2020年11月26日Thu

11/26 房州の紅葉・海鮮料理・温泉巡りの旅

サトイモ掘りの後の畑の大掃除後、来年は西日本一周の旅で出るための車の準備を兼ねて4日間の房総半島半周の車中泊に出発。
2020房州の旅1.jpg
旅行ルート391kmの詳細をグーグルマップでご覧になるにはこちらをクリック
16年乗った愛車は8月で廃車、同じ車種の二代目の準備はちょっと構造が違うので同じようには利用できない。

前日から窓の内側を覆うカバーなどもサイズを計り再利用、三列目のシートを倒し、二列目との窪みを平坦にするための工夫、あれこれ結構楽しいです。

準備OK,出発を待つばかりです。

【1日目】(11/13(金)袖ケ浦市〜長南町〜睦沢町)
雲一点無い青空を東に向かい、海ほたるで休憩、昔食べた海ほたる饅頭、3種類の味を食べ比べ、いよいよ千葉県に。

2020房州の旅2.jpg
海ほたるPA(千葉側デッキ)
2020房州の旅4.jpg
展望デッキから千葉を望む
2020房州の旅3.jpg
展望デッキ広場(川崎側)
2020房州の旅5.jpg
海の中に突き出た風の塔

何処に行く当てでも無く、ハンドルの向くまま、気の向くままの旅は楽しいわねえ、一番嬉しいことは時間を気にしなくって良い事です。

2020房州の旅6.jpg
大海原を眺めながら足ゆ
2020房州の旅7.jpg
お土産「ウミナカプラザ」
2020房州の旅8.jpg
屋内無料休憩所「海が見える大回廊」
2020房州の旅9.jpg
海ほたる焼(小倉あん/小倉&チーズ/カスタードの3種)

定年まで勤務した会社の保養所以外ではどんなに遅くともたどり着けますが、初めて行くホテルやペンションでは遅くにチェックインすると食事が取れない事もあり、最近では車中泊がお気に入り。

今回は、新鮮で本当に美味しい魚を食べたいと計画、調べる事は無く何処か美味しいお店があるだろうと漠然と考えて出発したがいざ、食べたいとなると皆目解らない。

お助けマンの長女にラインで美味しいところ探してほしいと連絡すると2,3分で返事が来るからこれが安心ですわ。
何軒か探してくれたお店から選ぶのだが、探してくれる長女には申し訳ないが、結構適当に名前で美味しそう??と思った、袖ヶ浦の近くの漁協直送の魚の美味しい房州魚料理店 「わかせい」で、店主殿お奨めのランチ定食を。

2020房州の旅10.jpg
魚料理専門店「わかせい」
2020房州の旅11.jpg
3蜜を避けた店内
2020房州の旅12.jpg
地魚刺身&エンザラ煮付け
2020房州の旅13.jpg
地魚刺身&ミックスフライ

珍しい魚(エンザラ)の煮魚、魚類のフライ、共にお刺身も何点か付き、それは実が引き締まり、ぷりぷりとした食感が美味しく、魚の匂いもしないほど新鮮でお刺身の味を見直しました。
また白味噌のわかめ汁が味も良く味噌も滑らか美味しかったです。
駐車場のナンバープレートは他県が多く、海ほたるを渡ってまで食べに来るのね^^^と感心です。
次回にも訪れたい魚屋さんでした。

その後は 「笠森観音」 急な坂、階段をかなり登らなくては到着しないので、ほがらかおじさんだけがお詣り、駐車場には車があるけど人がいない、周りは山に囲まれ少し谷間です。
昼間でも暗いので怖い。

2020房州の旅15.jpg
笠森観音参道入口
2020房州の旅14.jpg
笠森観音周辺案内図

直ぐ降りてくるから待ってね、と言って登って行ったが一時間たっても降りて来ない。そのうち中学生の課外授業でしょうか?が引率の教諭に連れられて降りてきた時はにぎやかでほっとしました。

2020房州の旅16.jpg
女人坂
2020房州の旅18.jpg
表参道/熊野宮
2020房州の旅17.jpg
根元がつながっている名木「三本杉」
2020房州の旅19.jpg
子宝にご利益がある御霊木「子授楠」

笠森観音は、岩の上に建てられた観音堂で、日本でただ一つしかないめずらしい「四方懸作り」(しほうかけづくり)という様式で建立されていて、国の重要文化財になっています。

2020房州の旅20.jpg
二天門
2020房州の旅21.jpg
岩山の上に建つ笠森観音堂
2020房州の旅22.jpg
境内。紅葉には少し早かった、11月下旬が見頃らしい
2020房州の旅23.jpg
「すごくご利益がある」と評判の黒招き猫

観音堂を支える柱の構造と岩山を、間近で見ることができます。岩山の形状に合わせて柱の長さも調節されているのがわかります。

2020房州の旅26.jpg
観音堂右側面
2020房州の旅27.jpg
観音堂左側面
2020房州の旅24.jpg
観音堂本坊への登り階段
2020房州の旅25.jpg
観音堂から境内をみる

私達は後期高齢者、どうも体力的につらかったのか、または道に迷ったのかな^^^と心配でした。 お互い気を付け合いながらの旅です。

道の駅 「むつざわ つどいの郷」 に明るいうちに到着、遅くとも夕方5時には到着し、夜は運転しないことにしました。
ここはリニューアルで数年前に温泉が新設され、人気の高い道の駅です。 とにかく掃除が行き届きとても気持ちが良い。

2020房州の旅28.jpg
道の駅むつざわ つどいの郷
2020房州の旅29.jpg
施設案内図
2020房州の旅30.jpg
広々とした駐車場
2020房州の旅31.jpg
目前にショッピングモール

驚いた事に若い男性が町おこしで主導しているのでしょうかねえ掃除機も掛けて トイレの掃除もしています。 僕たちの街は自分たちで守らなくっちゃと言いたそうでした。

この一角には商店街や病院、銀行、郵便局、大きなスーパーもあり、生活の心配はないですねえ、やはり、大きな道の駅が出来れば町は活性化し潤ってきますねえ。

2020房州の旅32.jpg
温泉/総合案内/市場と並ぶ
2020房州の旅33.jpg
総合案内兼カフェ
2020房州の旅34.jpg
つどいの市場
2020房州の旅35.jpg
屋内トイレは24時間利用可

遅いランチだったのでお腹は一杯、少しの食材と冷たいビール、氷も頂いて冷やしておきます。

源泉かけ流しの、含よう素-ナトリウム-塩化物強塩冷鉱泉のお湯に 「いい湯だな^^^へへへえ^^^」 のんびり・・・そのあとの星空を見ながらのビールタイム??美味しかったです。

2020房州の旅36.jpg
むつざわ温泉 つどいの湯
2020房州の旅37.jpg
施設案内図
2020房州の旅38.jpg
大浴場(写真:公式HPより)
2020房州の旅39.jpg
露天風呂とつぼ湯(同左)


【2日目】(11/14(土)大多喜町〜君津市〜鴨川市〜館山市)
早めに出発、粟又の滝(養老の滝)の紅葉に夢膨らませたが期待はずれ、まだ半月は速いそうです。

でも急な階段を下りて、ひんやりする空気は澄んで美味しかったです。

2020房州の旅40.jpg
滝入口の目印「滝見苑」
2020房州の旅41.jpg
遊歩道マップ
2020房州の旅42.jpg
粟又の滝(養老の滝)入口
2020房州の旅43.jpg
滝への最後の急な階段

マイナスイオンをたっぷり含んだ新鮮な空気、何度も深呼吸、生き返ったような・・・・・・大袈裟かしら??

2020房州の旅45.jpg
遊歩道を滝へ進む
2020房州の旅46.jpg
粟又の滝と色付いた紅葉
2020房州の旅50.jpg2020房州の旅47.jpg

滝の水溜りには小魚が一杯、孵化したばかりかもしれませんが何の魚かは知りません。

2020房州の旅44.jpg
粟又の滝全景
2020房州の旅48.jpg
滝壺を慎重に歩く
2020房州の旅49.jpg
逆光に映える紅葉

さらに渓谷沿いを歩いてみます。
まだまだ遊歩道はつづきますが、ここでUターン。

2020房州の旅51.jpg
滝めぐり遊歩道を散策
2020房州の旅52.jpg
川面を覆うもみじ
2020房州の旅53.jpg
山腹の黄葉
2020房州の旅54.jpg
イチョウは見ごろ

下りた坂をフーフー言いながら登って滝見苑の売店「山猫」で一休み、
何処でも食べ比べているソフトクリーム、う^^ん お味は何処でも一緒かな??

