・・・・・無い頭をポン、ポンと叩き、思い出しましたわ。



夕方、これで終りではありません。
目黒川の夜桜、楽しみでしたからね。
中目黒から池尻大橋に掛けて、目黒川は川幅が狭くなるので、両岸にある桜の木の枝が川越しに重なり合って桜のアーチが生れます。圧巻!!です。

どうもこの日が一番の花見だったようです、中目黒に降り立った途端人に押され、さ^^^どちらに行きましょうか?考えるまでもなく人におされ、あれよ、あれよって桜堤に。

2016目黒川夜桜1.jpg
中目黒アトラスタワー
2016目黒川夜桜2.jpg
目黒川桜マップ
2016目黒川夜桜3.jpg
下流側の桜並木
2016目黒川夜桜4.jpg
日の出橋から下流をみる

「人の多さに身動きとれず」って言葉がぴったり、でもね、ここでメゲテは駄目です、こちらもちょっくら押し気味です。

2016目黒川夜桜7.jpg
日の出橋から上流をみる
2016目黒川夜桜8.jpg
川面に映るピンクの桜
2016目黒川夜桜5.jpg
移動販売車も出勤
2016目黒川夜桜6.jpg
ぼんぼりに明りが燈る

両端のお店では買うことは不可能、途中で長女も参加、居酒屋でのんびり、ほろ酔い機嫌で駅に向かうもここでもまだまだ夜桜見物真っ最中。

2016目黒川夜桜9.jpg
上流側の桜並木
2016目黒川夜桜10.jpg
前を見ても見上げても桜々
2016目黒川夜桜11.jpg
沿道のカフェも臨時出店で大忙し
2016目黒川夜桜12.jpg
ぼんぼりが消えても夜桜見物真っ最中

今年の桜はこれで見納め、素敵に 「日本の桜」 を極めました。心揺さぶられる美しい日本の風景でした。

桜と名が付く最後の行事は、我家の借景八重桜が満開になれば 「庭バーベキュウ」、来週は楽しみで^^^^す。
posted by ほがらかさん at 23:43 | Comment(0) | .レジャー 敬老パスの旅

2016年04月05日Tue

04/05 柏尾川プロムナードの花見と夜桜

横浜市戸塚区にある柏尾川プロムナードは、上流側のイオン(旧ダイエー)に隣接する柏尾橋から、栄区飯島橋までの間、堤防や河川敷を利用した広場やイベントステージなどがあり、
水辺でのレクリェーションを楽しむことができる憩いの空間となっていまます。

駅のホームの下を流れる柏尾川両岸約4kmに桜並木が続き、約700本のソメイヨシノやヤマザクラ、オオシマザクラの木々が、3月下旬から4月上旬にかけて見頃を迎えます。

駅から続く下流側(朝日橋〜高嶋橋)が、ぼんぼりや屋台も出てお祭りモードなのに対して、駅からちょっと離れた上流側(柏尾橋〜吉田大橋)は、お散歩モードです。

2016柏尾川桜1.jpg
朝日橋付近から下流の展望
2016柏尾川桜2.jpg
桜マップ(朝日橋〜高嶋橋)
2016柏尾川桜3.jpg
公会堂脇の桜のトンネル
2016柏尾川桜4.jpg
右岸散策路の満開の桜

戸塚区民のお花見と言えばここですね。駅から近く、開花期間中はぼんぼりが灯り夜桜や、「戸塚桜祭り」には屋台もでるのでお花見を気軽に楽しめます。

2016柏尾川桜5.jpg
川岸にせり出した桜の枝
2016柏尾川桜6.jpg
桜橋付近のベンチで桜見
2016柏尾川桜7.jpg
河川敷まで降りてみました
2016柏尾川桜8.jpg
高嶋橋から上流をみる

約8割がソメイヨシノ、川には、季節折々の野鳥が訪れ、シロサギやアオサギの姿も見ることができ、鯉がいたりカメがいたり、自然豊かな川です。

2016柏尾川桜9.jpg
河川敷で花見してる人達も
2016柏尾川桜10.jpg
日没と同時にぼんぼり点灯
2016柏尾川桜11.jpg
川沿いをピンクに染める桜
2016柏尾川桜12.jpg
桜花に明りが反射して綺麗

駅からほんの少し歩いただけですが、桜並木も柏尾川もまだまだずっと遠くまで続いています。

2016柏尾川桜13.jpg
河川敷から見上げる夜桜
2016柏尾川桜14.jpg
URのマンション群と夜桜
2016柏尾川桜15.jpg
ぼんぼりでピンク色の桜
2016柏尾川桜16.jpg
奥のビルが見える所が駅


上流側は、イオン(旧ダイエー)のすぐ傍にあるので、駐車場(無料)に車を止めて買い物のついでに、散歩しながらの桜見物ができます。

手ぶらできても、お弁当や飲み物を1か所で調達できるので便利です。
右にURのマンション群、両岸の桜並木は満開。そして河川敷には場所取りのブルーシート。

2016柏尾川桜17.jpg
柏尾橋からみた桜並木
2016柏尾川桜18.jpg
桜マップ(柏尾橋〜吉田橋)
2016柏尾川桜19.jpg
右岸の桜のトンネル
2016柏尾川桜20.jpg
川岸まで垂れ下った枝

こちら側の見所は、桜と川のコラボレーションと、花見客と桜の距離が近くボリューム感ある見た目です。

2016柏尾川桜21.jpg
左奥に吉田大橋がみえる
2016柏尾川桜22.jpg
マンション前の花見デッキ
2016柏尾川桜23.jpg
吉田大橋を渡った左岸の桜
2016柏尾川桜24.jpg
手に届く距離の桜と戯れる

posted by ほがらかさん at 23:06 | Comment(0) | .レジャー 敬老パスの旅

2016年04月02日Sat

04/02 満開の三ッ池公園と大岡川の夜桜見物

横浜に住んで居ながら一度も行ったことのない桜の名所「三ッ池公園」、夕方からはこちらも有名な大岡川の桜堤に夜桜見物に。
散策ルートをグーグルマップでご覧になれます

横浜市で唯一「日本さくら名所100選」に選ばれている三ッ池公園は、山坂の多い、江戸時代に灌漑に用いられた大きな溜め池が3つ、だから三ッ池って名前が付いているそうです。

2016三ツ池公園1.jpg
三ッ池公園
2016三ツ池公園2.jpg
三ッ池公園マップ
2016三ツ池公園3.jpg
下の池の満開の桜
2016三ツ池公園4.jpg
横浜緋桜の桜のトンネル

いろんな種類の桜も木についている説明書で 「そうか^^」 とか、「なるほど」 って納得しながら一本一本見ていくのも楽しいですね。
濃いピンクの花びらは 「横浜緋桜」 ちょっと散り始めていましたが可愛い花。

2016三ツ池公園5.jpg
満開の「横浜緋桜」
2016三ツ池公園6.jpg
咲き終り葉桜の「大島桜」
2016三ツ池公園7.jpg
2分咲きの八重桜「白妙」
2016三ツ池公園8.jpg
つぼみの八重桜「紅笠」

奥に入っていくほど、お花見客は多く、テントを張り、ビニールを大きく引き、パーティ、でもねえ、お行儀が宜しいのねえ、静かに楽しんでいます。

老若男女、それにワンちゃんも一緒に何やらお花見気分で、おすまし歩き、見ているだけでも癒されますわ。
此処でも外国人のグループやご家族、本当に多く見られます。

2016三ツ池公園9.jpg
下の池 里の広場
2016三ツ池公園11.jpg
中の池 花の広場
2016三ツ池公園13.jpg
花桃と菜の花の前で
2016三ツ池公園14.jpg
ひときわ目立つ「紅枝垂」

