2013年07月04日Thu

7年112日 Dr.稲葉 横浜上大岡講演会(案内)

もう梅雨明けかと??思うほど関東は雨が少ないですが西日本の雨の被害は大変。

さて、細胞改造を初めて1か月、結果は多少ありましたがそれよりも足が痛い。
水中の中と思って大手を振って水圧を全身にかぶり、意気込みましたが・・・・結果は??とほほです。

同じ姿勢をしていて次の行動に移るときは足を着くことさえ不可能な激痛です。
思案は募るばかりですが、全然痛みを感じないときもあるので骨折や、ひび等の懸念はなさそう、ただし素人判断です。
先週は何処も悪くないし骨密度も上がっているからと太鼓判を押して頂いたのに・・・・・2,3日後は激痛、先生におすがりするより方法がないわねえ。

こつこつと元気に綺麗にに歩けたほがらかさんも、今は背中を丸め、よろよろと歩く姿も無惨です。
何とかして!!!!座り方にも問題があるかも。

さて、DR.稲葉の講演会が下記のようにありますのでご案内致します。

5月の時もやっぱり聴いて良かったと思いました。
一番大切な股関節の仕組み、痛みがある方にはどの部類なのかも多少なりともご自身で判断できるのではないでしょうか?


NPO法人のぞみ会 神奈川支部主催「医療講演会」
  講師:稲葉 裕先生(横浜市立大学医学部准教授)
    :「演題未定」
  日時:9月29日(日)13時〜15時
  会場:ウィリング横浜12階  045-847-6666
     (上大岡・オフィスタワー内)
  費用:のぞみ会員 500円 一般 1000円
     ◎事前申し込み不要
posted by ほがらかさん at 11:18 | Comment(3) | 股関節教室

2013年05月11日Sat

7年58日 稲葉先生 横浜講演会(報告)

久しぶりに稲葉先生と。

控室で稲葉先生を囲んで2月にご案内申し上げていました横浜市立大学医学部准教授の稲葉先生の講演会が横浜でありました。
御仲間さんと4人で、初めて先生の股関節に関する講演を拝聴し、誰でも分かりやすく噛み砕いて説明して下さり、知っているつもりが知らないことも多く、人工股関節に関して知識がふえました。

独断的ですが、壊れた物は治らないことを実感しました。
細胞の重さが如何に股関節に負荷を与えるか・・・・・・例えば普通のウオーキングでも股関節に掛る負荷は体重の3倍、ランニングだと4〜5倍にもなるとか、だから減量の必要性があるのですねえ。

講演内容「股関節痛の予防と治療」一番良いリハビリは、やはり水中ウオーキング、または水中で行う運動ではおへその下までの水量でのウオーキングでは股関節に掛る負荷は体重の50%、首までの水量では30%だそうです。

それに自転車を踏むことも臀筋を鍛えるらしいのでウオーキングより効率は良いそうです。
ウオーキングが良いとは一概に言えないそうです。

講演が終わって感じたことは一度壊れた股関節は元には戻らない!!事がよ^^^く解りました。
posted by ほがらかさん at 17:42 | Comment(6) | 股関節教室

2013年02月21日Thu

6年344日 稲葉先生 横浜講演会(案内)

股関節に悩みのあるお仲間さんにお知らせです。

朝日カルチャー主催で一般の方を対象に、横浜市立大学医学部整形外科 准教授 稲葉 裕先生の講演会があります。
詳細はこちらをご参照下さい) 

2013年5月11日(土曜日)
横浜駅東口 ルミネ 8階
時間 10:30〜12:00
受講料 一般 3,465円(会員 2,835円)
講演内容「股関節痛の予防と治療」
 股関節の病気の原因、予防、最新の治療法について紹介

手術を希望される方や、または温存、どちらでも股関節に関する講演で正しく理解される事が出来ればと思いブログに載せました。 股関節に関する正しい知識を取得することも大切だと思います。
posted by ほがらかさん at 20:00 | Comment(5) | 股関節教室

2008年05月04日Sun

DR.稲葉講演会 in 札幌

DR.稲葉の、札幌での日本整形外科学会の総会での講演会があります。もしご近辺で股関節のお仲間がいらっしゃいましたらお役にたてるとおもいポスターを添付します。

posted by ほがらかさん at 08:52 | Comment(0) | 股関節教室

2007年07月06日Fri

1年114日 DR.稲葉の股関節教室

梅雨は嫌ですねー 本当にどっぷりとぬるま湯に浸かっているようで汗が後からあとから噴出し顔が塩っぽいです。

DR.稲葉の股関節教室に書き込みが増え、だんだんと活性化してきました。
皆さんの質問に対し、稲葉先生は早期にまた昨日は真夜中に回答がありました。

質問された方は一様に感激されお礼メールが来ています。
稲葉先生には外来診察、手術、指導と本当に御忙しい中を有難うございます。

専門医からの適切な回答、質問があればどんどん書き込んで下さいね。
posted by ほがらかさん at 19:28 | Comment(0) | 股関節教室

2007年06月27日Wed

稲葉先生の紹介

長い間DR.クルーニーのニックネームでほがらかさんのピカ一の主治医の本当の姿を皆様に僭越ながらご紹介する時がやってきました。

横浜市大医学部病院整形外科股関節クリニック・小児クリニックのチーフとして活躍、今一番油の乗り切っている稲葉裕准教授です。

気さくで打てば響くような回答が即返って来ます。股関節の専門家で国内海外を問わずご活躍されています。秀ちゃん先生(本当は平出先生)からの稲葉先生は大らかで後進の指導や人の面倒見もよくやっぱりピカ一と聞いております。

医学的分野での説明、または皆様方の質疑応答をして下さいます。
皆様の分別ある書き込みでこの教室を活用されます事をお願い申し上げます。

【自己紹介】
横浜市立大学の稲葉です。どこの誰からの回答か分かりませんと信頼性に欠けると思いますので、簡単に自己紹介をさせて頂きます。

私、稲葉 裕(いなば ゆたか)は1989年に自治医科大学を卒業し、卒業後約11年間、神奈川県立厚木病院(現厚木市立病院)、神奈川県立こども医療センターの整形外科を中心に勤務しておりました。卒後11年間のうち2年間は、神奈川県の診療所(煤が谷診療所、青野原診療所、千木良診療所)にも勤務しており、それ以外は厚木病院とこども医療センターで勤務していたことになります。

2000年から現在の横浜市立大学医学部整形外科に勤務し、2003年8月からは米国のAnderson Orthopedic Research Institute(人工股関節で著明なDr.Enghの施設)、2004年8月からはDorr Arthritis Institute(人工股関節で著明なDr.Dorrの施設)に留学し、2005年9月に帰国後、横浜市立大学医学部整形外科に戻って勤務しております。大学では、股関節、リウマチ、小児整形外科を担当しております。

少しでも股関節で困っている方のお役に立てるように、私の分かる範囲でお答えさせて頂きます。また学会等で不在にすることも多いため、多少ご回答が遅れることもあると思いますが、ご勘弁下さい。
よろしくお願い申し上げます。
posted by ほがらかさん at 10:11 | Comment(9) | 股関節教室