うま辛いと書いてあるいわしの煮つけ、食べてみたかったむかご、師匠殿にもお土産。
生のコロコロしたむかごですが帰宅したら 「むかごごはん」 を作ってみよう。 説明書にはホクホクして美味しいらしい。

2020房州の旅169.jpg
山里のかき氷「山猫」
2020房州の旅58.jpg
ソフトクリーム
2020房州の旅57.jpg
山猫店内
2020房州の旅170.jpg
むかご(山芋の実)

車で養老の滝展望台にも・・・・山の上から見下ろすだけ、おずるで^^^^^す。

2020房州の旅55.jpg
養老の滝展望台
2020房州の旅56.jpg
展望台から滝を見下ろす

今年の8月にリニューアルオープンした養老渓谷観光センター、道の駅ならず山の駅喜楽里で、観光案内、地産の野菜なのど販売と食事処「やまびこ食堂」があります。

2020房州の旅59.jpg
養老渓谷観光センター
2020房州の旅60.jpg
磯辺焼き&あゆ塩焼き
2020房州の旅61.jpg
地産野菜の販売所
2020房州の旅62.jpg
食事処「やまびこ食堂」

焼きたての磯辺焼きを頬張る、醤油の味がまろやかでしたわ。

亀山湖・亀山ダムも散策。
湖でのフィッシングボートはたくさんあるが他には何の観光も無し、ダムの放水も見る事は出来ません。

2020房州の旅63.jpg
亀山湖・亀山ダム
2020房州の旅64.jpg
亀山湖周辺案内図
2020房州の旅65.jpg
亀山湖畔公園展望ベンチ、対岸は亀山温泉ホテル

でも湖のほとりの民家の庭先では人だまり、菊の花が展示用に仕立ててあり、余りの綺麗さにみなさん見学に訪れている。 見事な菊でした。

2020房州の旅66.jpg
亀山湖全景、右に豊田大橋
2020房州の旅67.jpg
民家の庭先の菊の花展示
2020房州の旅68.jpg
見事な仕立ての菊の花

おそいランチも昨日と同じように探してもらい、名前が気に入り、房総うまいのも屋 藤よしへ。

テーブル席や個室、団体客用の広い座敷などがある大きなお店です。席へは靴を脱いで上がります。

2020房州の旅69.jpg
房総うまいのも屋 藤よし
2020房州の旅70.jpg
待合処

ここも美味しく、「金目鯛生姜焼き丼」「鰺のたたき丼」「地魚しお天丼」の3つの丼がついてくる「おらが丼(房総三彩丼)」を注文し、色んな味を楽しみ、
一番お気に入りは 「鰺のたたき」 のお茶づけ、澄まし汁は上品でさらさらと何倍でも食べれそうでした。

2020房州の旅71.jpg
畳敷きの食事処
2020房州の旅72.jpg
数量限定メニュー
2020房州の旅73.jpg
おらが丼(房総三彩丼)
2020房州の旅74.jpg
ミニ海老天どん

行って見たかった房総フラワーライン沿いにある道の駅  「南房パラダイス」 に到着。

この道の駅は数年前に民間企業が買い取りハワイアン模様のテーマパーク 「アロハガーデンたてやま」 が併設され、
フラダンスショーが楽しめる全天候型のステージや、ハワイ料理を中心としたレストランがあります。
 
2020房州の旅75.jpg
道の駅 南房パラダイス
2020房州の旅76.jpg
アロハガーデンたてやま
2020房州の旅77.jpg
マルシェ(市場)
2020房州の旅78.jpg
ハワイ雑貨店

丁度夕日が沈む時だったので急いでパチリ。 日が落ちるのは速くてアットの間、カメラを取り出し構えてレンズを合わせる5分が勝負、何とか撮れましたわ。

2020房州の旅79.jpg
太平洋に沈む夕陽
2020房州の旅80.jpg
南国情緒たっぷり
2020房州の旅81.jpg
ビールで乾杯
2020房州の旅82.jpg
車中泊中の様子

期待していたのですが、残念ながら楽しいと思えなかったが、サーフィンをこよなく愛する人達の道の駅かもねえ。
閑散とした周りは残念ながらお奨めはできません。


【3日目】(11/15(日)館山市〜鋸南町)
見学するはずのアロハガーデンは 9時過ぎにオープンなので近くのファミレスで朝食です。
2020房州の旅87.jpgドライブしていると山間から上ってくる太陽にうっとり、

今日も一日お元気でと太陽からのメッセージは雲までが赤く染まり綺麗でした。
一日の始まりです。

平砂浦ビーチまでウオーキング、転びそうになります、砂はやっぱり歩くことには向いていません、危ないわ。

車に戻ると驚きです、早朝はガラガラだった駐車場が、サーフィンを楽しむ老若男女で夏の海水浴場を思い出す程の混雑ぶりです。

2020房州の旅83.jpg
平砂浦ウォーキングマップ
2020房州の旅84.jpg
平砂浦ビーチ
2020房州の旅85.jpg
早朝からサーファーで一杯
2020房州の旅86.jpg

ウエットスーツを着て小さなお子ちゃままでがいっぱしのサーファーです、ご家族で楽しまれていました。

アロハガーデンたてやまは、千葉県最大規模を誇る動植物園でもあります。
連続温室などの植物園、子供広場、ふれあい動物広場、特設ステージでハワイアンショーを楽しめます。

ヤシの木が南国っぽい雰囲気をしっかり出しています。

2020房州の旅88.jpg
アロハガーデンたてやま
2020房州の旅89.jpg
園内マップ
2020房州の旅90.jpg
アロハタワー
2020房州の旅91.jpg
カメハメハ大王像

園内は長さ300メートルの連続温室や高さ20メートルの大温室などがあり、

2020房州の旅92.jpg
連続温室入口
2020房州の旅93.jpg
南国ムード一杯の温室
2020房州の旅94.jpg
ドラゴンフルーツ
2020房州の旅95.jpg
ブーゲンビリア

熱帯・亜熱帯植物をはじめ、南国の代表の花、ハイビスカス、ブーケンビリアなど、四季折々に咲き誇る花、1年中味わえる南国フルーツなど、ハワイアンな雰囲気を満喫できます。

2020房州の旅96.jpg
高さ20メートルの大温室
2020房州の旅97.jpg
天井まで伸びる熱帯植物
2020房州の旅98.jpg
パパイアの実
2020房州の旅99.jpg
たわわに実ったバナナ

アロハZooエリアには、動物との触れ合いや、餌付け体験ができるふれあい動物広場やキッズ広場があり、家族連れで大賑わい。
鳥と触れ合ったり、カピバラにエサをあげたり、子供達も喜んでいました。

2020房州の旅100.jpg
アロハZoo園内マップ
2020房州の旅101.jpg
子供連れで賑わうふれあい動物広場
2020房州の旅102.jpg
ミニチュアホース舎
2020房州の旅103.jpg
キッズ広場

特設ステージ「フラテラス」で、フラダンスを楽しむ、入口に2体のハワイの守り神ティキがお出迎えです。

2020房州の旅104.jpg
特設ステージ フラテラス
2020房州の旅105.jpg
室内ステージ入口
2020房州の旅106.jpg
フラダンサーと記念写真
2020房州の旅173.jpg
リハーサル中の様子

フラダンスは、決して派手で激しい動きはありませんが、ゆっくりした手足の動作の中にも躍動感を感じ取ることが出来ます。

2020房州の旅171.jpg2020房州の旅172.jpg

フラダンスショー
20秒(29.9MB)

フィナーレwith観客
17秒(25.9MB)

90段のらせん階段を、上まで登るのは大変ですが、展望室からは美しい太平洋と伊豆大島の眺望を楽しむことが出来ます。

2020房州の旅107.jpg
アロハタワー
2020房州の旅108.jpg
最上階の展望室
2020房州の旅109.jpg
展望室からの眺め
2020房州の旅110.jpg
恋人の聖地

パンフレットにあるような心躍る催しはは見れなかっが、このコロナ自制ですもの仕方ないですね。
企業にとっては死活問題の新型コロナウイルス、何時終息するやら困ったものです。

美味しいお魚料理を求めてお助けマン長女に連絡、今度は漁港でお美味しいとの事、鋸南町 保田漁協直営食事処 「ばんや」を目指す。
朝採れお寿司と、アラ汁を注文、ま^^^^これは最高でした。

2020房州の旅111.jpg
保田漁協直営食事処ばんや
2020房州の旅112.jpg
待合所&机上メニュー
2020房州の旅113.jpg
食事処
2020房州の旅114.jpg
朝とれ寿司とアラ汁

色んな種類の魚のだし汁とアラとは言え、魚の身がたっぷりついている。
お寿司もネタの、こりこりとした食感は漁港ならでは??と思いました。 駐車場もレストランも満席で待ち時間は約40分、混みように驚きです。 ソーショル・デスタンスを守ろう。
満腹過ぎるお腹は苦しいーーーーーと思いながら、期待の道の駅 保田小学校へ。

温泉付きですが、今日は学校の??ホテルが満室、日帰り入浴時間が過ぎて利用できず。

近くの町営 「天然温泉 笑楽(わらく)の湯」 で人数制限の日帰り温泉です。
6年前天然温泉(含よう素-ナトリウム-塩化物冷鉱泉)を掘り当て、その後本館をリニューアルし、木材を多用したナチュラルな内装に生まれ変わりました。

3蜜を避ける取り組みで、一度に4人までしか入れませんが、何とも、ゆったり、まったりと温泉を楽しみました。

2020房州の旅115.jpg
笑楽(わらく)の湯
2020房州の旅116.jpg
旅館のような雰囲気の通路

何処もお掃除が行き届いてピカピカ、髪の毛一本見つからなかった、公共ですよ^^^お客様よりかなり多い従業員の方達の衛生に対する心がけでしょう。

熱くなると風呂のヘリに座り、 庭の植物を愛で、そよそよと吹く風が本当に心地良い、休憩所はレトロ、古き良き時代を堪能致しました

2020房州の旅117.jpg
木の香りいっぱいのテーブルカウンタースペース
2020房州の旅118.jpg
ゆったり過ごせる畳敷きの大広間
2020房州の旅119.jpg
和風で趣のある湯上がりスペース
2020房州の旅120.jpg
開放感のあるガラス張りの浴室(写真:公式HPより)

道の駅は、100年以上経っている古い小学校校舎をリホームしてあり、色んなお店もかなりあり、食堂は楽しいです。宿泊もできるというから驚き!