今まで見たこともない真っ赤な花でとても愛らしく、何の木なのか気になり何処かに種類を書いてないかな^^って周りをぐるぐる、変な行動です。
すると親切な年配の女性がこれは 「花モモ」 ですよって。 知らない種類も多く、聞くは一時の恥、知らぬは一生の恥・・・・その通りでした。

2016三ツ池公園10.jpg
西尾根道にある展望広場
2016三ツ池公園12.jpg
上の池 水の広場
2016三ツ池公園17.jpg
芝生広場とTV神奈川送信塔
2016三ツ池公園18.jpg
パークセンター内部

芝生広場の前にある三ッ池公園パークセンター、来園者の休憩や情報提供などが行われています。

この辺りは農家も多く、1800年頃からこの池の恩恵に預かるお百姓さん達が、感謝をこめて読んだ和歌の碑が建っていますが、昔の字ってセツメイが無ければ読めないですわ。

2016三ツ池公園21.jpg
下の池東岸の桜並木
2016三ツ池公園16.jpg
満開のソメイヨシノ
2016三ツ池公園15.jpg
下の池東岸からみる売店
2016三ツ池公園22.jpg
下の池西岸の桜並木をみる

芝生広場の先には、コリア庭園があります。神奈川県と韓国・京畿道との友好提携(1990年4月)を記念して作られたそうです。

2016三ツ池公園19.jpg
コリア庭園
2016三ツ池公園20.jpg
「通友齋」の小部屋


大岡川に沿って約3kmの桜並木が続く大岡川プロムナードへ。
明るいうちにライトアップ区間、観音橋(弘明寺)〜鶴巻橋(井土ヶ谷)をブラブラ、ぼんぼりは、観音橋〜白金橋(黄金町)まで点灯しています。

2016大岡川1.jpg

ここはもうシート弾いて場所も無いぐらいにお花見客。
歩くのも危ないぐらいです、ぶつからないように、でも車は入るし何とかならないものかしらねえ。

2016大岡川2.jpg
大岡川プロムナードの桜
2016大岡川3.jpg
2,500灯のぼんぼりが点灯
2016大岡川4.jpg
屋台も沿道にズラリ
2016大岡川5.jpg
川辺で桜を楽しむ花見客

ライトアップは4月10日まで継続だそうです、弘明寺〜井土ヶ谷が一番桜が多く、屋台も多数出ていて人通りも多い。

吉野町の一本橋付近で、大きめのサーフボードに立って、パドルを漕いでクルージングする「大岡川スタンドアップパドルボード(SUP)桜クルージング」に出会いました。

青いLEDでライトアップされた物体が、暗闇の中、川面をゆっくり動いてくるので少しびっくり。

2016大岡川6.jpg
大岡川桜SUPクルーズ
2016大岡川7.jpg
川面に映るピンクの桜
2016大岡川8.jpg
今年は、ぼんぼり点灯も2,500灯とパワーアップ
2016大岡川15.jpg
ピンクにライトアップされた桜

ライトアップされる桜はほんのり明るく、ほんのり桜色って言葉もありますものね。
生ビールを呑みながら、カメラ片手にそぞろ歩きでした。

2016大岡川9.jpg
ブルーにライトアップ
2016大岡川10.jpg
グリーンにライトアップ
2016大岡川12.jpg
川に沿ってずらりと並び咲いた薄ピンクの夜桜が幻想的

昼の桜、夜の桜、川面に映るぼんぼりとうっすらと映る桜色、これで満月だったら平安の貴族の遊び、川に船を浮かべて・・・
なんて、ロマンテックです。

2016大岡川11.jpg
白とピンクの対比が美しい
2016大岡川16.jpg
青桃緑のグラデーション
2016大岡川17.jpg
夜はガラリと違う雰囲気に
2016大岡川18.jpg
人気のステーキ串焼き

横浜最古のお寺、重要文化財の木造十一面観音立像(弘明寺観音)様が有る弘明寺へお参りして帰路につきます。

石段参道途中には、身代わり地蔵様も鎮座され、身体の悪いところと同じ場所をさすり祈願すると、癒してくれる御利益があります。

2016大岡川13.jpg
弘明寺商店街
2016大岡川14.jpg
弘明寺観音


【敬老パスルート】
新横浜駅⇔(市営104/6)⇔三ツ池公園北門バス停⇔三ツ池公園
新横浜駅→弘明寺駅→大岡川プロムナード→井土ヶ谷バス停→(神 横43)→前里町バス停→大岡川プロムナード(夜桜)→吉野町駅→弘明寺駅→大岡川プロムナード(夜桜)→弘明寺観音→弘明寺駅
posted by ほがらかさん at 23:18 | Comment(0) | .レジャー 敬老パスの旅

2016年03月29日Tue

03/29 総持寺・キリンビール横浜工場見学

ふら^^り旅、今日は禅寺で有名な総持寺まで足を延ばし、ついでにキリンビール横浜工場見学を予約。
散策ルートをグーグルマップでご覧になれます

2016総持寺1.jpg外国人の参拝者も多く、またお墓にも参るコースがあるのでしょう。
話の内容はドイツからの観光客??または禅に興味があり修行に来日なのかはわかりませんが剃髪の方も半分。
お墓には桶を持って墓石に水を掛ける事も不思議な模様。

福井の永平寺と並ぶ禅寺で、でもやっぱり建物は関東大震災で消失したのか、まだ新しいので建物自体には歴史は感じられませんでした。

広い参道を進み、三門に向います。

2016総持寺2.jpg
総持寺参道入口
2016総持寺3.jpg
三松関(総持寺の総門)
2016総持寺4.jpg
三門
2016総持寺5.jpg
三門の阿吽の仁王像

永平寺は深い森の奥にあり、建物も総持寺とは違い、古い歴史をそのままに現在に残している感じです。
両方を参拝して見るのも如何でしょうか。

三門を入ると、総受付の香積台がある外苑が広がります。

2016総持寺6.jpg
大駐車場から外苑を見る
2016総持寺7.jpg
三松閣(研修場、宿坊)
2016総持寺8.jpg
外苑の中心に建つ向唐門
2016総持寺9.jpg
香積台(総受付)

香積台の中に入ると、福徳さずかる おさすり大黒、そして奥に、木彫りでは日本一大きい高さ約1.8mの大黒尊天がお祀りされています。
売店では、総持寺グッツのお土産品も売っていました。

2016総持寺10.jpg
右)受付、左)売店&休憩処
2016総持寺11.jpg
正面奥の大黒様(1)
2016総持寺12.jpg
おさすり大黒
2016総持寺13.jpg
売店に併設された休憩処

福徳をさずかった?ところで、外苑と内苑とを分ける「百間廊下」の金鶏門をくぐって内苑に入ります。

前日にテレビで放送されたらしい 「百間廊下」 足跡一つないピカピカ、それも若い禅僧が走りながら雑巾がけ、それを先輩が気合い??を入れて指導しています。

毎日2回行われる雑巾がけの際、廊下と平行する土間に長い水の線を二本引き、先端をくゆらせて線香のように見立てて、鶴見事故慰霊のお祈りしているのだそうです。

2016総持寺16.jpg
百間廊下と金鶏門
2016総持寺17.jpg
修行中の僧と二本の水の線
2016総持寺18.jpg
待鳳館(迎賓館)
2016総持寺19.jpg
紫雲臺(方丈の間)

これも修業の内なのでしょう、汗だくで長^^^い 百間廊下を力強く、バケツの中で絞りながら拭いている姿、思わず自分の小さい時の経験を思い出しました。

修業は 走りながら廊下を拭き、叱咤激励する先輩僧に大きな声で返事を、汚れた雑巾をバケツの中で洗いながら・・・これを繰り返す、見ていてかわいそうでした。

廊下は日々の雑巾がけで、ピッカピカです。

内苑の中心は、大祖堂と仏殿です。大祖堂は、開山堂と法堂を兼ねた本堂客殿で、仏殿は、七堂伽藍の中心部に配置されていて「大雄宝殿」とも呼ばれます。

2016総持寺20.jpg
大祖堂
2016総持寺21.jpg
堂内入口と香炉台
2016総持寺22.jpg
大祖堂内部、御両尊(瑩山禅師・峨山禅師)(2)を安置
2016総持寺23.jpg
復興プロジェクトの江戸彼岸桜もほころび始めました

荘厳な屋根や、本堂などは目を見張るばかりです。内陣の天蓋金飾りも綺麗に掃除され、本当に金ぴかでした。

中に入ると厳かな気分になり、身を正しますね。

内苑には、東日本大震災の「復興祈願桜プロジェクト」の育苗場があり、ここで育てられた江戸彼岸桜が、
毎年、被災地の寺院へ贈られていて、今年も可憐な花をつけています。

2016総持寺24.jpg
仏殿(大雄宝殿)
2016総持寺25.jpg
中雀門越しに向唐門をみる
2016総持寺26.jpg
仏殿内部
2016総持寺27.jpg
本尊の釈迦無尼如来(3)

石川県輪島市に「総持寺」の前身がありましたが、明治31年(1898年)火災で焼失し、明治44年(1911年)現在地に移転されました。

放光堂は、総持寺が能登から移転されて、最初に法要が厳修された記念すべきお堂です。

2016総持寺28.jpg
放光堂
2016総持寺29.jpg
放光堂と繋がる鐘鼓楼
2016総持寺30.jpg
放光堂内部
2016総持寺31.jpg
放光堂の阿弥陀様(4)

裕次郎さんのお墓にも参拝しましたが、順路が書いてありました。
勿論立派ですが、仰々しくなく派手さはありません、たくさんのファンの方が参られるのでしょう、素敵なお花が一杯たむけてありました。
お墓の門石には左右に 「裕次郎」 ってあり、裕ちゃんズワールド??」でしょうか。

2016総持寺32.jpg
墓地への入口、北部金鶏門
2016総持寺33.jpg
道案内の矢印と桜の木
2016総持寺34.jpg
石原裕次郎氏の墓処
2016総持寺35.jpg
夫人が彼を偲び贈った詩

墓地から内苑に戻ります。
大僧堂は、七堂伽藍の中でも重要なお堂で、朝の坐禅から就寝まで大僧堂を中心に日夜修行に励む坐禅道場です。

宝蔵館前には、禅の精神を表現した雲水群像、雲水とは禅宗の行脚僧のことで、「行雲流水」のように一ヵ所にとどまらずに修行することを意味しているそうです。

2016総持寺36.jpg
大僧堂(坐禅道場)
2016総持寺37.jpg
宝蔵館「嫡々庵」
2016総持寺38.jpg
宝蔵館前の雲水群像
2016総持寺39.jpg
梅壽庵(水子供養受付所)

三門の左を登った小高い丘陵を雙眸丘(ふたみがおか)といい、三寶殿、穴熊稲荷、平成救世観音、大梵鐘などがあります。スタンプラリーの残る2つの仏様はこの丘におられます。

境内には横浜市で起こった鉄道事故、桜木町事故(1951年)と鶴見事故(1963年)の慰霊碑が建立されています。

2016総持寺40.jpg
雙眸丘(ふたみがおか)
2016総持寺45.jpg
桜木観音菩薩像と慰霊碑
2016総持寺41.jpg
平成救世観音(5)
2016総持寺43.jpg
穴熊稲荷

総持寺の守護神は荒神様(三寶大荒神)で、仏・法・僧の三宝を守護する三寶大荒神として祀られています。

三寶殿近くにある大梵鐘は、関東一の大きで、大晦日には一般参詣者も、大梵鐘を撞くことができるそうですよ。

2016総持寺42.jpg
三寶殿、守護神は荒神様(6)
2016総持寺44.jpg
大梵鐘、関東一の大きさ
2016総持寺14.jpg
総持寺スタンプラリー
2016総持寺15.jpg
6個のスタンプを集める

総持寺にはスタンプラリーがあって、お参りしながらいろんな仏様にお逢いできました。
スタンプ用紙はスタンプ台に置かれています。そのスタンプがすごく可愛いらしい。
(ラリーの仏様は写真に番号(1)〜(6)がふってあります)




さて、今日のお目当てはもう一つ、キリンビール横浜工場に。キリン横浜ビアビレッジの「一番搾り うまさの秘密体感ツアー」です。

このキリンビールが出来たのは日本で初めて、山手に出来たのだそうですわ、まったく知りませんでした。

横浜の山手です、そんなことも知らずに飲んでいたわけですねえ、ビールが 出来上がるまでの工程を可愛いお嬢さんがガイドしてくれます。

2016キリンビール横浜工場2.jpg
キリンビール横浜工場
2016キリンビール横浜工場1.jpg
綺麗に手入れされた中庭
2016キリンビール横浜工場3.jpg
トリックアートの前で
2016キリンビール横浜工場4.jpg
出発までロビーで待機

一番搾り麦汁と二番搾り麦汁の飲み比べや、麦芽の試食、ホップの香りを体験できるツアーで、おいしさの秘密や、こだわりの製法・素材を五感で体感できます。

受付で名前を告げて、見学ツアー開始を待ちます。出発まで時間があるので、中庭やレストランをブラブラ。

2016キリンビール横浜工場23.jpg
バブ「スプリングバレーブルワリー(SVB)」
2016キリンビール横浜工場24.jpg
6種類のクラフト(手作り)ビールが楽しめるパブ
2016キリンビール横浜工場21.jpg
レストラン「ビアポート」
2016キリンビール横浜工場22.jpg
キリン各種銘柄を楽しめる

いよいよ体感ツアーのスタートです。受付からエスカレーターで3階の入口に入るとすぐに、ビール工場ならではの「仕込み」の香りが漂います。

工程ごとに、女性スタッフが丁寧に説明してくれ、ビールの原料である「麦芽」や「ホップ」を触って・嗅いで、食べてみる事ができます。

2016キリンビール横浜工場5.jpg
[1]素材
2016キリンビール横浜工場6.jpg
麦芽とホップ
2016キリンビール横浜工場7.jpg
[2]仕込(糖化・麦汁ろ過・麦汁煮沸・麦汁沈殿)
2016キリンビール横浜工場8.jpg
パネルを見ながらの説明

普段、口にすることのない麦芽、ガイドさんが渡してくれた麦芽を皮付きのままパクリ。
香ばしい美味しさは、このままビールのおつまみとしてもイケそうです。

一番搾りで使うのは、麦芽を糖化してつくった「もろみ」をろ過し、最初に流れ出る一番搾り麦汁だけ、とのこと。

体感コーナーでは、「一番搾り麦汁」と「二番搾り麦汁」が配られます。見た目でも色が違うのが分かります。

こんなにも甘さが違うとは、飲み比べてさらにびっくり!