学校の雰囲気はそのままに、教室は食堂や遊び場、体育館はお洒落なマルシェに変身しました。

2020房州の旅123.jpg
道の駅 保田小学校
2020房州の旅125.jpg
きょなん楽市は旧体育館
2020房州の旅124.jpg
1F施設案内図
2020房州の旅134.jpg
2F施設案内図
2020房州の旅131.jpg
きょなん楽市(直売所)
2020房州の旅130.jpg
まちのコンシェルジェ

受付けは校長室で、常にコンシェルジェがいます。 テキパキとして気持ちが良いですねえ。

3年B組は中華レストラン、おしゃれなカフェ・バー、またピザの美味しいイタリアンレストラン、

お母さん達が運営する里山食堂では学校給食が食べられるメニューもあり、昔懐かしいアルマイトの食器でカレーやコッペパンが出てきます。

2020房州の旅132.jpg
里山食堂(おふくろ料理)の給食
2020房州の旅133.jpg
薪窯ピザ・イタリアンの給食
2020房州の旅135.jpg
中国料理 3年B組
2020房州の旅136.jpg
風土職人A'ma~ne

2F宿泊施設の廊下「まちの縁側」は、昼間は多目的スペースとして自由に見学できますが、夜は宿泊客専用となります。
客室のインテリアは教室風、部屋名には「5年1組」などクラス名が付けられたりと、なんともユニーク!!

2020房州の旅126.jpg
2F宿泊施設「学びの宿」
2020房州の旅127.jpg
宿泊施設廊下(まちの縁側)
2020房州の旅128.jpg
宿泊施設の客室
2020房州の旅129.jpg
入浴施設「里の小湯」

本来は道の駅ではアルコール類は売っていないのですがホテルも兼ねて居るので売店では売っています。 お酒の種類も豊富で呑兵衛には嬉しいですね。

2020房州の旅121.jpg
夜の道の駅
2020房州の旅122.jpg
車中泊中の様子


【4日目】(11/16(月)鋸南町〜金谷〜鋸南町〜木更津)
2020房州の旅137.jpgのんびりと翌朝はスープです、ランチはまた美味しいお魚を探してハンドルを握りま^^^す。

鋸山全体が日本寺の境内となっており、日本寺大仏・地獄のぞき・百尺観音像・千五百羅漢石像群などの見所も多い。

2020房州の旅142.jpg
東口駐車場
2020房州の旅139.jpg
日本寺案内図
2020房州の旅138.jpg
日本寺東口管理所
2020房州の旅140.jpg
入って直ぐの大黒堂

日本寺大仏は総高31.05m、座高21.3m、奈良の大仏16.2m、鎌倉の大仏10.6mをはるかにしのぐ日本最大の石製の大仏です。

2020房州の旅141.jpg
参道を少し上がると大仏様
2020房州の旅143.jpg
大仏広場
2020房州の旅144.jpg
日本寺大仏
2020房州の旅145.jpg

大仏広場に安置されているお願い地蔵尊は、さまざまな願いが叶えられるとされ、祈願する人の氏名を書いた小さなお地蔵様が多数奉納されています。

2020房州の旅146.jpg
お願い地蔵尊
2020房州の旅147.jpg
大仏を後に薬師本殿へ
2020房州の旅148.jpg
薬師本殿への参道
2020房州の旅149.jpg
薬師本殿(醫王殿)

東京湾フェリー金谷ターミナルのレストラン&マーケットプレイス「ザ・フィッシュ」では、バームクーヘンが有名とか、焼いているもの私達が見ている場所では全部バウムクーヘン、美味しかったのでお土産に3段重ねバウムクーヘンを2個求める。
美味しそうなアジの干物13枚、誰が食べるのよ??新鮮で出来立てのほやほやの干物お土産も兼ねています。

2020房州の旅150.jpg
食事処・お土産処「ザ・フィッシュ」
2020房州の旅151.jpg
お土産処「おさかな市場」
2020房州の旅152.jpg
バウムクーヘン工房「見波亭」
2020房州の旅153.jpg
バウムクーヘンの試食

ランチはヤッパリ漁港が良いらしい、昨日と今朝の金谷漁港の2か所行きましたが、もう一度、昨日と同じ保田漁港でばんやの本館で食べました。

ランチは今日もお腹一杯、金目鯛の一匹煮物、大皿からはみ出していましたが味付けがまた絶品、慣れているのねえ
大きな金目鯛一匹を煮るお鍋がありません、やっぱり食べて帰るべし、あら汁も一緒です。

2020房州の旅154.jpg
保田漁協ばんや本館
2020房州の旅155.jpg
本日のおすすめ
2020房州の旅156.jpg
食事処
2020房州の旅157.jpg
金目鯛姿煮定食

レストランを出てすぐに太刀魚の干物、いわしの干物、いかの一夜干し等を作り手作業で天日干しです。
珍しくて太刀魚の干物を買ったのですが、あの長い一本なのでどうやって持って帰るの??さすが手慣れたもので、さっさと長いビニール袋、保冷材を入れて、またまたビニールでぐるぐる巻き
これでは溶ける暇はありません。

2020房州の旅158.jpg
保田漁協直営おみやげ
2020房州の旅159.jpg
ひもの・丸干し

海ほたるに乗る前に、「三井アウトレットパーク木更津」 に寄ってみた。
初めて来たのですが、ほとんどの三井アウトレットパークの造りは似ているので、あまり迷うことなく1時間ぐらいショッピングを楽しめましたがお目当ては無し。

2020房州の旅160.jpg
三井アウトレットパーク木更津
2020房州の旅161.jpg
クリスマスツリー
2020房州の旅162.jpg
広場
2020房州の旅163.jpg
観覧車

サングラスが欲しいけど、どのファションメーカーもあまりにも奇抜で、ファッション・ショウを見ているような形ばかりでした。
現実的では無いので。元おねい様には似合いません、残念。

2020房州の旅164.jpg
総合案内
2020房州の旅165.jpg
フードコート
2020房州の旅166.jpg
ガーデンテラス
2020房州の旅167.jpg
子供広場

2020房州の旅168.jpg海ほたる、高速を利用して我が家には40分足らず、渋滞にも巻き込まれることなくルンルンで、美味しかったお魚料理ともお別れ、

でもまた、ベイブリッジに映える美しい夕焼けに心打たれました。

♪♪ 明日からまた 頑張りましょう ♪♪
posted by ほがらかさん at 02:27 | Comment(0) | 国内旅行 関東

2019年09月21日Sat

09/19 群馬ぐるっと温泉旅

2019万座渋川1.jpg昨年同様に遅い夏休みを群馬県で温泉巡り、4日間の起きては温泉、寝ても温泉、冷えたビールで庄助さん、楽しみました。

旅行ルート588kmをグーグルマップでご覧になるにはこちらをクリック


9月16日(1日目)渋川〜前橋〜北群馬吉岡町
雨の中、早朝群馬に・・・・
ネットで調べた8月9日名前も変えてオープンした渋川天然温泉 「花湯スカイテルメリゾート」 へ

源泉かけ流しと言われて楽しみでした、本当に天空にあるような錯覚であたかも周りは海のような感じでした、

2019万座渋川2.jpg
花湯スカイテルメリゾート
2019万座渋川7.jpg
宇宙船のような温泉
2019万座渋川8.jpg
最上階の浴室入口
2019万座渋川3.jpg
休憩処からの眺め

つまりぐるっと丸い広いガラスには下がスリガラス、あえて見えなくてするガラスで上層部を見ていると不思議な感覚でした。

2019万座渋川6.jpg
2019万座渋川5.jpg
はるなの湯(男湯)露天風呂
2019万座渋川4.jpg
あかぎの湯(女湯)大浴場
《温泉写真:ニフティ温泉

昨年も来て美味しかったぶどう園「あかぎおろし」 で葡萄の食べ比べ、やっぱり一番おいしかった「シャインマスカット」 を購入。

2019万座渋川9.jpg
観光農園 あかぎおろし
2019万座渋川10.jpg
ぶどう狩り受付の家族連れ
2019万座渋川11.jpg
ぶどう販売コーナー
2019万座渋川12.jpg
ぶどう園

群馬県で展開されているスーパー 「ベイシア」 で食材を購入し、温泉付き道の駅、車中泊が出来る、よしおか温泉 「リバートピア吉岡」
ゆっくり源泉かけ流しの湯に入ってそのまま車に帰れるので超お奨め。

2017温泉巡り3.jpg
リバートピア吉岡
2019万座渋川13.jpg
よしおか温泉エントランス
2017温泉巡り4.jpg
大浴場
2017温泉巡り5.jpg
露天風呂

道の駅の売店で買う、するめいかは何処でもあるが、このお店が一番良く、それにとても柔らかくて美味しい。

2017温泉巡り2.jpg
道の駅 よしおか温泉
2019万座渋川14.jpg
車中泊の様子、月が美しい


9月17日(2日目)北群馬吉岡町〜草津〜万座
草津経由で万座温泉に向かいます。
去年は白根山の火山規制で R292志賀草津高原ルートが通行止め、日光(栃木)〜湯沢(新潟)〜野沢温泉(長野)と大廻りしましたが、今年は日中通行可でしたので、R292志賀草津高原ルートを行くことにします。
2019万座渋川24.jpg
県道15号(前橋伊香保線)を吉岡町から水沢観音に向かう途中に「野田宿」があります。
江戸時代、伊香保街道沿いの宿場として栄え、当時の雰囲気を残す屋号看板が建ち並んでいます。
残念ながらかつての面影はだいぶ失われていますが、町起しの機運が高まって整備が進められているそうです。

2019万座渋川15.jpg
県道15号沿いの野田宿
2019万座渋川18.jpg
野田宿の由来と案内図
2019万座渋川17.jpg
各民家に付けられた屋号を楽しみながら進む
2019万座渋川16.jpg
江戸時代の雰囲気をそのまま残す屋号看板

宿場の中心には、本陣森田本家が往時の姿を留めていて、通りに面した長屋門から中を覗くと、立派な庭園と二階建ての大きな主屋を見ることができます。

2019万座渋川19.jpg
野田宿の中心 本陣森田本家
2019万座渋川20.jpg
ナマコ壁の長屋門
2019万座渋川21.jpg
長屋門に続く土蔵
2019万座渋川22.jpg
主屋と前庭

野田宿近くの、吉岡町小倉ぶどう郷「鷹之羽ぶどう園」へ、
地域のお母さん達が頑張っているお店で、食べ比べた結果やっぱりシャインマスカットを求めるが、商売熱心なお母さんが 「これはぜったいに美味しいから」 特大粒の巨峰も一緒に。
万座のホテルで食べる予定です。

2019万座渋川23.jpg
鷹之羽ぶどう園
2019万座渋川25.jpg
ぶどう棚
2019万座渋川83.jpg
特大粒の巨峰
2019万座渋川26.jpg
試食・販売コーナー

榛東(しんとう)村ぶどう郷の生ぶどうを使用したワインが楽しめる「しんとうワイナリー」、
榛東村のぶどう農家さんたちが共同で立ち上げたワイナリーで、窓ガラス越しでワイン製造設備の見学もできます。

2019万座渋川27.jpg
しんとうワイナリー
2019万座渋川28.jpg
ワイン製造設備の見学
2019万座渋川29.jpg
発酵・醸造タンク
2019万座渋川30.jpg
試飲販売所

試飲販売所でワイン試飲、甲州種白ワイン辛口(\1670)、赤ワイン辛口(\1360)、桑の実ワイン(\1200)の3本お買い上げ、

2019万座渋川31.jpg
試飲販売所&売店
2019万座渋川32.jpg
試飲コーナー
2019万座渋川33.jpg
試飲・お買い上げのワイン
2019万座渋川34.jpg
売店、こんにゃくみそ漬けをお土産に

草津に到着、
街中を知らないので、レトロな「草津温泉町内巡回バス」に乗り、くまなく散策。 ま^^^^街中が熱い、汗びっしょりです。

2019万座渋川35.jpg
道の駅 草津運動茶屋公園
2019万座渋川36.jpg
ベルツ記念館
2019万座渋川37.jpg
草津温泉町内巡回バス
2019万座渋川38.jpg
草津温泉バスターミナル

趣ある木造家屋が並ぶ西の河原通りには、草津の湯で茹でた温泉たまごや、温泉まんじゅうを売っているお店も。
食べ歩きグルメが充実していて、気軽に試食もできます。

2019万座渋川39.jpg
風情ある街並み
2019万座渋川40.jpg
西の河原通り温泉街
2019万座渋川41.jpg
トトロも住む?温泉街
2019万座渋川42.jpg
温泉饅頭無料試食の長寿店

温泉街に突然現れる、ノスタルジックな3色の郵便ポストの「草津ガラス蔵」、
温泉たまごや、吹きガラス体験、とんぼ玉アクセサリーの製作体験ができます。間の「さかえや衣料」で店じまい価格の洋服をゲット、

2019万座渋川43.jpg
草津ガラス蔵2号館
2019万座渋川44.jpg
1号館前の温泉たまご
2019万座渋川45.jpg
店じまいのさかえや衣料
2019万座渋川46.jpg
食べ歩きのお店

湯畑周辺には新しくできた「湯路広場」や「熱乃湯」「御座之湯」といったスポットが点在しています。

2019万座渋川48.jpg
湯畑周辺をぶらり
2019万座渋川47.jpg
湯路広場と御座之湯
2019万座渋川49.jpg
熱乃湯
2019万座渋川50.jpg
巡回バスで道の駅に戻る

万座を目指す途中、ベルツ通りのプール&温泉館「草津温泉テルメテルメ」に立ち寄り、
場所を探せなかったのと、時間切れ^^^^^次回の楽しみに取っておきます。

2019万座渋川81.jpg
草津温泉テルメテルメ
2019万座渋川82.jpg
テルメテルメ航空写真
《写真:Googleマップより

【万座高原ホテル】
峠を越すまで先が見えないぐらいの霧、乗っていても怖かったです。 知らない場所は、ほがらかおじさんにお任せです。

無事ホテルに到着したのは3時30分頃、チェックインのお客様は多く、駐車場はかなり離れた場所まで行かないと無かった。

2017温泉巡り82.jpg
万座高原ホテル
2019万座渋川51.jpg
ツインの客室

ほっと一安心です、さ^^これからが温泉三昧、まずはビールを冷蔵庫に入れ、おつまみ類もテーブルに並べ、先ずは一浴び、大浴場「百泉の湯」に。

2017温泉巡り19.jpg
石庭露天風呂(右)
2019万座渋川54.jpg
4つの源泉
2017温泉巡り20.jpg
大浴場 百泉の湯
2017温泉巡り21.jpg
百泉の湯 露天風呂

熱い湯の後は  一気に飲むビールの美味しい事、極楽極楽、ぺちゃくちゃぺちゃくちゃ取り留めのない話に盛り上がり、ほがらかおじさん、もうかなり赤い顔。

ディナーのバイキング、毎回少しずつメニューも変わっている、健康食です、野菜を多く置いてあるし、特にお奨めは嬬恋キャベツの乱切りサラダ、これがどこを食べてもパリパリで美味しい。

2017温泉巡り84.jpg
バイキング会場
2019万座渋川52.jpg
夕食

不味いわねって元お姉さま方の言葉を聞きましたが、だってここは天空の中、食事に来るわけでは無く、メインは良い源泉温泉。
手を出さなくてもすぐ食事にあり付けるのが嬉しい。

一寝入りして早朝1時からまた温泉、今度は女性専用露天風呂、この時間ならば誰もいないだろうと思いきや、先客はいらっしゃいます。
とにかく楽しくて仕方がない、誰とも話すことなく自己の世界に入り、ゆらゆらと温泉湯の中に出たり入ったり。

2017温泉巡り86.jpg
夜の露天風呂
2019万座渋川53.jpg
女性専用露天風呂 白滝の湯


9月18日(3日目)万座〜妻恋〜万座
朝食を食べた後はまた温泉、石庭露天風呂(混浴)は8つの露天風呂に4つの源泉が注がれています。

2017温泉巡り18.jpg
石庭露天風呂(左)
2019万座渋川78.jpg
石庭露天風呂案内図
2019万座渋川58.jpg
竜泉の湯
2019万座渋川57.jpg
嬬取の湯

乳白色、薄い青、黄緑、山吹色^^^^^^どのお湯も濁り湯です、本当に効いたように思いました。

2017温泉巡り87.jpg
三味の湯・早蕨の湯
2019万座渋川55.jpg
琥珀の湯
2019万座渋川56.jpg
水晶の湯
2017温泉巡り89.jpg
紅の湯

【嬬恋プリンスホテル】
その後は軽井沢駅とホテルの無料シャトルバスに揺られて嬬恋プリンスホテルの温泉露天風呂に。

2019万座渋川59.jpg
嬬恋行きシャトルバス
2019万座渋川60.jpg
ホテル入口
2019万座渋川61.jpg
嬬恋プリンスホテル
2019万座渋川62.jpg
熊の親子がお出迎え

初めて行く場所は楽しいですねえ、でも霧のために周りは真っ白、

2019万座渋川63.jpg
露天風呂全景
2019万座渋川64.jpg
温泉露天風呂
2019万座渋川65.jpg
嬬恋キャベツ煎餅
2019万座渋川66.jpg
風呂上りの休憩

【万座プリンスホテル】
数時間過ごした後はまたシャトルバスに揺られてホテルに戻り、40分後にはまた別のシャトルバスで万座プリンスホテルの1800mの天空露天風呂(混浴)に。

2018那須万座408.jpg
万座プリンスホテル
2018那須万座409.jpg
浴場案内図
2017温泉巡り22.jpg
男性大浴場 ななかまどの湯
2019万座渋川77.jpg
女性専用露天風呂 しゃくなげの湯

最終シャトルバスでホテルに戻り、ディナー・・・・・本来の万座源泉にいろんな源泉があるのでこれが嬉しい。

2017温泉巡り23.jpg
天空露天風呂へ下る通路
2018那須万座411.jpg
こまくさの湯1からの眺め
2017温泉巡り24.jpg
天空露天風呂(左)
2017温泉巡り25.jpg
天空露天風呂(右)


9月19日(4日目)万座〜北軽井沢〜横川〜深谷
今朝も早朝3時過ぎ露天に、これで最期と思ったけど朝食を食べたらまた汗をかき、もう一度これが最後の露天で。

合計何時間??何回入ったかな^^^^??って考えるは止そう、 とにかく目いっぱい入りました、痛かった腰も少し和らいだと思います。

帰りには信じられないぐらい晴天、山々の美しさ、空気の美味しさ、なんて爽やかでしょう。

2019万座渋川79.jpg
一路草津へ
2019万座渋川80.jpg
車窓からの眺め

草津の道の駅直売所で、取れたて嬬恋キャベツ、ご近所さんにお土産、とにかくぎっしりと詰まって重たい、新鮮でした。
沿道の松茸を売っている直売所では、昔横浜に遊びに来たと言う店主のオジサマと横浜談議。

2019万座渋川67.jpg
取れたて嬬恋キャベツ
2019万座渋川68.jpg
松茸直売所

北軽井沢ふれあい広場「シルバーコミュニティプラザ直売所」で、やわらかい大根と甘いトマトを購入、

2019万座渋川69.jpg
北軽井沢ふれあい広場
2019万座渋川70.jpg
シルバーコミュニティプラザ直売所

碓氷峠を越えるのは、運転の上手い人に限ります。気が抜けません。

2019万座渋川71.jpg
碓氷第三橋梁(めがね橋)
2019万座渋川72.jpg
峠の釜めし本舗おぎのや横川店

やっと抜けたら今度は天国、峠の釜めし本舗おぎのや横川店で釜めしを食べる、一度行きたかったので希望がかないました。
昔食べたことが忘れなくてとても美味しかったです。

2019万座渋川73.jpg
峠の釜めし販売コーナー
2019万座渋川74.jpg
峠の釜めし 1080円
2019万座渋川75.jpg
昔と味は変わらない
2019万座渋川76.jpg
お土産の力餅

道の駅、初めの頃には珍しくどこでも素晴らしかったけど、最近はちょっと変わったようで、楽しみが少なくなりました。
それとも私達が慣れてしまったのでしょうか?