2016キリンビール横浜工場13.jpg
一番搾り うまさの秘密体感コーナー
2016キリンビール横浜工場14.jpg
左が一番搾り麦汁、右が二番搾り麦汁
2016キリンビール横浜工場9.jpg
4種類の仕込み釜が並ぶ
2016キリンビール横浜工場10.jpg
[3]発酵(酵母を加え発酵)

麦汁に酵母を加え、約1週間発酵させ、1〜2ヶ月貯蔵・熟成し最後に酵母をろ過します。

驚いたことに、貯蔵1タンクの中には350ml入りビール缶、大人が毎日一本ずつ飲んでも4000年かかるそうです。
ひゃーーー驚きですねえ、生きてないわ・・・・

2016キリンビール横浜工場11.jpg
[4]貯蔵・酵母ろ過
2016キリンビール横浜工場12.jpg
立ち並ぶ実際の貯蔵タンク
2016キリンビール横浜工場15.jpg
[5]パッケージング
2016キリンビール横浜工場16.jpg
映像を使っての説明

この工場のパッケージラインは、1分間に350ml缶に2000本ものビールを詰め込む事ができるそうです。

工場見学を終え、試飲コーナーへ移動します。試飲は一人3杯まで。ガイドさんが、家でも缶ビールをおいしく飲める方法「三度注ぎ」を実演伝授してくれます。

一番搾り、季節限定ビール小麦のうまみ350ml、黒ビールそれぞれ1杯ずつ試飲できます、おつまみのピー煎も一袋付きます。

2016キリンビール横浜工場17.jpg
試飲コーナー
2016キリンビール横浜工場19.jpg
三度注ぎの実演
2016キリンビール横浜工場18.jpg
1杯目はキリン一番搾り生ビール
2016キリンビール横浜工場20.jpg
2・3杯目は一番搾りスタウトと小麦のうまみ

今回は特に、キリンビール一番搾りの出来上がりを知りましたが、試飲タイムで飲んだところやっぱり凝縮された味で、美味しいかな^^と思ったのですが・・・通でないので解りません。

でも、喉が渇いていたので、できたてのビールは本当に美味しかった。試飲タイム20分では、3杯目は飲みきれないで思案中でした。 
お腹には限度があるわね^^^^^

【敬老パスルート】
横浜駅→(市営41)→総持寺前バス停→総持寺→鶴見駅前東口→(市営18)→生麦バス停→キリンビール横浜工場→京急生麦駅→横浜駅
posted by ほがらかさん at 23:27 | Comment(0) | .レジャー 敬老パスの旅

2016年03月24日Thu

03/24 桜を求めて大倉山へ

神出鬼没って言葉がぴったりな、ふら^^り、ふら^^り楽しいですねえ。
散策ルートをグーグルマップでご覧になれます

以前から気になっていた大倉山記念館に。 梅林など公園も楽しめるし、桜が少し咲き始めたところです。
急な坂をふーふー言いながら登り切った場所に有るのですがそこまでが辛い。傾斜何十度??って思うぐらい。

三溪園と同じで、事業で成功された 大倉 邦彦氏が寄贈された建物です。
横浜市指定有形文化財に指定されている現在の建物は、大倉精神文化研究所の本館として竣工されました。
主な見所は、建築模様や蔵書、貴重な図書らしい。 図書館も兼ねて貸し出しもあります。

2016大倉山記念館1.jpg
大倉山記念館
2016大倉山記念館2.jpg
散策マップ
2016大倉山記念館3.jpg
(左)道標の彫刻 不滅への飛翔、(右)大倉山公園入口
2016大倉山記念館4.jpg
(左)記念館坂、(右上)記念館入口、(右下)記念館説明板

大倉山駅の改札を出てすぐ右の、線路沿いの大倉山記念館に向かう急な坂道(かなりの勾配)を暫く登っていきます。
アテネ市(エルム通りがある)との姉妹提携を記念し1992年(平成4年)に大倉山公園への道標として建てられた「不滅への飛翔」が目印です。

丘上に大倉山公園があり、緑色の木々に囲まれる様に大倉山記念館が建っています。
建物の正面は本当に何処かの彫刻を思い出すよう、それに、玄関に立つ4本のポールは何処かシカゴ美術館を思い出しました。厳かな気分になります、

正面入口から中へ入って、まずはじめに目に飛び込んできたのは、石造りの階段。そしてその先には威厳のある装飾に囲まれた扉。とてもホールへの扉とは思えません。

2016大倉山記念館5.jpg
クレタ・ミケーネ様式の列柱と装飾が随所にみられる
2016大倉山記念館6.jpg
エントランスホール、扉の奥はコンサートホール
2016大倉山記念館8.jpg
コンサートホール(写真:公式HPより)
2016大倉山記念館7.jpg
吹抜け天井の列柱、獅子と鷲の彫刻、回廊を見上げる

大倉山記念館は、ホール、会議室、ギャラリー、図書館などを備えた80年以上の歴史を誇る建造物で、コンサートや写真展などがよく行われています。
様々なドラマ・映画などのロケ地としても有名で、でも残念ながら、8月から始まる WOWWOW のドラマの撮影で、ホールや会議室の中は見学できませんでした。 

撮影隊の方に聞くと題名はまだ決まっていないので申し上げられないとか、でもね、ドラマの撮影にも何十人も必要なのですねえ、、機材やら、場所やら、アングル等の指示、
見ているだけで 「ドラマが出来るまでは大変な労力ね」 でもそれがヒットするかどうかは視聴者によるのも大変です。

2016大倉山記念館9.jpg
大倉精神文化研究所附属図書館
2016大倉山記念館24.jpg
図書室の書庫は、開架式で自由に見るとこができます
2016大倉山記念館25.jpg
ギャラリー
2016大倉山記念館26.jpg
ギャラリー内部

外観や装飾様式は、ギリシャ文明よりさらに古いクレタ・ミケーネ様式(プレ・ヘレニック様式)というそうで、円柱の上部が太く下部が細くなっているのが一番の特徴です。
あらゆる場所にこの特徴が見て取れます。

中央館の地下には、大倉邦彦が建物の建立に込めた思いを印した「留魂碑(りゅうこんひ)」が地中9mの深さに埋められています。

2016大倉山記念館23.jpg
階段側面のクレタ・ミケーネ様式の彫刻
2016大倉山記念館10.jpg
第1会議室内部
2016大倉山記念館11.jpg
地下ホールと会議室廊下
2016大倉山記念館12.jpg
地下中央階段裏の留魂礎碑

当時で総費用は約70万円、現在なら数十億円に相当する。 個人の建物で初めてですねえ、気が遠くなるわ^^^^^^。
個人的に一度だけ25年前、知り合いの不動産屋さんが家だけで10億する家を見に行きますか??って、恐れ多くも持ち主さんと親しいのだそうで見学させていただきました。
当時、財を成した方だそうでそれはそれは、立派、御屋敷の門はエッチング、玄関までのたたきは御影石、眩しかったですわ、自家用車は外車ばかり、ベンツからBMW,
ベントーレまで7台ありました。 派手な車は無くシックだった記憶があります。
どなたさまがお使いに成るのでしょうか??だって、ご家族は3人と聞きました。

ご主人、奥様のそれぞれの応接間、日本庭園と洋風な薔薇の咲き誇っているイングリッシュ・ガーデン、素敵な家具、何と言ってもキッチンには、特に目を見張りました。
ダニエルの家具に40名用のパーテイが出来るウエッジウッドの食器、ずら^^^^とそれは立派でした。 お客様の時はホテルからシェフがやってきて作るとか。
別にあるダイニングルームは、調度品も含めて重厚で厳か、そして温かい感じでした。 