一路横浜へ、でも途中で渋滞、第三京浜の入口には7時ごろに到着。
近くの長女宅で、またまたぺちゃくちゃおしゃべりに講じ、自宅到着は真夜中でした。


車の中、洋服、体までが温泉で匂っています、またすぐにでも温泉旅に出た^^^^^い。
posted by ほがらかさん at 06:02 | Comment(0) | 国内旅行 関東

2019年07月08日Mon

07/07 日帰りバス旅行 富士山と伊豆観光

7月7日 七夕様、お天気であれば織姫様と彦星が一年に一度逢える日、でも今日も雨だった。
美しい伝説があるのにお慈悲が無いですねえ。

ベルーナの無料招待バス旅行 「日帰り富士山と伊豆観光」 に当選し、雨の中、行ってきました。

三島伊豆フルーツパーク
無料??が嬉しいほがらか叔母さんですが、今回の旅で一番良かったのは 「伊豆フルーツパーク」 のランチ・・・アツアツの釜めし、お鍋、美味しい漬物等。

2019富士山と伊豆観光1.jpg 2019富士山と伊豆観光2.jpg

メロン狩りに申し込まなかったのが残念、だって、フルーツパークで採れたてのメロンが買えると聞いたのでわざわざ雨の中行かなくてもいいわと思ったのが  残念。

この日パークで採れたのは2個だけあり、ちょっと傷が出来ていたり、綺麗に網目が張った形の良いメロンは無かった。
メロンはたくさん売っていますが愛知や静岡多方面から品と聞きました。

メロン狩りに参加した方の話では、温室の中はメロンが所狭しと弦に成り、自分の好きなメロンを一個のみ収穫するだけ。
鈴なりのメロンがあったほうがいいものね、それに温室の中はメロンの芳香な香りでウキウキだったそうです。 

沼津物産センター・味工房
沼津物産センター・味工房では珍しく桜エビを求める、だってお好み焼き、たこ焼きには欠かせないものねえ。

2019富士山と伊豆観光17.jpg 2019富士山と伊豆観光18.jpg

近頃は値切り上手になりました、昆布煮、ヒジキ煮、シイタケ煮、桜エビ等全部入れて3000円、お買い得でしょう?

富士山5合目
富士山5合目では雨に打たれ霧に撒かれ、周りは真っ白、
大きな観光バスに乗っているだけですが目の前は何も見えない、怖い!!でも運転手さんは素晴らしいですね。

2019富士山と伊豆観光3.jpg 2019富士山と伊豆観光12.jpg

地元の方かしら富士山の天候を良く知っていらっしゃいました、間もなく晴れますから安心して下さいってアナウンスの後にはサァーと霧が晴れる、次のカーブに掛かるとまた霧この繰り返しでも何とか到着、

2019富士山と伊豆観光4.jpg 2019富士山と伊豆観光9.jpg
2019富士山と伊豆観光13.jpg 2019富士山と伊豆観光10.jpg

ここからがまた大変、何十台もの観光バスの後に駐車するので降りるに降りれない、30番目位にやっと順番、下りると同時に凄い雨、足元も及びない。
びっしょり、風と気温の低下で気持ちが良かった。  思わず空気を両手を広げ一杯吸い込み、雨の中での森林浴ですわ。

2019富士山と伊豆観光14.jpg 2019富士山と伊豆観光11.jpg

ショッピングを楽しみなさいって事らしいけど、人、人、人の行列でレジも動かない。

それに日本語の話し声は聞こえずほとんどアジア系の言葉、見れば見るほどアジア人、外人ばかり、日本語が恋しくなりました。
混んでるのは致し方ないとしてもま^^^^^外国人が多い事、これほど富士山が好きなのかと感心しました、それを言う私達も富士山は故郷の様に思っていますものね。

2019富士山と伊豆観光7.jpg 2019富士山と伊豆観光8.jpg

何で??と思うハローキテイちゃん売り場、有名な富士山の形をしたパンはメロンパン買って来ました。
7月1日〜9月15日までと登山期間が限られている為、大雨の中でも登山者が本当に多かった。

山中湖花の都公園
最後は花の都公園でポピーの花盛りを鑑賞予定でしたが、何しろ雨が強いので私はパス。 夏椿と言われるシャラの花は真っ白で可憐でした。

2019富士山と伊豆観光5.jpg 2019富士山と伊豆観光15.jpg
2019富士山と伊豆観光16.jpg 2019富士山と伊豆観光6.jpg

山梨名物、固い桃をゲット。ほがらかおじさんへのお土産です。

帰宅時間は御殿場から2時間30分で戸塚駅到着、途中で車3台追突事故の為に11キロの渋滞、少し疲れました。
15年ぶりに来た富士山5合目は、雨のおかげで湿度もありこれで晴れていたら・・・全てが満点って無いものまた来よっと。
posted by ほがらかさん at 23:59 | Comment(0) | 国内旅行 関東

2018年11月13日Tue

11/12 城下町川越の蔵の町散策へ

近所のデパートの秋のバス旅行に当選、観光バスに揺られて・・・・・

早朝7時10分集合に、5分遅れて到着、出発は7時20分なのにすぐ出発、出発時間に来ない人は置いていくよ!!って案内に書いてありました。
何だ、出発時間を守ってないじゃない??て思いながら自分も遅れてきたのよねえ、どっちもどっち??

関越に入るまでは超渋滞ノロノロ運転、久しぶりの朝のラッシュと重なり、やっぱり朝は混むのねえ。

2018川越バス旅行10.jpgこの無料バスツアーのスポンサーの宝石屋さん、
バス旅行の半分は出しているので1時間30分お付き合いくださいだって。

知らぬ存ぜぬで通す予定でしたがあれれ!!たくさんのバスのお仲間さんがお買いモノじゃない??
係りの人は忙しいようでほがらかさんなど見て見ぬふりですわ。
燦然と輝くジュエリー類をお値段を見ながら、結構な価格ね??と感心です、だって少しでも買ってもらわなければ元が取れないものねえ。 解りますとも。

2018川越バス旅行1.jpg素晴らしいグレードのテーパードダイヤ、プラチナ900で合計1カラットのネックレスと指輪、セットですが単品で購入できるとの事、デザインが素敵でした。

このショールームは問屋さんだと聞きましたが何と135万円の値段が付いてました。 

店員さんは居なかったのでじっくりと観察、価格の仕組みを考えておりました、値下げでそれぞれが60万円、二度目の値下げで40万円、今日が20万円、

手に取って見ていたらやっと店員さんが、これは今日の掘り出し物です、是非おひとついかがでしょうか?、今日は特別にこれから30%の値引きしますだって。

つまり14万円??このグレードでなら安いと思ったの。
うーん、デザインが素敵だったのでちょっと乗り気になりました。 

が、ここで恰幅の良い男性が出て来て 「これはとっても良いもので今日のお奨め品この二点だけですよ^^」 お値段も特別にサービスいたします!!19万円でどうですか??

あれれ!!金額が違うじゃない?? だって、さっきは女性の方が14万円って言われたのに・・・・消費税を入れるとこんなに高かくなったっけ?? 一瞬消費税を計算しました。
女性の店員さんが間違えたのよねえ、男性の方には言いませんでしたが、 なぜ??  買いません。


深谷市で有名なかりんとう屋さん 「隠れ河原のかりん糖」 直売所で、何年も食べていないかりんとうをしっかり試食、お気に入りを何点かゲット。

2018川越バス旅行2.jpg 2018川越バス旅行3.jpg

甘くないお砂糖無のかりんとう初めて見ました。 食べたらおいしいじゃない??
ほがらかおじさんにお土産ですが残念ながら どうもお気にいりでは無い様子。

2018川越バス旅行4.jpg巷ではいろんな食べ物が氾濫しているわねえ、

決まった物しか食べない私はもう時代遅れかもねえ。

新しい食べ物にもチャレンジしま^^^^^す。

川越では蔵の街、お寺巡り、「時の鐘」 鐘楼は特に見ものでした。
鐘楼の高さ約16メートル、近くで見上げないと上までははっきりと見えません、

2018川越バス旅行5.jpg一日4回、6時、12時、15時、18時に、6回なると聞き5分前から並んで聞きました。

誰が登るのだろうか、または鐘楼の裏にある薬師寺の住職さんかしらと思っていたのに誰も登らない、あれ?? 良く見ると人もいないのに勝手になっている??