しかし、奥様は奢ったところが無い、真っ白いレースのエプロンで迎えて下さり大変恐縮したものです。
これぞ御屋敷って感じでした。 は^^^と溜息でしたが、全員住込みのお手伝いさんや、庭師、書生さん達の丁寧なご挨拶にも感激でした。
前の日がお嬢様の結納とかで床の間には、横山大観の赤富士の絵の下にうず高く積まれていました。

たまにお宅の前を通ることも有り 「皆さまお元気かしら??」 って気になりますが、呼び鈴をピンポ^^^^ンは出来ませんわ。


大倉山公園は梅林で有名ですが、公園の周囲には桜の木も植えられています。記念館の横の道を進み、梅林に向かいます。

東京は3/21、横浜は今日3/23に桜の開花宣言がだされましたが、公園内の桜もほころび始めていました。

2016大倉山記念館13.jpg
記念館前庭広場
2016大倉山記念館14.jpg
大倉山公園梅林
2016大倉山記念館15.jpg
梅林内の桜並木
2016大倉山記念館16.jpg
ほころび始めた桜

駅前商店街の大倉山エルム通りは、街のシンボルの「大倉山記念館」をイメージして、ギリシャ風の白い外壁のおしゃれな建物がずらっと立ち並びます。

2016大倉山記念館17.jpg
坂道を下って大倉山駅へ戻ります
2016大倉山記念館18.jpg
電柱もない美しい佇まいの大倉山エルム通り
2016大倉山記念館19.jpg
記念館の意匠とイメージで統一した街並み
2016大倉山記念館20.jpg
白いギリシャ風の外壁の重厚な佇まいが美しい

帰りは遠回りして、 大倉山から新横浜「イケア」 まで、 ここにしか売っていないタオルも手に入れてルンルンで帰宅。
平日なのに人混みで迷子になりそう、また広い店内も何処を通れば出口なのか、大変でした。

2016大倉山記念館21.jpg 2016大倉山記念館22.jpg

【敬老パスルート】
新羽駅→(市営41)→大倉山駅前→大倉山記念館→梅林→エルム通り→大倉山駅前→(市営41)→新開橋バス停→IKEA→(シャトルバス)→新横浜駅

posted by ほがらかさん at 23:32 | Comment(0) | .レジャー 敬老パスの旅

2016年03月22日Tue

03/22 金沢動物園〜草食動物の楽園

一週間ウオーキングを兼ねてあちら、こちらへとフラフラ。 桜開花のニュースも有るのに寒^^^い。
散策ルートをグーグルマップでご覧になれます

2016金沢動物園2.jpg横浜市にある動物園で最後に訪れた金沢動物園、ズーラシア、野毛山動物園、これで全部制覇。
ヤッパリ動物の表情は癒してくれますねえ。3つの動物園の中では、規模はズーラシアと野毛山動物園の中間です。

金沢文庫は昔から御屋敷町と聞いていましたが、広大な山全体が動物園エリア(有料)、公園エリア(無料)に分けてある自然公園です。

2016金沢動物園1.jpg
金沢動物園
2016金沢動物園32.jpg
動物園行の急行ZOOバス
2016金沢動物園31.jpg
菜の花畑の向うに公園エリアのローラーすべり台
2016金沢動物園33.jpg
ローラーすべり台先の白い山桜

公園エリアにある「こども広場」には、斜面を利用した100mのローラーすべり台とアスレチック遊具、バーベキュー広場があり、動物園を見たあと公園エリアで子供を遊ばせることもできます。

まだ花の少ない時期に、丘一帯が黄色い菜の花、気分もパーッと明るくなりますね。
頂上から見る金沢八景の海方向は、そこまで春が来ている空の色でした。

土日祭日は動物園入口までバス便がありますが、公共の乗り物は便利が良いわりには、本数が少ない。

園内に入り、リトルワールドな動物の人形たちが歌い踊る「なかよしトンネル」を抜けると「わくわく広場」、色々なイベントや飲食・物販ブースが出迎えてくれます。

2016金沢動物園9.jpg
なかよしトンネル
2016金沢動物園10.jpg
わくわく広場
2016金沢動物園11.jpg
ミニ新幹線「はやぶさ」乗車体験
2016金沢動物園12.jpg
手作りおもちゃやアクセサリーの展示販売ブース

園内は生息地別にアフリカ区、オセアニア区、ユーラシア区、アメリカ区の4大陸に分かれて展示されていて、コアラ、ゾウ、キリン、サイ、オカピなど世界の希少草食動物を中心に飼育されています。

【アフリカ区】
直進すると、最初の動物であるモモイロペリカンに会うことができます。

2016金沢動物園3.jpg
ミモザの鮮やかなイエローが映えるアフリカ区
2016金沢動物園4.jpg
モモイロペリカン

金沢動物園にもオカピがいます、広場で草を食べていましたがゆったり、のっしり、よく見ると耳が非常に大きく、遠方の危険を察知するのっでしょうか??

管理されているのでとても綺麗ですねえ、1901年にサバンナで発見されたらしい。
日本でオカピが見れるのは上野動物園と横浜ズーラシアとここ金沢動物園の3か所のみです。

キリンの体型って、殆んど胴体は長くやっぱり首はながい??4頭いましたがきっと親子なのでしょう、母キリンのそっくりなマネで食べている姿はまるで子育てと同じです。

同じようにカンガルーもママの袋の中に入りたくて、「入れてよ!!」って、声が聞こえそうですが入らせないで保育をしています。

2016金沢動物園5.jpg
絶滅寸前のヒガシクロサイ
2016金沢動物園6.jpg
母親に甘えるキリンの親子
2016金沢動物園7.jpg
野生では一度絶滅したアラビアオリックス
2016金沢動物園8.jpg
珍しい動物オカピ

こんな親子の会話が微笑ましかったですわ、
パパ 「ねえ^^オカピの尻尾可愛いねえ、
    僕の尻尾は何処にあるの??」
僕 「え^^とね、え^^と、何処にある??」

真面目にパパに言っている言葉が可愛い。
口も良く回らないお子ちゃま言語で可愛いわねえ、こうやって成長し、言葉も覚えるのですね。

【オセアニア区】
オセアニア区の人気はコアラ、1日の大半を寝て過ごすそうですが、お昼の餌の時間(ユーカリの葉を換える時間)は起きている(起こされている?)ことが多いそうです。

愛くるしい顔がぬいぐるみみたいで、つぶらな瞳、大人のコアラも可愛いですが、子どものコアラには敵いませんネ。
毎日忙しくしていますが、動物を見ていると反省です。 でもねえ、急ぐこともないのに何かそわそわ、いつも動いている、ま^^^早く言えば落ち着きが無い??