つまり自動鐘撞き器がつぃているのよね、ハイカラ。
川越のシンボルとなり、今では除夜の鐘として、12月31日〜1月1日だけ、人が登って突くことが出来ます、ただし、100円必要、どうも階段から落ちる人もいるそうで障害保険金だそうです。
オートマテックな鐘の音って? 普通の音でした。

2018川越バス旅行6.jpg 2018川越バス旅行7.jpg

街並みをそろえるために蔵を残すのも大変ですねえ、何か商売をしなくっては生き残れないですものねえ、そのような方は木戸格子で玄関を作ってあり、工夫も拵えてある。

2018川越バス旅行8.jpg 2018川越バス旅行9.jpg

お店もお芋系のスイーツ、お団子、醤油の焦げた匂いは食欲をそそるのですがお腹一杯です。
食べ物屋が多すぎるわ、仕方ないのかもねえ・・・・次回は路地裏を網羅してみよう。
posted by ほがらかさん at 15:05 | Comment(0) | 国内旅行 関東

2017年01月22日Sun

01/22 伊豆御殿場日帰りバス旅行

先週はちょっと日帰りバス旅行に

デパートの年末商戦で一等の 「伊豆日帰りバス旅行」 が珍しく当選し、行ってきました。

伊豆のおへそ&みんなのハワイアン、 沼津柿田川公園(柿田川湧水)&沼津おさかなセンター、 御殿場時之栖イルミネーション鑑賞。

2014駿河湾クルース4.jpg富士山の雪解け水が美味しい柿田川の水汲み場ではご存知の方も多かったです、だって、ポリタンク持参組がいて驚きです。

観光客は、一人参加が6人、50人乗りのバスは友人、知人、ご主人連れでにぎやかでした。

ま^^^6人グループのおば様(失礼!!まだお若きお姉さま)バスに乗ってからすぐに始まる、「ねね、これどう食べてよ!!」 〜おせんべいポリポリ、御饅頭くしゃくしゃ、プシュ!!って缶ジュースの空ける音、その前に一人で座っているほがらかさんを想像して下さい、笑ってください。

2017時之栖バス旅行1.jpg大体無口??でしょう、晴天ですからきっと富士山も冠雪が綺麗で、窓辺の走る景色を優雅に期待したのですが残念ながら何処へやらです。

富士山も見えるのですが近すぎて冠雪部分は雲に覆われ見えなかった、だって静岡県なのに・・・・・これも残念。

出発から帰着まで、バスが停車するたびに買い物する買い物ツアーでしたわ。 ビニール袋のガザゴソ耳障りですが買ってみんなで分けあうのでしょう、発車しても10分間はその音がやみません。

2017時之栖バス旅行8.jpgでも可愛いものですよね、友人知人を誘って、嫁、舅、姑、果ては旦那さんの愚痴まで・・・・悩みを話す井戸端会議はストレス発散なのでしょう。
私はそんなこと話す時間もないぐらい忙しい、何でか知らないけど忙しい、忙しいで一日があっとの間です。

疲れた^^^^、でも一つだけ嬉しいことはバスの隣は無人つまり一人掛けだったので座席は二人分だった。 太めの私はゆったりできてそれが嬉しかったです。

以前にも行きましたがみんなのハワイアンはフラダンサーが倍ぐらい増えてなかなか見ものでした。 癒されますねえ、ウクレレの何とも言えない心地よい音色、早くハワイに行きた^^^い。

2017時之栖バス旅行9.jpg 2017時之栖バス旅行10.jpg
2017時之栖バス旅行3.jpg 2017時之栖バス旅行2.jpg

でもね、動物がほとんどいないわ、何処に行ったのでしょうねえ。

時之栖のイルミネーションも楽しみましたが、バスに乗るまで広い公園の中、イルミネーションが消えているところは真っ暗ちょっと迷って心細かったわ。

2017時之栖バス旅行4.jpg 2017時之栖バス旅行5.jpg
2017時之栖バス旅行6.jpg 2017時之栖バス旅行7.jpg

静かであれば一人のバス旅行結構楽しいものです。 お疲れ様^^^でした。
posted by ほがらかさん at 23:43 | Comment(2) | 国内旅行 関東

2014年12月04日Thu

8年265日 ミニ駿河湾クルーズ

昨日、今日と本当に美しい富士山、すそ野が広く冠雪の雪は何とも神々しい。

先週、雨が続く中、一日だけ真っ白に見える富士山に遭遇し、車の中から連動でシャッターを切りましたが、動いているので一向に良い写真は撮れず。
相模湾から見る富士山、東名を走りながら白い雪煙も見える富士山、堪能しました。

2014駿河湾クルース1.jpg
雲海と紅葉
2014駿河湾クルース2.jpg
東名から見る富士山
2014駿河湾クルース3.jpg
柿田川公園
2014駿河湾クルース4.jpg
柿田川湧水

沼津漁港の30分間のクルージング、カモメに遊ばれましたが、海からの紅葉、富士山、見とれるほど美しかった。

2014駿河湾クルース5.jpg
駿河湾からみる富士山
2014駿河湾クルース6.jpg
ミニ駿河湾クルーズ
2014駿河湾クルース7.jpg
紅葉と海からの富士山
2014駿河湾クルース8.jpg
カモメと遊ぶ

お魚ショッピングツアーに当選、気持ちの良い一日を過ごし、漁師飯も堪能・・・・・・・アジの塩焼きは活きているので抑えていないと飛び跳ねる、サザエは蓋が取れない、ハマグリはパックと口を開けると中から汁がこぼれるし、ホタテはやっと口を開いたのに、アジが焼き網の上で元気よく飛び跳ね、落とされてしまった。 私が食べる分が無いよ^^^^^、食べ物の恨みは怖いのに。

勿論下から火であぶっているので熱いいのは当たり前ですが、ヤッパリ魚も熱いのは嫌なのね?? 活きている魚介類は美味しいけど料理は苦手。
posted by ほがらかさん at 17:40 | Comment(0) | 国内旅行 関東

2014年07月28日Mon

8年136日 孫娘との伊豆旅行記

2014伊豆夏休み0.jpg23日から2泊3日の伊豆への車中泊、やっぱり夏は暑い車の中も熱いで^^^す。

旅行ルート403kmをグーグルマップでご覧になるにはこちらをクリック


初日に楽しみにしていた 「みんなのハワイアンズ」 ポリネシアン・ショーも、動物にも触れ合うことが出来ると期待したのですがちょっと少なすぎました。

植物園の中は南国ムードいっぱい。 滝があったり、珍しい蘭類、南国の花は素敵です、水やりもしっかり、しおれている花、葉っぱは見つかりませんわ。 とてもよく管理されています。 ハワイの植物も南洋に咲く花も種類も多く、珍しい花にはしっかりと説明が。

2014伊豆夏休み1.jpg
IZU・WORLD みんなのHawaiians
2014伊豆夏休み2.jpg
500種2万株もの蘭の花が咲きみだれるラン室
2014伊豆夏休み3.jpg
サボテンや珍しい多肉植物のロックガーデン
2014伊豆夏休み4.jpg
スコールを思わせるダイナミックな滝と熱帯林植物

でも、初めて伊豆に出来たプロのフラダンスや 広い劇場はこれからの課題です、是非とも繁盛してほしいですね。

2014伊豆夏休み5.jpg
オハナシスターズのポリネシアン・ショー
2014伊豆夏休み6.jpg
迫力満点のヒチアンダンス・ソロ
2014伊豆夏休み7.jpg
地元出身の伊豆の踊り子ロコガールズのフラ
2014伊豆夏休み8.jpg
息の合った踊りを披露するロコガールズ

余りの暑さにカピバラはもう死んだように横たわっているし、声を掛けても起きません。

2014伊豆夏休み9.jpg
ミーアキャット
2014伊豆夏休み10.jpg
カピバラ
2014伊豆夏休み11.jpg
コガネメキシコインコ
2014伊豆夏休み12.jpg
ショウジョウトキ

ちょっと離れたところにある、村じゅうまるごと温泉リゾート!!大仁温泉伊豆温泉村、
「金山SPAゾーン」は小さい子供たちが喜ぶ温泉プール、沈まないように見ているだけでもう肌がヒリヒリ、すっかり日焼け、せっかく日焼け止めクリームを塗り、夏の日焼け対策万全にしていたのは何処に行ったのでしょう。 腕は真っ赤、内側はそこそこ白い。

2014伊豆夏休み13.jpg
水着で遊べるSPAゾーン
2014伊豆夏休み14.jpg
子供用プール
2014伊豆夏休み15.jpg
百笑の湯露天風呂
2014伊豆夏休み16.jpg
料理長おまかせ御膳

伊豆温泉村「百笑の湯」 露天風呂、たくさんの種類の温泉、源泉かけ流し、 食事はとても美味しかった、リーズナブルって言葉がぴったりです。


2014伊豆夏休み17.jpg道の駅「伊豆のへそ」で朝食を取り、一番楽しみにしていた西伊豆 石部海岸での海水浴、台風の余波で、せっかく美しい海岸も残念ながら少し濁っていましたが、海水はとっても綺麗、Aランクに指定されている。
無料の更衣室やシャワー、綺麗なトイレもあり、露天風呂もあったりして、いたせりつくせりです。

浜辺には2組しかいない、海の家もありませんが小さいながらもライフセーバーは2名、駐車場のオジサマ、3人でしっかり波や子供達を見張ってくれています。
選り取り見取り、海を独占状態で泳ぎも好きなだけ、誰にも遠慮が要りませんので孫娘には本当に良かったみたい。

2014伊豆夏休み18.jpg
ファミリー向けの西伊豆石部海水浴場
2014伊豆夏休み20.jpg
綺麗な静かな海で泳ぎも好きなだけ
2014伊豆夏休み23.jpg
海水浴の合間に磯遊び
2014伊豆夏休み43.jpg
磯ガニを上手にキャッチ

テントを張って形から海水浴でした。 お湯を沸かし、レトルト食ですがカレーも美味しかった。 キャンプと海水浴が一緒に出来たようです。

2014伊豆夏休み19.jpg
テントを張ってくつろぎ
2014伊豆夏休み21.jpg
お湯を沸かしカレー作り
2014伊豆夏休み22.jpg
海辺で食べるカレーは格別に美味しい
2014伊豆夏休み24.jpg
寒くなったり、疲れたりすると露天風呂へ