2016金沢動物園13.jpg
コアラ舎
2016金沢動物園14.jpg
飼育員に支えられて木登り
2016金沢動物園15.jpg
ママの背中に乗りユーカリの葉を食べる子供のコアラ
2016金沢動物園16.jpg
のんびりと日向ぼっこをするカンガルー

【ユーラシア区】
続いてユーラシア区です。子供たちに大人気のインドゾウ、オスのゾウが、これまでいろんな動物園で見た中でも最強クラスに大きくて、迫力あるキバを持っていました。

丁度、動物園わくわく体験「ゾウのキバにさわってみよう」の最中でした。

2016金沢動物園17.jpg
インドゾウ
2016金沢動物園18.jpg
動物園わくわく体験
2016金沢動物園25.jpg
タンチョウ
2016金沢動物園19.jpg
シロテテナガザル

絶滅品種の中でも、特に種の保存が大切です。  大平原で、自由自在に疾走するサバンナの動物、本当に見たい。
赤字の動物名:国内では金沢動物園のみ展示している動物です)

2016金沢動物園21.jpg
世界最大の野牛ガウル
2016金沢動物園22.jpg
ベアードバク
2016金沢動物園26.jpg
スーチョワンバーラル
2016金沢動物園20.jpg
インドサイ

【アメリカ区】
アメリカ区には、ポニーやヤギ、ヒツジなどがいる「ほのぼの広場」や、「ロッキーマウンテン」という大きな岩の山があります。

ほのぼの広場では、NHKの子ども番組に出ているメーコブのモデルになったジャコブヒツジと触れあえます。

2016金沢動物園28.jpg
ほのぼの広場
2016金沢動物園30.jpg
ジャコブヒツジ

ロッキーマウンテンでは、正面の岩場にオオツノヒツジ、左にシロイワヤギ、下に大草原で暮らすアメリカプロングホーンが生活しています。

2016金沢動物園27.jpg
アメリカ休憩所
2016金沢動物園29.jpg
オオツノヒツジ
2016金沢動物園23.jpg
アメリカプロングホーン
2016金沢動物園24.jpg
シロイワヤギ

動物は、種類も多くは飼育はしていませんが、生後間もない赤ちゃんから、小学低学年までには充分で全体がお子ちゃまランドです。

【敬老パスルート】
上大岡駅→(市営64)→磯子駅前→(京急4)→金沢文庫東口/西口→(京急文2)→夏山坂上バス停→金沢動物園→(京急文21、急行)→金沢文庫西口/東口→(京急4)→磯子駅前→(京急磯6)→上大岡駅
posted by ほがらかさん at 14:56 | Comment(0) | .レジャー 敬老パスの旅

2016年03月18日Fri

03/18 春を感じに三溪園散策

真っ青な空にウキウキ、三溪園まで。
散策ルートをグーグルマップでご覧になれます

2016三溪園1.jpg名前の由来の三溪園とは、生糸で財をなした原 富太郎氏が、雅号の三溪を付け、三溪園になり横浜市に寄付されている。

私と同じ年齢で逝去され、若くして財をなし、あれだけの文化的財産を残されたのですねえ。
記念館には彼の残した偉大な足跡を順を追って展示されている。 記念品、それに絵心がある人で、若い画家のパトロンでもあったようです。

2016三溪園2.jpg
正門門柱
2016三溪園3.jpg
大池と旧燈明寺三重塔
2016三溪園4.jpg
旧燈明寺三重塔(重文)
2016三溪園5.jpg
鶴翔閣(市文化財)

国の重要文化財建造物10棟、横浜市指定有形文化財建造物3棟を含め、17棟の建築物を有し、起伏に富んだ山あり、谷あり、川あり、池あり、三溪園の土地は、原富三郎三渓の養祖父である原善三郎が明治元年頃に購入したものです。

2016三溪園6.jpg
内苑入口の御門(市文化財)
2016三溪園7.jpg
臨春閣玄関前で記念撮影中の新婚カップル
2016三溪園8.jpg
臨春閣(重文)全景と振袖姿の外人モデル
2016三溪園9.jpg
臨春閣内部、狩野探幽はじめ狩野派絵師による障壁画

単に各地の建物を寄せ集めただけではなく、広大な敷地の起伏を生かし、庭園との調和を考慮した配置になっています。

2016三溪園10.jpg
旧天瑞寺寿塔覆堂(重文)と咲き終わった白梅
2016三溪園11.jpg
月華殿(右、重文)・天授院(左奥、重文)
2016三溪園12.jpg
聴秋閣(重文)
2016三溪園13.jpg
春草廬(重文)

園内にある国の重要文化財建造物10棟は、全て京都など他都市から移築した古建築であり、移築自体に本来の価値に対する評価を投げかける意見もありますが、
中には現地で荒廃していた建築物を修復して移築したものも含まれているそうです。

2016三溪園22.jpg
春草廬の屋根の上に満開の大寒桜
2016三溪園18.jpg
蓮華院と竹林
2016三溪園14.jpg
旧矢箆原家住宅(合掌造り、重文)
2016三溪園15.jpg
黒光した柱や煙の匂いが当時の生活を偲ばせる

400年を経ている建造物、風雪に耐え木の年輪をむき出しにしている廊下や雨戸、触らないようにって書いてあるけど思わず木肌を撫でて見ました。
何とも優しく暖かい温もり、表面はつるつる、木のトゲなど手には感触がありません。

2016三溪園16.jpg
旧東慶寺仏殿(重文)
2016三溪園19.jpg
寒霞橋の先に横笛庵
2016三溪園20.jpg
鴨や鯉に餌をあげられます
2016三溪園21.jpg
大池と浮島の東屋涵花亭

本来ならば、桜のピンクの花の下で懐石弁当を開きたいところですが・・・・・見渡す限り、花の季節にはちょっと早く、古にタイムスリットやっぱりおにぎり、たくあんでしょう!!
ほがらかおじさん、今日はこれだけね??って、でもねえリュックに背負って持参ですよ!!
熱々のコーヒーと、デザートは何故かチョコレートコーテイングのヨック・モック、彼方に見える3重の搭をおかずに、しばし古の世界に浸ってきました。 

2016三溪園17.jpg
旧燈明寺本堂(重文)
2016三溪園23.jpg
三溪記念館
2016三溪園24.jpg
原三溪の絵画、臨春閣の襖画など所蔵品の展示
2016三溪園25.jpg
記念館前の春の七草

好天気の結婚式前の写真撮影5組拝見、どのカップルも本当に綺麗。
思わず超可愛いお嫁さんと、今人気絶頂の俳優、デイーン・フジオカさんにそっくりのカップルに思わずパチリ。

スエーデンからモデルさんを連れて三溪園での写真撮影、聞くとどうも日本の宣伝に使うそうです。
日傘の色が気になるけど振袖姿がとてもチャーミング、それに日本人と変わらぬ背丈不思議に金髪とよく映えます。

帰りに中華街に寄り道。なかなか手に入らなかった中国黒酢調味料「鎮江香醋」を中国物産店で見つけ早速購入。

2016三溪園26.jpg
横浜中華街
2016三溪園27.jpg
中華街のシンボル関帝廟
2016三溪園28.jpg
北京ダックの食べ放題
2016三溪園29.jpg
中華食材・中国物産の店

【敬老パスルート】
桜木町駅→(市営8・148)→本牧三溪園前バス停→三溪園→本牧バス停→(市営8・148)→中華街入口バス停→中華街→中華街入口バス停→(市営8・148)→桜木町駅
posted by ほがらかさん at 15:37 | Comment(0) | .レジャー 敬老パスの旅

2016年03月16日Wed

03/16 ズーラシア・アフリカのサバンナゾーンが凄い!