ほがらかさんの短い??足の着くところまで泳ぎはOKを出し、いま一生懸命スイミング・スクールで習っていることを予習、複習、寒くなったり、疲れたりすると浜辺から1分の、町営の源泉温泉に水着のまま、どぶん、 温まればまた泳ぐ。
ひなびた場所ですが、お奨めです。

松崎を経由して、近くの道の駅 「花の三聖苑伊豆松崎」 でやっぱり源泉かけ流し温泉、露天風呂など楽しみながら今回はこれで温泉めぐりは終わりです。

2014伊豆夏休み25.jpg
大沢温泉 かじかの湯
2014伊豆夏休み26.jpg
露天風呂

この道の駅は、私財を投げ打って地元の大沢翁が明治時代に建てた小学校が有る、木造ですが素敵な設計です、天皇、皇后両陛下も視察された模様。
ここは松崎町ですが花が有名のようで、花時計が素敵でした。 花や周りの緑の管理が行き届いている。 もう少し休息用の椅子が欲しい。

2014伊豆夏休み27.jpg
道の駅シンボルの花時計
2014伊豆夏休み28.jpg
移築復元された旧大沢学舎
2014伊豆夏休み29.jpg
管理の行き届いた緑地
2014伊豆夏休み30.jpg
キリン?のトピアリー


翌日は、天城の旧道を車で走り、旧トンネルを歩いたり、ハモって見たり、トンネルのエコーを利用し「ヤッホー――――」

江戸時代の下田へのメインルート、天城越えの細い山道、天気の悪い日は遭難もあったでしょう、だって、足幅1.5足の細^^^い道、これで草鞋を履いて良く越えたものです。   昔の人は強い。

2014伊豆夏休み31.jpg
伊豆の踊子で有名な「旧天城トンネル」
2014伊豆夏休み32.jpg
ガス灯を模したトンネル内の照明
2014伊豆夏休み33.jpg
石川さゆりの「天城越え」で歌われた浄蓮の滝
2014伊豆夏休み34.jpg
伊豆最古の温泉で修善寺温泉のシンボル「独鈷の湯」

最期は、沼津魚市場に隣接する、駿河湾で毎日水揚げされる新鮮な海の幸の「海鮮料理や干物」が自慢の店が建ち並ぶ「ぬまづみなと商店街」へ・・・・

2014伊豆夏休み35.jpg
マーケットモール「沼津みなと新鮮館」
2014伊豆夏休み36.jpg
朝市、お土産、食事処が揃った「港八十三番地横丁」
2014伊豆夏休み37.jpg
海産物や食材の店が並ぶ「にぎわいの中央通路」
2014伊豆夏休み38.jpg
鮮魚料理と土産店が軒を連ねる「千本一路地」

金目鯛を知らないと言われた日本海に住む方に金目鯛の干物を送り、お土産にあじの干物を買う。   

沼津にきたらやっぱ「ぬまづ丼」でしょ!ということで、お昼に「ぬまづ丼」を。海鮮具材のトッピングとアジの干物の炊き込みご飯が絶妙です。

2014伊豆夏休み39.jpg
魚河岸割烹「さかなや千本一」
2014伊豆夏休み40.jpg
ぬまづ丼「三色丼」(桜海老・生しらす・アジたたき)
2014伊豆夏休み41.jpg
元祖ぬまづ丼「桜海老かき揚げ丼」二度美味しい
2014伊豆夏休み42.jpg
だし汁を注いで天茶漬けに変身した桜海老かき揚げ丼
posted by ほがらかさん at 22:39 | Comment(0) | 国内旅行 関東

2014年07月22日Tue

8年130日 孫娘との夏休み

やっと長かった梅雨も空けましたね^^^^夏本番です。  焼け付くような暑さで、セミの合唱も声高らかです。

今夜から孫娘と 「おじいちゃん、おばあちゃんとの夏休み」  楽しい6日間が始まります。
今年が最後かも・・・と想いながら良い思い出作りを、考え、3日間の車中泊に出かける事に・・・

伊豆の行楽施設  「みんなのハワイアンズ」 でポリネシアンショーを観たり、動物と触れ合ったり、植物園を観察したり、夜は大仁温泉の伊豆温泉村で温泉三昧。

翌朝は、早朝から西伊豆松崎をめざし、海水のとてもきれいな石部海岸で海水浴、隣には露天風呂もしつらえてあるらしい。
泳いで、疲れたら温泉でゆっくり休み、また海へ、なんと贅沢な時間でしょうか??

行ってきま^^^^す。
posted by ほがらかさん at 18:34 | Comment(0) | 国内旅行 関東

2014年02月22日Sat

7年345日 常磐ハワイアンセンターバス旅行

いよいよオリンピックも終盤、フリーの真央ちゃんの演技素晴らしかったですねえ、滑り終えた時はもらい泣きでした。
23歳で、ショートで負けた後もインタビューを受け、受け答えに可愛そうでしたが、強い意志、可愛い顔の奥にどんな精神が宿っているのかしら??引退してもきっと大成するでしょう。

スパリゾートハワイアンズ 常夏ムードのウォーターパーク

朝6時過ぎからおにぎり作り、心優しきオジサマの奥様と一緒に福島支援、常磐ハワイアンセンターにバス旅行、たっぷり南国の一日を過ごした後は、あたふたと横浜へ。

フラガールポリネシアンレビュー 老いも若きも童心に帰りハワイアン
フラガールによるフラダンスショウ 圧巻のポリネシアンショウ

いやあ^^^、楽しかったですねえ、老いも若きも童心に帰り、ハワイアンです、圧巻のフラダンスショウを楽しんだ後は温泉プール、かけ湯は源泉流石に自宅に到着までは湯ざめなし、温泉はやっぱりいいわねえ。

途中高速道事故のため迂回して4時間でもバスもプードルバスで快適、トテモ満足の旅でした。
posted by ほがらかさん at 11:39 | Comment(0) | 国内旅行 関東

2013年10月01日Tue

7年201日 伊豆高原家族旅行

最高の行楽日和に伊豆高原に楽しみを。

ちょこちょこ旅はしますが、家族全員で揃う機会が無かったので良いチャンスとばかりに伊豆まで土、日を掛けて一泊旅行に。
特に予定は立てずにふらり、ぶらりと、あちこちに出没。

本当に大きくて裾野が広い、美しい富士山自宅から超混んでいるバイパスを抜けて東名へ・・・・・しばらく走るときれいな富士山、世界遺産に登録された富士山は誇らしく堂々とした姿を現していました。でもやっぱり日本人でしょうか??時々雲に隠れて顔を隠し・・・・奥ゆかしさを。
目の前にすると本当に大きくて裾野が広い、美しい形ですねえ。
わが家のバルコニーから毎日見るのとは違いました、でもねえ、雪が無いのは寂しい、富士山は雪が有る物とばかり思っていましたが夏は溶けるもの、当たり前ですが・・・冠雪の富士山はもう神々しいばかりです。

この山を我物に出来る箱根や伊豆の皆さま、羨・ま・し・い。
随分と前にスイス・アルプスで富士山と同じ高さの頂上で 「英: Danger、独: Gefahr」 「危険」 と書いてありましたがつららを食べたくてほがらかオジサンに腕を引っ張って貰いながら手を伸ばし 「ばりっ」 と割って食べた氷が忘れられません。
氷山と一緒のようで 口の中でパリパリッて音がしました。 透明で薄^^い青みが掛かり、太陽に照らされて宝石のようにキラキラと輝き食べるのがもったいないようなちょっと甘くて無臭。  あ^^^^早く食べに行きた^^^^い。

テレビ番組でお馴染みの「ガリタ食堂」 超デカミンチカツやアメリカンドッグ、餃子等を観光客に交じって頬張りました

「足柄SA」 ではテレビの番組でお馴染みの 「ガリタ食堂」 超デカミンチカツやアメリカンドッグ、餃子等を観光客に交じって頬張りました。 岡村君の顔の付いているプラステックケース付 「レモンソフトクリーム」 美味しかったですねえ。
すごい人出とワンちゃんの品評会のようでしたわ。 まああ、それは立派な洋服やアクセサリーでワンちゃん達もそれなりに誇らしく歩いたり抱っこされたり、平和な日本を絵に描いた様でした。

御殿場プレミアム・アウトレット キッズランドの大観覧車

御殿場アウトレットに・・・でも残念ながら目的のローラ・アシュレーには目指すキッチン用品、テーブルセンターやランチョンマット等数点しか置いていない、ヤッパリ需要と供給のバランスでしょうか、残念。
数年前には、より取り見取り、どれにするか迷い、かなりの時間を費やした気がするのですが。
確認する必要もありますね。

街道筋の美味しそうな寿司屋「魚磯」 伊豆高原ビール醸造所で地ビールの飲み比べ

街道筋の美味しそうな寿司屋さん、山独特の暑い日差しに伊豆高原ビール醸造所の −1.5℃の地ビール、まあ・・・美味しかったこと。 たらふく食べた海沿いの美味しいお寿司の後では2杯は飲めません。

伊豆高原の国道135号線沿いにある伊豆高原 体験の里。予約なしでも楽しめる 体験工房 八幡野窯で陶芸体験
湯呑、茶碗、皿など粘土1kgで何個でも作れる「てびねり陶芸体験」 初めての陶芸でも、てびねりで上手に湯呑みを作成
釣鐘形のカタチに好きなパターンで灯り穴を開けていく「陶器ランプシェード」 40分間粘土使い放題の「電動ろくろ体験」

陶芸も楽しみ、海の散策、伊東温泉の道の駅でのアイス、ビールの飲み比べ、温泉足湯に浸かっていた孫娘が椅子の途切れた場所に気が付かず 大人3人が見ている前で 「ドボン」 と落ちた。

道の駅 伊東マリンタウン 足湯あったまりーな
プレミアムソフトの抹茶ソフトクリーム 伊豆高原ビールおためし6種(大室・天城・黒スタウト・季節限定・やまもも・甘夏)セット

実におとなしくアイスを食べていたので 私たちは、 「彼女は何に耽っているのかしらねえ?」 と話していた矢先だったので・・・・子供って何があるか解りません。 交通用語に 「子供は動く赤信号」ってありましたが、は^^^^納得です。

伊豆の保養所 ぽかぽかとよく温まる温泉
食事の後はカラオケ 孫娘手作りのほがらかおじさんの誕生クッキー

宿では温泉、食事を楽しんだ後、全員でカラオケ室に入った途端電話が鳴り、 「済みません、従業員がほがらかさんの車を傷つけたので至急フロントまでお願いします」 って。
あわてて現場に行きましたが 「あらら、後ろのバンバーとハッチバックがへこんでいるわねえ」 小さい傷で良かったけど、やっぱり直るには1週間必要との事。 

教訓として 「良いことも悪いことも長続きしない」 そうです。
posted by ほがらかさん at 09:16 | Comment(2) | 国内旅行 関東

2013年04月01日Mon

7年18日 富士サファリパーク

冷蔵庫よりも寒い富士山の麓、富士サファリパーク、翌日富士山こどもの国へ孫娘と車中泊へ。

富士サファリパーク「ジャングルバス」 ライオンの餌やり。距離は約20cm、息遣いまで伝わる迫力です。
ジャングルバスからみるバイソン。ディズニーアニメ「美女と野獣」のモデル 広い野原の中、群れをなす草原動物たち

いやいや寒^^^^い、震える中でのサファリバスにて園内動物を観察、 バスの中は暖房が効いているのですが1時間でまわるには忙しい、しかし、かなりの動物の数、結構いるものですねえ、人里離れた富士山の中腹、気温1度でした。

ふれあい牧場のポニーより小さなウマ、アメリカンミニチュアホースによるサファリダービー ふれあい牧場カンガルーのボクシング?
ふれあい村リスザルの餌やり ふれあい村カピバラとのふれあい

動物ふれあい広場、すべてに回って、犬の広場、ウサギのうろ場、猫の広場、孫娘はウサギにも、犬にもかまれ往生していましたが猫はおとなしかったですねえ、静かに触っていましたわ。
富士山を正面に眺めることができ、爽快な湯あみを楽しめる「あしがら温泉 小山町町民いこいの家」夜は温泉にはいり、ヌクヌクと気持ちよさそうに車のベッドですやすやと、本当に子供って元気いっぱい遊んで疲れて寝る・・・可愛い天使のような寝顔で、こちらまで幸せになってきます。


翌日は隣接する富士山こどもの国へ。
やっぱりふれあい広場に行ったのですが前日の雨でヤギや羊は泥んこ、触れ合うことは無理でしたが、唯一アルパカに餌をやれることは出来たのですがねえ、

富士山こどもの国のこどもの国列車。車イスやベビーカーのまま乗車できる 富士山こどもの国「まきば」でポニー、ウサギ、アルパカなど動物とのふれあい
富士山こどもの国そうげんの丘 富士山こどもの国、草原の家「竹細工工房」で竹笛作り体験

そこでもアルパカにかまれて、餌は一度にカップごと持って行かれていましたねえ、初めてのことは怖いようです。
posted by ほがらかさん at 19:34 | Comment(4) | 国内旅行 関東

2013年02月15日Fri

6年338日 誕生日とバス旅行

バレンタインバースデーケーキとうとうバレンタインデーも終わりましたねえ、当分はイベントも無く売り場は平常に静かにと思ったのですが・・・・
3月3日ひな祭り、 3月14日ホワイトデー、 やっぱり消費させるように毎月何かあるのですねえ。

14日はほがらかさんの誕生日、たくさんメールも頂きありがとうございます、御仲間ミッチーさんからはもう春の芽吹き、蕗の甘みそやジャム、ブルーベリー酒まで、全部手作りです、お世話をかけました。

長女の仲良しから毎年我家全体に頂くバレンタインバースデーのバラの花束、
近くに住んでいる孫娘が一生懸命つくる可愛いらしいバレンタインクッキーも 「おばあちゃん、どれにする??」 って持参です。
長生きってやっぱりいいわねえ。

バレンタインバースデーのバラの花束 孫娘手作りのクッキー

そうそ、今日は大手スーパーで 「清美ちゃん」ってみかんの苗木を買ったら抽選でバス旅行が当たり、奇しくも2月14日で早朝暗6時前に集合、表向きは春の茨城を満喫旅でしたが実際はしかっりと 「3.11東北大地震後方支援茨城おさかなセンター買い出しツアー」 に一人参加で・・・・・・
初めて見たイルカの切り身、厚めの皮は真っ黒、3センチぐらいの白い脂肪の下に赤い身、お肉感覚でしたが考えれば哺乳類です・・・・驚きましたが浜ではみなさん食べるそうです、

叔母さま方の会話を一人横目でじっくり聞くのも楽しいですねえ、 生まれに始まりご主人の話、お嫁さんや介護をされているご両親の愚痴をひとしきり、一番嬉しそうに自慢の話はペットワンちゃん、猫ちゃん、
静かだなーーと思ったら皆さまバスに揺られて、気持ちよ^^^く 「ぐーぐー」 朝寝です、 静かな時は寝ているか品評しながら何かを食べていらっしゃる時だけですねえ、井戸端会議でうっぷんを晴らし元気なお母さんが居てこそ家庭も「 丸あ^^^るく」 収まるので平和です。 もちろんその中には入りませんよ、弾き返されそうなパワーですもの。

大洗海岸もまだ、つなみの後遺症が残ってそのままになっている場所もあり、復興は遅れていました。 早く元の海に戻って欲しいし、もっと活気があってほしい。
posted by ほがらかさん at 09:29 | Comment(8) | 国内旅行 関東

2009年06月28日Sun

3年106日 車中泊の旅(3)

2週間ぶりの車中泊に25,26,27日、梅雨の中休みを利用して、UMIちゃんとミッチーさんのお膝元群馬の温泉めぐり合計10ヶ所に挑戦しました。

熊の湯温泉 熊の湯ホテル 神流川温泉 湯郷白寿
草津温泉 西の河原露天風呂 万座温泉 豊国館
川原湯温泉 王場 渋温泉 渋大湯

イヤー、地球の中の水は7色かしら?だって、グリーンの濁り湯、鉄色の濁り湯、エメラルドの透明色、乳白色の濁り湯、ブルーの透明色、黄土色の濁り湯、重湯に黒胡麻のような浮遊物、最後は川全体が薄い重湯色、どっぷりと浸かってきました。服も体も硫黄の匂いで癖になりそう。
温泉の味もさまざまでした。 苦い、塩辛い、強烈に塩辛くて苦い、無味。

尻焼温泉 河原野天風呂早朝に尻焼温泉の広い川全体が温泉で湧き出ている砂地の、お尻からじわーと温めてくれる温泉に水着着用で入り、山の爽やかな風と黄緑色の葉や白樺の木々、カジカの合唱に囲まれ、音が気にならない川の流れに足を投げ出し無の心境でした。

碓氷第三橋梁(めがね橋)碓氷峠旧道や志賀高原ルートでは、山頂へ続く数々のヘアピンカーブ、ハンドル操作一歩間違えば空中ダイビング、車ともども奈落の底へ真逆さまです。
「わー怖い」と思いながらも綺麗な空気、やさしい青葉、山鳥の鳴き声、木に登っている猿、道を脱兎のごとく駆け抜けるいたち等に 「自然」 の良さを再認識しました。

おみ足にご注意!!やっぱり砂利道や山道はスパイクを履きたいぐらい滑ります。滑りにくい靴でも歩くと坂道で無くても砂利が滑ります。
転ばぬ先の杖でも良いので是非お持ち下さる事お願いしまーーーーす。
4本足の動物が何故バランスが良いのか今更ながらの実感でした。
posted by ほがらかさん at 23:55 | Comment(0) | 国内旅行 関東

2009年06月17日Wed

3年95日 車中泊の旅(2)

先週に続き車中泊の旅に・・・・・
偕楽園 好文亭 梅即売会
黄門様のお膝元、水戸の偕楽園で年に一度、梅雨入り後最初の土日の2日間販売の梅落としの梅を2時間近く並んで買いました。その間、時間をもてあましたので梅の木から直接頂いた(本来は盗難)り、でもさすが黄門様はしっかりお見通しで、立ち上がった瞬間枝に頭を 「ゴツン」 罰を与えられました。
とても綺麗なのでブランデー酒を作りました。

前川あやめ園水郷潮来では、残念ながら数分の差で「嫁入り舟」の花嫁姿を見逃しましたが、まーあやめが本当に綺麗でした。
「いずれが、あやめか、かきつばた」と諺にもあるように区別がつかないですね。

袋田の滝 粟又の滝(養老の滝)
日本の3大瀑布の袋田の滝も見学し、こちらは緩やかな流れでした。
養老の滝にも、少し散策しながら滝壷まで沢歩きし、転倒しないように急な坂は後ろ向きで降りました。

潮風王国鮮魚 房州枇杷
犬吠埼から房総半島をぐるっと一回りで、対向車線の無い山奥の温泉場を楽しんだり、新鮮な魚、干物、名物の房州枇杷も宮内庁献上品が手に入り美味しく頂きました。

なんと贅沢なこと、幸せ、幸せ、感謝でいっぱいです。

ブログのお仲間 「ともたん」 も来週にはピンピンの足に換わり、長い間苦しんだ痛みともお別れで薔薇色の人生が待っていますね。 早く元気な声を聞きたいです。
posted by ほがらかさん at 13:37 | Comment(4) | 国内旅行 関東