よこはま動物園ズーラシアは、神奈川県横浜市旭区にある動物園です。正式名称は「横浜市立よこはま動物園」。
散策ルートをグーグルマップでご覧になれます

2016横浜ズーラシア1.jpg“ズーラシア ” という名称は、動物園 とユーラシア を合わせた造語で、1996年に市民公募によって選ばれました。
「ユーラシア大陸の様に広大」 という意味が込められているそうです。

ズーラシアは「アジアの熱帯林、亜寒帯の森、オセアニアの草原、中央アジアの高地、日本の山里、アマゾンの密林、アフリカの熱帯雨林、アフリカのサバンナ」の8つのゾーンで構成されています。

昨年4月にオープンしたばかりの「アフリカのサバンナ」ゾーン・・・前回はお仲間さん達と一緒でしたが、まだ完成していなく、今日が初めてです。

大きなの象のオブジェに迎えられて気分はジャングル、写真を買う、買わないは別として、さっそく頭の被り物付きでパチリ。

2016横浜ズーラシア2.jpg
ゾウのオブジェの前で
2016横浜ズーラシア3.jpg
訓練中のインドゾウ
2016横浜ズーラシア4.jpg
ボルネオオランウータン
2016横浜ズーラシア5.jpg
スマトラトラ

隈なく園を回り、疲れたらオカピの動物バスに揺られて回る、のんびりゆったり、何だか動物の気持ちになったようで歩く姿もノッシ、ノッシと・・・・・いつもですが。
このバスは目が動くのですよ、あくまで子供達を楽しませるようにできています。

春休み前なので園内はかなり空いているが、お子ちゃまが多いこと、目を輝かせて動物に、「こんにちわ^^^^」 手を振ったり、背伸びして感激しています。

2016横浜ズーラシア6.jpg
オカピ型の園内バス
2016横浜ズーラシア7.jpg
ウンピョウ
2016横浜ズーラシア8.jpg
インドライオン
2016横浜ズーラシア9.jpg
アムールヒョウ

ヒョウの一種でウンピョウ、これは体の毛皮模様が雲を連想させるので雲ピョウって言うらしい、トテモ綺麗なヒョウです。
猛獣がガラス窓に突進してくるのは迫力がありますね、おもわずウア^^^って顔をそらしました。

2016横浜ズーラシア10.jpg
ジャングルカフェ
2016横浜ズーラシア11.jpg
フンボルトペンギン
2016横浜ズーラシア12.jpg
バックヤードのツヨシ君が気になるジャンブイ君
2016横浜ズーラシア13.jpg
カンガルーの餌やり

オスと間違われていたホッキョクグマの「ツヨシ君」(メス13歳)が、今年3月1日にズーラシアに嫁入り、昨日から3月19日のお披露目までプレミアム見学会です。
まだ慣れていないようで、ちょっとうつ状態、動物でもキット、ストレスがあるのですね。

一番の人気はシマウマのようでシマウマでない、オカピ、何とも不思議です、地球上にはまだ見ない、知らない動植物で溢れているのですねえ。
この 「青くて美しい地球」 を守っていくのも私達の役目です。

2016横浜ズーラシア14.jpg
オカピ
2016横浜ズーラシア15.jpg
オージーヒルレストラン
2016横浜ズーラシア26.jpg
ころころ広場のおかめ桜
2016横浜ズーラシア27.jpg
幻想的なピンクの世界
2016横浜ズーラシア22.jpg
園内バス乗り場
2016横浜ズーラシア23.jpg
園内バスの車内

見どころは日本初!4種類混合展示!、アフリカのサバンナをイメージして草原エリアでキリン・シマウマ・エランドと、肉食のチーターの放し飼い、クロサイとライオンは見えない堀で分離し、同じ草原にいるかのように見えるようになっています。

それぞれのゾーンの周りにはかなり深い堀がめぐらされているけど、シマウマがその上を歩いていますが良く落ちないものだと感心です、平衡感覚が素晴らしい。 生き抜くためには必需なのかもね。

2016横浜ズーラシア24.jpg
バードショー広場
2016横浜ズーラシア16.jpg
アフリカのサバンナゾーン
2016横浜ズーラシア17.jpg
グラントシマウマ
2016横浜ズーラシア19.jpg
チータとエランド

ライオンも、チーターも手入れされているのでとても綺麗です、でもねえ、連日の雨で広場は泥んこだったのでしょう、シマウマが白い所が無いぐらい汚れていました。大地に寝転がったりひょっとして、人間と同じ格好??

2016横浜ズーラシア18.jpg
ミーアキャットの餌やり
2016横浜ズーラシア25.jpg
リカオン
2016横浜ズーラシア20.jpg
ヒガシクロサイとシマウマ
2016横浜ズーラシア21.jpg
ライオン

周りを見ても完全にピクニック状態、あちこちでお弁当を広げて楽しそうですわ、 私達もサンドイッチとコーヒー、デザートにミルフィーユ持参。 
あまり好きでないサンドイッチですが燦々と輝く太陽の下で食べるのは実に美味しい、贅沢ですわ、これって気分で食べる???

【敬老パスルート】
戸塚駅⇔(神中 戸17・戸19)⇔三ツ境駅南口/北口⇔(相鉄 旭24・旭25)⇔よこはま動物園
posted by ほがらかさん at 23:05 | Comment(0) | .レジャー 敬老パスの旅

2016年03月15日Tue

03/15 横浜市歴史博物館と大塚・歳勝土遺跡訪探

歴史をひも解く企画展と遺跡訪探で、4000年前にタイムスリット。 知らなかったわ^^^、横浜に遺跡が有る事を初めて知りました。

2016大塚歳勝土遺跡13.jpg港北ニュータウンの中心部、センター北駅から徒歩5分にある横浜市歴史博物館と大塚・歳勝土遺跡に行ってきました。
こんな処に遺跡?と思わせる、周りの開発が進んで、なんだか不思議な一角です。

先日横浜市金沢区の称名寺に行きましたが、称名寺貝塚は今からおよそ4000年前の縄文時代後期の貝塚です。
称名寺は鎌倉時代に創建されたお寺ですが、その周辺に縄文時代の貝塚が眠っているのです。

2016横浜市歴史博物館1.jpg
横浜市歴史博物館
2016横浜市歴史博物館2.jpg
受付を済ませ2F展示室へ
2016横浜市歴史博物館3.jpg
企画展「称名寺貝塚〜土器とイルカと縄文人」
2016横浜市歴史博物館4.jpg
縄文時代後期の貝塚分布と海岸線の変遷

発掘調査ではイルカや魚の骨が大量に出土し、シカの角で作った銛や釣針などの漁具も見つかりました。

この地で暮らした縄文人は海にこぎ出してイルカや魚をとり、遠く離れた土地と行き来していたのです。
縄文人の暮らしぶりが伺えます。

2016横浜市歴史博物館5.jpg
第T部 土器からみた称名寺貝塚の変遷
2016横浜市歴史博物館6.jpg
称名寺貝塚から出土した貝・魚類の骨
2016横浜市歴史博物館7.jpg
貝塚から出土した石器
2016横浜市歴史博物館8.jpg
第II部 称名寺土器の時代

称名寺貝塚で見つかった土器から、縄文時代後期初頭の土器型式を「称名寺式土器」と呼んでいます。
この称名寺式土器は、西日本からの影響を受けて作られたと考えられているそうです。

常設展は「横浜に生きた人々の生活の歴史」をテーマにして、三万年近い歴史を原始から近現代まで6つの円形の展示室に分け、時代に沿って横浜の歴史が手に取るようにわかる展示がされています。

2016横浜市歴史博物館9.jpg
常設展示室
2016横浜市歴史博物館10.jpg
展示室マップ
2016横浜市歴史博物館11.jpg
原始T(自然の恵みの中で生きる)
2016横浜市歴史博物館12.jpg
原始U(稲作と争いの始まり)、大塚・歳勝土遺跡模型

横浜市域にて出土した土器、埴輪をはじめ様々な文化財や、ジオラマ・模型の展示のほか、横浜2万年の歴史を15分の映画で紹介する「歴史劇場」があります。

展示文書から、「横浜村」の名称が初めて登場するのは、室町時代中ごろと知りました。

2016横浜市歴史博物館13.jpg
古代(古代国家誕生、都筑群衛をめぐる人と物)
2016横浜市歴史博物館14.jpg
中世(戦乱の中に生きる)
2016横浜市歴史博物館15.jpg
近世(東海道と宿場の繁栄)
2016横浜市歴史博物館16.jpg
近現代(横浜開港と人々の暮らし)


国指定史跡の大塚・歳勝土遺跡公園は、今から約2000年前の弥生時代のムラとお墓の跡です。
外からの敵を防ぐために周囲には濠が廻らされ、当時は100人くらいの人々が暮らしていたようです。

2016大塚歳勝土遺跡1.jpg
大塚・歳勝土遺跡公園
2016大塚歳勝土遺跡2.jpg
遺跡公園マップ
2016大塚歳勝土遺跡3.jpg
大塚遺跡、竪穴住居7棟、高床倉庫1棟が復元されている
2016大塚歳勝土遺跡4.jpg
復元された集落を巡る環濠、土塁、木柵

遺跡内には、竪穴住居7棟をはじめ高床式倉庫、型取り遺構、木橋など(大塚遺跡)が復元され、

方形周溝墓とよばれる大塚遺跡に住んだ人々のお墓(歳勝土遺跡)もあり、低い四角形の盛り土と、その四辺を溝で囲んだ形が特長です。 

2016大塚歳勝土遺跡5.jpg
竪穴住居
2016大塚歳勝土遺跡6.jpg
竪穴住居の内部
2016大塚歳勝土遺跡7.jpg
竪穴住居の型取り遺構
2016大塚歳勝土遺跡8.jpg
歳勝土遺跡、復元された方形周溝墓

園内には都筑民家園もあり、都筑郡牛久保村にあった旧長沢家住宅を移築復元しています。

18世紀中ごろに建てられた旧長沢邸は、名主を勤めていただけあって、十畳二間の畳み敷きの部屋、板敷きの二間、囲炉裏のある広い板の間、炊事場のある土間があり、とても大きな古民家です。

ボランテイアさんは、昔のお百姓さん宅は畳の部屋なぞ無かったと説明されていました。

2016大塚歳勝土遺跡9.jpg
都筑民家園(旧長沢家住宅)
2016大塚歳勝土遺跡10.jpg
囲炉裏のある居間
2016大塚歳勝土遺跡11.jpg
土間と台所のカマド
2016大塚歳勝土遺跡12.jpg
主屋の隣に建てられた茶室
2016大塚歳勝土遺跡14.jpg
民家園上の草地広場の桜
2016大塚歳勝土遺跡15.jpg
鐘状の緋紅色の寒緋桜

離れに茶室もありましたがどなたか 「ひそ・・・ひそ・・・」 と部屋の中はまったく覗くことはできません、ひそかに想像するだけです。

「歴史博物館のボランテイア募集中」 でした。 発掘調査などまだまだ解明には時間が掛るようですが、体型的に無理で、残念ながら腰を折っての作業は難しい。  

どれも管理が良く行き届き、古いものを大切に次世代に残す事は素晴らしい。

【敬老パスルート】
戸塚駅⇔センター北駅⇔横浜市歴史博物館
posted by ほがらかさん at 23:37 | Comment(0) | .レジャー 敬老パスの旅

2016年03月02日Wed

03/02 横浜の浄土式庭園 称名寺散歩

久し振りに見る綺麗な富士山に気分もお出かけモードで金沢八景まで。
散策ルートをグーグルマップでご覧になれます

富士山と丹沢の山並み
富士山と丹沢の山並み
2016金沢八景17.jpg
金沢シーサイドライン
2016金沢八景18.jpg
海の公園柴口駅の案内標識

金沢シーサイドラインで無人駅の海の公園駅、山側に金沢文庫・称名寺、海側に海の公園、綺麗に管理されている。

称名寺は、横浜金沢区にある真言律宗別格本山の寺院で、創建時期については確実なことは判っていませんが、1258年(正嘉2年)北条実時が六浦荘金沢の居館内に建てた持仏堂(阿弥陀堂)がその起源とされています。

2016金沢八景6.jpg
称名寺の浄土式庭園
2016金沢八景2.jpg
境内マップ

金沢北条氏の菩提寺で、境内は国の史跡に指定され、赤門、仁王門、金堂、釈迦堂などがあります。
質朴な赤塗りの赤門をくぐると、石畳の参道がつづき、やがて丘陵を借景にした、関東でも数少ない広大な浄土式庭園がひろがります。

2016金沢八景1.jpg
朱塗りの赤門(惣門)の先に参道が続く
2016金沢八景3.jpg
桜並木の石畳参道の突き当りには仁王門
2016金沢八景4.jpg
参道途中にある横浜市最古の建造物、光明院の表門
2016金沢八景5.jpg
仁王門と大ケヤキ、高さ4mの仁王像は関東最大

仁王門を入ると、目の前に阿字ヶ池が広がり、そこに中之島を挟んで反橋から平橋と架かり、その向こうが金堂という典型的な浄土式庭園で、奥州平泉毛越寺の伽藍配置を思わせます。

境内には樹齢800年を超えるイチョウなどの名古木があり、四季折々の風情が楽しめます。
歌川広重が描いた金沢八景のひとつ「称名の晩鐘」はここの鐘楼。

2016金沢八景15.jpg
庭園の反橋と池のほとりの三本の大イチョウ
2016金沢八景16.jpg
阿字ヶ池と一直線に並ぶ反橋・平橋・金堂が美しい
2016金沢八景11.jpg
本堂の前にある鐘楼と梵鐘(重文)「称名の晩鐘」
2016金沢八景12.jpg
阿字ヶ池越しにみる平橋・反橋・仁王門

住職さんの話しでは一度も火災の被害はなく、約700年ぐらい前に建立されたらしいが350年前に一度立て替えてあるとの事、でもねえ、風雪に耐えているお堂は木も所々穴が開いている??でもいい味を出していいる木です。

2016金沢八景7.jpg
金沢三山(金沢山・稲荷山・日向山)を背に建つ金堂
2016金沢八景8.jpg
金堂内陣、本尊:木造弥勒菩薩立像(重文)
2016金沢八景9.jpg
金堂右に建つ茅葺き屋根の釈迦堂、風情満点です
2016金沢八景10.jpg
釈迦堂内陣、本尊:木造釈迦如来立像(重文)

参道のお店も寂しいかんじです、池には沢山の亀や鯉がいて、それに水鳥に交じって黒サギが一羽だけ、目立ちましたわ・・・水面を見ているだけでも飽きない。

称名寺の隣にある横浜でも歴史のある博物館と図書館が一体化した金沢文庫まで足を延ばしましたが、昨年12月14日、討ち入の日以来休館、再開は今月末日頃の予定だとか・・・・・・残念。

2016金沢八景13.jpg
境内から金沢文庫に続くトンネル
2016金沢八景14.jpg
鎌倉中世の歴史博物館「県立金沢文庫」
2016金沢八景19.jpg
赤門近くに咲いてた河津桜
2016金沢八景20.jpg
称名寺の門前にある薬王寺

金沢文庫の説明では、北条氏滅亡後は、菩提寺の称名寺に文庫の管理がゆだねられたが、寺運の衰退とともに蔵書も次第に散逸したそうです。
中でも徳川家康や前田綱紀の持ち出した数はかなりなものだと言われています。

【敬老パスルート】
上大岡駅→(市営64)→磯子駅前→(京急4)→聖天橋/新杉田駅→(シーサイドライン)→海の公園柴口→(徒歩)→称名寺→(徒歩)→寺町バス停→(京急4)→磯子駅前→(市営64)→上大岡駅
posted by ほがらかさん at 11:40 | Comment(0) | .レジャー 敬老パスの旅
関連コンテンツ